トゥッコージーマラーティー語:तुकोजी, :Tukkoji, 1677年 - 1736年)は、南インドタミル地方タンジャーヴール・マラーター王国の君主(在位:1728年 - 1736年)。トゥラジャージー(Tulajaji)とも呼ばれる。

トゥッコージー
Tukkoji
タンジャーヴール・マラーター王
在位 1728年 - 1736年
別号 ラージャ

出生 1677年
死去 1736年
タンジャーヴールタンジャーヴール城
子女 ヴィヤンコージー2世
プラタープ・シング
家名 ボーンスレー家
父親 ヴィヤンコージー
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1728年、兄(あるいは弟)のサラボージーが死亡したことにより、弟であるトゥッコージーその王位を継承した[1]

トゥッコージーの治世は、パーライヤッカーラルの反乱やカルナータカ太守に脅かされていたマドゥライ・ナーヤカ朝の女王ミーナークシの援助を行った。

1734年、カルナータカ太守側のチャンダー・サーヒブがマドゥライ・ナーヤカ朝の領土に侵攻した際は、これの援助に回り撃退した。

しかし、1736年にチャンダー・サーヒブはもう一度マドゥライ・ナーヤカ朝の領土に侵攻し、その首都ティルチラーパッリは落とされ、王朝は滅ぼされてしまった。

同年、トゥッコージーはタンジャーヴール城で死亡し、息子のヴィヤンコージー2世がその王位を継承した[2]

人物編集

トゥッコージーは諸外国語に通じた学識のある人物だった。彼はタンジャーヴールのタミル音楽ヒンドゥスターニー音楽を導入したことが功績として挙げられ、彼自身も楽譜を書いたりする音楽家だった。

出典・脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集