デヴィッド・ヘンツェル

デヴィッド・ヘンツェル[1]David Hentschel1952年12月18日 - )は、イングランドのレコーディング・エンジニア、映画音楽作曲家、音楽プロデューサーである。

デヴィッド・ヘンツェル
David Hentschel
David Hentschel at Scott Frankfurt Studio, Woodland Hills, CA.jpg
デヴィッド・ヘンツェル(2012年)
基本情報
生誕 (1952-12-18) 1952年12月18日(69歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド サセックス
職業 レコーディング・エンジニア、映画音楽作曲家、音楽プロデューサー
担当楽器 キーボードシンセサイザーピアノ
共同作業者 ジョージ・ハリスンエルトン・ジョンジェネシス
公式サイト www.thekeyboard.co.uk

ジョージ・ハリスンの『オール・シングス・マスト・パス』やエルトン・ジョンの『黄昏のレンガ路[2]のほか、ジェネシストニー・バンクスリンゴ・スタークイーンナザレス、マーティ・ウェブ、アンディ・サマーズマイク・オールドフィールドルネッサンスピーター・ハミル、ロニー・キャリルなどのアーティストたちと共に、エンジニアを担当した。

略歴編集

ヘンツェルはサセックスで生まれた。彼のキャリアはロンドンのトライデント・スタジオで始まり、最初はアシスタントを務めていたが、その後、社内プロデューサーの1人となった。エンジニアとプロデュースのクレジットに加えて、ヘンツェルはナザレスパイロット、ビザンチウムなどのさまざまなバンドで、初期のシンセサイザーを演奏した。彼は、エルトン・ジョンのアルバム『黄昏のレンガ路[3]からの「ロケット・マン」や「Funeral for a Friend (葬送〜血まみれの恋はおしまい)」など、いくつかの有名なレコーディングでもシンセサイザーを演奏している。「Funeral for a Friend」では、初期のアナログ・シンセサイザーであるARP 2500をフィーチャーし、その音色の感覚と効果を生み出した。

1974年にトライデントを去った後、彼はリンゴ・スターの短命なレコード・レーベルであったRing O' Recordsから、自身のアルバム『Startling Music』を制作。リンゴ・スターのアルバム『リンゴ』収録曲のインストゥルメンタル・カバーで構成され、フィル・コリンズ、デヴィッド・コール、ロニー・キャリル、ジョン・ギルバート(ルイス・ギルバートの息子)、そしてリンゴ・スターのパフォーマンスをフィーチャーした作品となった。その後、彼はバンド、ジェネシスとのコラボレーションを成功させ、1976年の『トリック・オブ・ザ・テイル[4]で始まり、1980年の『デューク』まで続く4枚のアルバムを生み出した。

1975年、リンゴ・スターが1973年に発表した曲のインストゥルメンタル/キーボード・バージョンとしてシングル「Oh My My」[5]を録音した。

1982年、ヘンツェルは作詞家のドン・ブラックと共に、マーティ・ウェブの歌曲で構成されたアルバム『Tell Me on a Sunday』でコラボレーションし、成功を収めた。さらに、アルバム『I'm Not That Kind of Girl』が1983年にリリースされた。ドラムにフィル・コリンズ、バック・ボーカルにキキ・ディーといった才人を迎えていたが、チャートでは失敗し、ウェブのポリドールにおける最後のアルバムとなった。

1988年、ヘンツェルは、フュージョン・バンドのイエロージャケッツによる、グラミー賞を受賞したアルバム『ポリティックス』のプロデュースとエンジニアを担当した[6]

1980年代と1990年代に、ヘンツェルはポリスのギタリストであるアンディ・サマーズのロック・ボーカル・アルバム『XYZ』(MCAレコード、1987年)、主にインストゥルメンタル・アルバムの『ミステリアス・バリケーズ』(サマーズとヘンツェルのみ、Private Music、1988年)、『ザ・ゴールデン・ワイヤー』(Private Music、1989年)、『チャーミング・スネークス』(Private Music、1990年)、『シンエスシィージア』(CMPレコード、1995年)という5枚のアルバムで共同プロデュース、エンジニアを担当および/またはキーボードとシンセサイザーを演奏した。

ヘンツェルはまた、ルイス・ギルバート監督の『暁の7人』(1975年)、『Seven Nights in Japan』(1976年)、『リタと大学教授』(1983年)、そしてマイケル・アプテッド監督の『The Squeeze』(1977年)といった映画のスコアを作曲している[7]

1985年にロサンゼルスに移り、最初の専用MIDIスタジオの1つを設立し、エンソニックと協力して楽器やカスタム・サウンドの開発に取り組んだ。現在、イギリスに住んでおり、大西洋の両側でプロデュース、作曲、アレンジを続けている。

ヘンツェルは最近、アウト・オブ・エデン、ジェニファー・ナップ、ポイント・オブ・グレイス、P.O.D.など、数多くのコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アーティストのエンジニア、ミュージシャン、プロデューサー、アレンジャーとして働いている。ヘンツェルは最近、ロサンゼルスでレコーディングされたアート・イン・アメリカというプログレ/ハープ・バンドをプロデュースした[8]。彼はまた、新しいアーティストの育成にも深く関わっている。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • Startling Music (1975年、Ring O') ※フィル・コリンズ(ドラム、パーカッション)、デヴィッド・コール(ドラム)、ロニー・キャリル(ギター)、Jack D. Glenliver(フィンガー・クリック)、リチャード・スターキー(フィンガー・クリック)参加
  • Educating Rita (1983年、Mercury) ※映画サウンドトラック[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ デヴィッド・ヘンチェル」「デヴィッド・ヘンシェル」の表記もある。
  2. ^ Buckley, David (2007). Elton: The Biography. Chicago Review Press. p. 139. ISBN 9781556527135. https://books.google.com/books?id=rVXrl8aZP0kC&pg=PA139 2015年10月9日閲覧。 
  3. ^ Goodbye Yellow Brick Road – Elton John – Credits”. AllMusic. 2017年8月2日閲覧。
  4. ^ A Trick of the Tail – Genesis – Credits”. AllMusic. 2017年8月2日閲覧。
  5. ^ https://www.discogs.com/David-Hentschel-Oh-My-My/master/706734
  6. ^ Awards”. National Academy of Recording Arts and Sciences (2017年4月30日). 2017年8月2日閲覧。
  7. ^ David Hentschel”. IMDb. 2017年8月2日閲覧。
  8. ^ Scott Frankfurt Studio – Art in America feat. David Hentschel”. Scottfrankfurtstudio.com. 2017年8月2日閲覧。
  9. ^ David Hentschel”. discogs. 2017年8月2日閲覧。

外部リンク編集