メインメニューを開く

データスタジアム株式会社 (DataStadium Inc.) は、スポーツのデータの解析・配信などを行う企業。

データスタジアム株式会社
DataStadium Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂6-2-4
S-GATE赤坂
設立 2001年4月
法人番号 8010901020006
代表者 代表取締役社長 加藤善彦
資本金 10億4288万円
売上高 25億4100万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 2億5000万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 2億5700万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 1億7000万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 20億4200万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 24億5500万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 博報堂DYメディアパートナーズ
外部リンク https://www.datastadium.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

野球サッカーラグビーバレーボールの試合内容をデータ化・分析し、情報を各種メディアなどに提供・配信する。

事業内容編集

野球編集

プロ野球のデータ収集・解析やスコアブックソフト「ベースボールアナライザー」の提供[2][3]など。

サッカー編集

2004年1月、博報堂DYメディアパートナーズと「Jリーグ公認データ事業」の業務委託契約を締結。

その後、2008年2月、Jリーグメディアプロモーションと「オフィシャルサプライヤー」契約を締結。Jリーグデータセンター運営業務、Jリーグ公認データ「StatsStadium」の業務を受託する。

ラグビー編集

2006年9月、日本ラグビーフットボール協会トップリーグデータ事業の契約を締結。

沿革編集

  • 2001年4月 - 株式会社アズーサを設立。
  • 2001年10月 - データスタジアム株式会社に商号を変更。
  • 2005年11月 - アメリカのスポーツデータ配信会社・STATS,LLCと戦略的事業提携契約を締結。
  • 2009年5月20日 - インデックス・ホールディングスが全保有株式を博報堂DYメディアパートナーズに譲渡。博報堂DYメディアパートナーズの子会社となる。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集