トイ・ソルジャー (1991年の映画)

トイ・ソルジャー』(Toy Soldiers)は、アメリカアクション映画。公開は1991年。 ダニエル・ペトリ・Jr監督。

トイ・ソルジャー
Toy Soldiers
監督 ダニエル・ペトリ・Jr
脚本 ダニエル・ペトリ・Jr
デヴィッド・コープ
製作 ジャック・E・フリードマン
ウェイン・S・ウィリアムズ
バトリシア・ハースコヴィック
製作総指揮 マーク・バーグ
クリス・ザーパス
出演者 ショーン・アスティン
音楽 ロバート・フォーク
撮影 トーマス・バースティン
編集 マイケル・カーン
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年4月26日
日本の旗 1991年8月10日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
興行収入 $15,073,942[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

全寮制の高校をテロリストグループが占拠。目的は判事の息子であるドナヒューを人質に、刑期中の父親の釈放。しかしドナヒューは事件前に連邦保安官によって保護されており、人質にとることはできなかった。

が、生徒は皆金持ちの息子であり、ドナヒューなど必要ないと考えたテロリストは生徒を人質に政府に釈放を要求する。学校中にC3爆薬を仕掛け、さらにリーダーの手首に巻いたリモコンでいつでも爆破できるようにセット。人数が1人欠員すると5人射殺の制裁を与える措置までとった。

外部との連絡が絶たれてしまった高校内で、ワルガキ組のリーダー、ビリー(ショーン・アスティン)は何とか敵の詳細な情報を外部へ流せないかと策を練る。さらに手首のリモコンを不能にするため、リモコンの受信機の内蔵チップをラジコン飛行機のチップと交換するという手段に出る。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
VHS フジテレビ
ウィリアム・“ビリー”・テッパー ショーン・アスティン 遠藤直人 竹村拓
ジョセフ・“ジョーイ”・トロッタ ウィル・ウィトン 正木慎也 鳥海勝美
ジョナサン・“スナッフィ”・ブラッドベリー キース・クーガン 高木延秀 成田剣
ヘンリー・“ハンク”・ガイルズ3世 T・E・ラッセル 志賀泰伸 相沢正輝
リカルド・モントーヤ ジョージ・ペレス 柳沢超 菊池英博
デレク(ヨーグルト) ショーン・フェラン 古川栄司 子安武人
ディーン・エドワード・パーカー ルイス・ゴセット・ジュニア 藤本譲 富田耕生
ロバート・グールド校長 デンホルム・エリオット 広瀬正志 納谷悟朗
クレーマー将軍 R・リー・アーメイ 秋元羊介
FBI副長官オーティス・ブラウン メイソン・アダムズ 茶風林
ルイス・カリ アンドリュー・ディヴォフ 内海賢二 玄田哲章
ジャック・ソープ マイケル・チャンピオン 伊井篤史
エンリケ・カリ ジェシー・ドーラン 土方優人
アルバート・トロッタ ジェリー・オーバック
(ノンクレジット)
徳丸完
  • フジテレビ版:初回放送1994年6月4日『ゴールデン洋画劇場
  • 2019年3月6日発売のBlu-rayには全ての日本語吹替を収録

登場人物編集

ウィリアム・テッパー
本作の主人公。3度も退学経験のあるワルガキ軍団のリーダーで、寮の地下に忍び込んでウォッカを飲んだり、電話線を利用してアダルト・チャンネルを聴いたりしていた。そのために教頭から鍋洗いの罰を受ける。テロリストに占拠された際に情報を外部に流す策を友人とともに練る。各自の協力で学校外へ出ることに成功、情報を軍隊に渡す。ジョーイが射殺されたときには自暴自棄になっていたが、友人らの説得でやる気を取り戻し、生徒を逃がすことに成功。さらにルイスの手首のリモコンの受信機をラジコン飛行機の受信機と交換し、リモコンを不能にさせた。
ジョセフ・トロッタ
父親がマフィアのボスで、それに負い目を感じている。テロリストに占拠された際は過激な対策を考え、友人らに止められている。絵が得意でテロリストの似顔絵を描き、外部に流した。父親からの要請で解放されることになったが、それをよく思わなかったジョセフは見張りを殴り倒し、サブマシンガンでホルヘに対抗するも射殺される、
ジョナサン・ブラッドベリ
喘息持ちで吸入器を持ち歩いている。喫煙者でビリーが学校へ戻る際にマッチとタバコを利用したタイマーで発火させ、警報器を作動させる。リモコンを不能にさせる作戦の際は発作の芝居をしてルイスを校長室からおびき出し、ランプが消えるその瞬間も自身に注目させた。
ヘンリー・ガイルズ3世
がたいのいい眼鏡をかけた黒人の少年。ビリー不在の際に列に並びなおすも見抜かれてしまう。食堂にいた見張りを気絶させ、ビリーの作戦に協力した。
リカルド・モントーヤ
メキシコ系アメリカ人でスペイン語が話せる。ルイスには「話せない」と言ったが、すぐに見抜かれてしまい、膝を殴打される。テロリストの名前をスペイン語の会話から把握し、情報として外部に流した。
デレク
ワルガキ軍団ではないが、ビリーたちとたまたま同室になったために協力する少年。ラジコンに詳しく、ビリーが学校外へ出る際に屋根の見張りを飛行機で注目させた。リモコンを不能にさせる作戦でも実際に行なったビリーに指示するなどで活躍した。
ディーン・エドワード・パーカー
教頭でビリーの非行に手を焼いている。ビリーの所持していたウォッカを持って学校外へ出ていたためにテロリストが占拠した際は不在であった。その後、軍隊に協力したり、校長の代わりに自分を人質に替えろなどとテロリストに交渉するなど活躍。最後はビリーを助けるために窓から飛び込むも左肩を撃たれてしまった。
ルイス・カリ
テロリストのリーダーで手首に爆弾のリモコンを巻いている。裁判所の人質や守衛、国境警備隊を容赦なく殺すが、生徒は1人も殺していない(ジョーイの一件はホルヘの独断)。軍隊突入の際にビリーを人質にとり校長室に立てこもり、リモコンのスイッチを押すも、ラジコン飛行機が作動しただけだった。次に信管の配線を切断し爆発させようとするも軍隊が突入、教頭に気を取られている間に射殺された。
ジャック・ソープ
テロリストの中で唯一のアメリカ人。ルイスの腹心。C3爆薬の信管の配線、定時の人数確認などを行なった。軍隊突入の際に屋根へ行き、向かってくるヘリに対抗しようとするも射殺された。

その他編集

  • ビリーからうがい薬のウォッカを買ったバーグとザーパスは、製作総指揮の2人の名である。

脚注編集

  1. ^ Toy Soldiers (1991)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月9日閲覧。

外部リンク編集