トウシューズ:toe shoes, 正式にはpointe shoes, :chaussons de pointe, pointes)は、バレエを踊る時に履く

pointe shoes
ポワント

この靴の特徴には爪先の先端の平たく造った部分があり、これをプラットフォームという。床との着地面に使用され、これにより足の先で立つことができる。この爪先で立つことをポワントといい、甲に足の筋肉が出て履くことができれば、きれいに見えるとされる。履く際には指先部分に布などを詰めたり、専用のパッド(トウパッド)を使用したりする。一般の靴と同様にフィッティングを行い、足の形やアーチ、骨格にあったものを選択する。

ただし、誰もが靴を履き爪先で立つことができる訳ではない。鍛練を繰り返し、バレエシューズでの正しい足の形が出来た上、それでも基本的なバレエを踊れる下地の段階であり、下腿にある程度の筋力がつき、体の重心を引き上げることができるようになって、初めて履くことができる。

もしも若年者であれば、解剖学上において足骨の成長軟骨の骨化が完成する年齢までは、バレエシューズを履くことも、足先で立ったりしてもならない。教師の許可も出ていないのにトウシューズを履いて立つと、骨折やねん挫などの怪我をしたり、変な位置の筋肉を肥大させ、間違った立ち方の癖がつく可能性がある。しかし、完全に正しいテクニックでポワントで立つことを習得したならば、後年まで故障などの悪影響をきたすことはないとされる。ただし、正しく履いていても、ポアントでは多かれ少なかれ足が痛む状態はある。

トウシューズにはいろいろな種類があり、それによって、硬さ・固められている範囲・ポワントで立つ時床に接する面の広さなどが異なる上、ほぼ手仕事で作られている為、同じ種類で同じサイズのものでも立ったときの感覚が微妙に違うことがあるので、バレエダンサーは自分に合ったトウシューズを探す事に苦労するという。また、爪先の固めてある部分は主に布を接着剤で固めているので、長期間の使用でつぶれる。そのために、長持ちするよう爪先にニスや瞬間接着剤を流すことがある。

なお、基本的には舞台でポワントワークを用いた振り付けで踊るのは女性のみだが、トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団のようなコミックバレエや、また『シンデレラ』や『明るい小川』のように男性が女装して踊る際など、稀にトウシューズを履いて踊ることもある[1]フレデリック・アシュトン振付による『夏の夜の夢』のボトム(途中でロバに変身する)や『ピーターラビットと仲間たち』に出てくるブタのピグリン・ブランドは男性だがトウシューズを履いて踊る珍しい役である[2]。男性用のトウシューズも作られるようになっている[1]

歴史編集

脚注編集

  1. ^ a b There's a New Pointe Shoe Designed Specifically for Men” (英語). Dance Magazine (2019年2月12日). 2020年5月6日閲覧。
  2. ^ What happens when a man dances on pointe?”. Royal Opera House (2017年6月8日). 2020年5月6日閲覧。

参考文献編集

  • Clara編集部編『知ってる?トウシューズ』新書館、2002年11月、ISBN 4403330088、新版: 2006年5月、ISBN 4403330185
  • Janice Barringer, The Pointe Book: Shoes, Training and Technique, Princeton Book Co Pub, 2nd edition: Sep 2004, ISBN 087127261X

外部リンク編集