メインメニューを開く

デーモン・ジャマール・ホリンズDamon Jamall Hollins , 1974年6月12日 - )は、アメリカカリフォルニア州出身の元プロ野球選手外野手)。現在は、カンザスシティ・ロイヤルズ傘下のマイナーチームで打撃コーチを勤めている。

デーモン・ホリンズ
Damon Hollins
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州フェアフィールド
生年月日 (1974-06-12) 1974年6月12日(45歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1992年 ドラフト4巡目
初出場 MLB / 1998年4月24日
NPB / 2007年3月30日
最終出場 MLB / 2006年10月1日
NPB / 2007年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

カリフォルニア州のバレージョ高校を卒業後の1992年アトランタ・ブレーブスからドラフト4巡目で指名され契約。1998年4月24日メジャーデビュー。

ブレーブスでは3試合の出場にとどまり、9月9日ロサンゼルス・ドジャーストレード。ドジャースでは5試合に出場し、デビューイヤーは8試合出場で15打数3安打という成績に終わる。シーズン後解雇され、シンシナティ・レッズミルウォーキー・ブルワーズミネソタ・ツインズのマイナーチームを渡り歩くが、メジャーには昇格できなかった。

2001年に古巣ブレーブスに復帰。2004年に6年ぶりにメジャーに昇格し、7試合に出場。シーズン後タンパベイ・デビルレイズに移籍し、2005年に30歳でレギュラーをつかみ120試合に出場。2006年は121試合に出場した。

大塚晶則長谷川滋利藪恵壹大家友和高津臣吾らと対戦したことがあり、大塚からはヒットを2本記録している。ランディ・ジョンソンカート・シリングから本塁打を放ったことがある[いつ?]

デビルレイズが契約を延長しなかったため、日本の球団を含む他球団に売り込みをかけ、2006年12月25日読売ジャイアンツと契約した。単年契約で年俸は100万ドル。巨人との契約が決まり、「日本で何度も優勝しているジャイアンツでプレーするチャンスを得られて、大変エキサイトしているし、光栄。チームの優勝に貢献するために全力を尽くし、常にハードにプレーする」とコメントした。原辰徳監督はホリンズの打順について、「5番を期待」としていた。

2007年開幕時、外国人枠の関係で開幕二軍が有力とされていたが、ジェレミー・パウエルが離脱したことから開幕を一軍で迎えた。4月15日の対ヤクルト戦で増渕竜義から来日初本塁打(3ラン)を含む猛打賞を記録。すると、この試合を契機に調子を上げていき、4月下旬にはチームトップタイの17打点と好成績を収める。5月はスタメン落ちが多くなり、代打での出場が主になった。スタメンに復帰後は打順を8番から7番、7番から6番と打順が繰り上がって行き、6月9日の試合では当初の構想であった5番に座った。

2007年シーズン終了後の11月29日に、パウエル、ジェレミー・ゴンザレスとともに自由契約公示された。巨人で124試合に出場したが、他の国内球団を経ていない外国人選手で100試合以上出場したのは、1996年のシェーン・マック以来11年ぶりのことであった。同年オフ、カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約。

2009年1月、フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約。

プレースタイル編集

勝負強いバッティングが特徴的であり、2007年の勝利打点は9に達している。この数字はチーム最多の阿部慎之助の12、小笠原道大の11に次いでチーム3位である。なお、二岡智宏も勝利打点9で並んでいるが、二岡は562打席での数字であるのに対し、ホリンズは407打席しか必要としておらず、ホリンズの勝負強さがうかがえる。

2007年の開幕スタメンは鈴木尚広だったが、左翼谷佳知、右翼高橋由伸が確定すると徐々に中堅のレギュラーを任され、後半戦は打棒が復活した清水隆行などと併用された。開幕前は外野守備に不安がある、と言われていたが、守備範囲は狭いものの実際はエラーは少なく、ダイビングキャッチをすることも少なくない。送球も無難にこなしている。[要出典]

エピソード編集

常に謙虚で真面目な言動や行動が目立つ。「ボクには父親がいない。母がすべてを教えてくれた先生だ。母はボクが小さい頃から『周囲への感謝の気持ちを忘れてはいけないよ』と繰り返していた。自然、その言葉がボクの座右の銘というか信条になった。どんな環境でプレーしていても、忘れたことはない」と語っているように、その人格は母親によって形成されたようだ。

謙虚さと真面目さは「日本のことを知っている友人が教えてくれた。『ジャイアンツはヤンキースと同じで、人気があってみんなが注目している、伝統あるチームだ』と。そんなチームでプレイできることが誇りだ。声援も厳しい声も、すべて受け止めようと思っている。それが選手にかかってくる伝統の重さというものだ。それにチームメイトがいつも気をつかって声をかけてくれるから、1人じゃないんだと思える。ボクを受け入れチャンスをくれたチームに対して、全力で応えるのは当然じゃないか」といったコメントからもうかがい知る事ができる。

巨人が通算5000勝を達成した試合(5月2日・対中日ドラゴンズ戦)で11回表に代打で登場し、中日の岩瀬仁紀から決勝タイムリースリーベースを放った。試合後は初めてのお立ち台に涙を浮かべながら「両チーム死力を尽くしたナイスゲームだった。一塁に最高のランナー(鈴木尚広)がいたのでホームランはいらないと思っていた。5000勝する球団なんてそうは無い。そんな勝利に貢献できて嬉しい。」と、チームメイトだけでなく、相手チームまでも讃えるコメントを語っている。2007年6月8日楽天戦で有銘兼久から決勝の逆転3ランを放つが、ヒーローインタビューで有銘を讃えるコメントを残す。

30歳で新人王資格を持っていた程に遅咲きな上、日本に来ても日本の野球に対応できない可能性もあったが、この事に関しては「待つことが僕の野球人生だった。だからギブアップはしない」と語っている。

キャンプの段階から原監督自らがバッティング投手を務めたりと打撃のコーチングを行うことが多い。現在、日本野球に溶け込みつつあるが、本人の弛まぬ努力に加え、原を始めとした首脳陣の協力によるものも多く、ホリンズ自身「彼ほどに選手に気を使ってくれる監督には出会った事がない。ボクは原監督をリスペクトしている」と語っている。原監督も「彼は“No Excuse”(言い訳をしない)だからね」と讃えている。

日本ではチームメイトやマスコミ、球場のファンなどから「ホリさん」と呼ばれている。メジャー時代のニックネームは本名を略した「D-HOLL」であった。応援歌やホリンズの専用応援にも「D-HOLL」が使われている。「ホリさん」と呼ばれていることに対し、「小さい子供から大人までホリさんと呼んでくれる。意地悪やバカにした気持ちではなく、親しみを込めてそう呼んでくれてるのが響きでわかる」と語っている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1998 ATL 3 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .167 .334
LAD 5 9 9 1 2 0 0 0 2 2 0 1 0 0 0 0 0 2 0 .222 .222 .222 .444
2004 ATL 7 23 22 3 8 2 0 0 10 5 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .364 .364 .455 .819
2005 TB 120 369 342 44 85 17 1 13 143 46 8 1 1 2 23 0 1 63 8 .249 .296 .418 .714
2006 121 355 333 37 76 20 0 15 141 33 3 3 2 1 19 1 0 64 4 .228 .269 .423 .692
2007 巨人 124 407 370 43 95 23 1 12 156 45 2 2 1 2 33 4 1 85 10 .257 .318 .422 .739
MLB:4年 256 762 712 85 172 39 1 28 297 86 11 5 4 3 42 1 1 134 12 .242 .284 .417 .701
NPB:1年 124 407 370 43 95 23 1 12 156 45 2 2 1 2 33 4 1 85 10 .257 .318 .422 .739

記録編集

NPB

背番号編集

  • 16 (1998年)
  • 70 (1998年)
  • 20 (2004年)
  • 27 (2005年 - 2006年)
  • 49 (2007年)

関連項目編集

外部リンク編集