メインメニューを開く

トップランク社(英:Top Rank, Inc.)は、1973年、ジャビール・ハーバート・ムハンマドボブ・アラムにより 、米国ネバダ州パラダイスで設立されたボクシングプロモーション会社。多くの世界的ボクサーのプロモーションや、マッチメイクを手がけている。

歴史編集

1966年、トップランク社の前身メイン・バウト社がモハメド・アリ、ジャビール・ハーバート・ムハンマド、ボブ・アラム、ネーション・オブ・イスラムのメンバーにより設立される。

1980年4月から開局間もないESPNとタイアップして、ボクシング中継番組「トップランク・ボクシング・オン・ESPN」を番組が終了する1996年まで定期放送していた。

2015年5月1日、ケーブルテレビ局truTVと放送契約を交わし、ボクシング中継番組「メトロ・PCS・フライデー・ナイト・ノックアウト」をスタートするが[1]、早々に同年で放送打ち切りとなった。

2017年7月、ESPNと4年間の独占放送契約を交わす[2] 。これに伴いHBOとUniMasの放送が終了した。長年に渡って強い結び付きがあったHBOを離れてESPNとの契約に至った背景には、HBOが続けるボクシング予算削減の煽りを受けての決断とされている[3][4][5]

2018年3月14日、ESPNのストリーミング配信サービス「ESPN+」で年間12興行の配信契約を交わしたことが発表された[6]。8月1日、ESPNとの独占契約が2025年までの7年契約に拡張され、年間18興行をESPNで放送し、アメリカ国内の12興行と海外からの24興行がESPN+で配信されることが発表された[7]

これまで開催した主な興行編集

主な契約選手編集

現契約選手編集

元契約選手編集

トップランク・ボクシング・オン・ESPN編集

日本人選手が放送された試合編集

日付 試合 視聴者数 参考
2019年11月2日 ハビエル・モリナ vs. 岡田博喜 63万5千人[30] ミゲール・ベルチェットvsジェイソン・ソーサの前座
2019年5月25日 ジャメル・ヘリング vs. 伊藤雅雪 55万6千人[31]
2019年5月4日 ヘルウィン・アンカハス vs. 船井龍一 48万人[32] アルツール・ベテルビエフvsラディボェ・カライジッチの前座
2019年2月10日 レイムンド・ベルトラン vs. 岡田博喜 65万5千人[33] ホセ・カルロス・ラミレスvsホセ・ゼペダの前座
2018年8月25日 アイザック・ドグボエ vs. 大竹秀典 53万2千人[34] ホセ・ペドラザvsレイムンド・ベルトランの前座

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ TruTV to broadcast boxing series”. ESPN.com (2015年3月30日). 2015年4月1日閲覧。
  2. ^ Top Rank signs exclusive four-year deal with ESPN”. ESPN.com (2017年8月27日). 2017年9月2日閲覧。
  3. ^ Manny Pacquiao-Jeff Horn to kick off Top Rank/ESPN series”. Ring (2017年6月17日). 2017年7月19日閲覧。
  4. ^ バルガス対ベルチェルト、三浦対ローマンは好評も・・・・・・予算削減のHBOボクシングはどこに向かう?”. 杉浦大介 (2017年2月8日). 2017年7月19日閲覧。
  5. ^ パッキャオ戦が高視聴率で新シリーズは好スタート トップランクとESPNはPBCの低迷から学べるか”. 杉浦大介 (2017年7月18日). 2017年7月19日閲覧。
  6. ^ ESPN, Top Rank expand partnership by adding 12 more cards”. ESPN.com (2018年3月15日). 2018年6月25日閲覧。
  7. ^ Top Rank Boxing reaches new 7-year deal with ESPN”. ESPN.com (2018年8月1日). 2018年8月2日閲覧。
  8. ^ 井上尚弥が米プロモート大手と契約、今後米で2戦か 日刊スポーツ 2019年11月7日
  9. ^ Top Rank adds 19-year-old Olympian Teofimo Lopez ESPN.com(英語) 2016年10月11日
  10. ^ Top Rank, Epic Sports sign multiyear deal to co-promote Kubrat Pulev”. ESPN.com (2018年12月9日). 2019年1月5日閲覧。
  11. ^ German heavyweight Kabayel joins Top Rank”. ESPN.com (2019年9月5日). 2019年11月12日閲覧。
  12. ^ アンカハスがトップランクと6試合の契約締結 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月24日
  13. ^ Jose Pedraza Inks Promotional Pact With Top Rank”. Boxing Scene.com (2018年2月26日). 2018年3月20日閲覧。
  14. ^ Rob Brant, Top Rank agree to multiyear, co-promotional deal”. ESPN.com (2018年11月21日). 2019年1月5日閲覧。
  15. ^ Eleider Alvarez, Top Rank Make Promotional Deal Official”. Boxing Scene.com (2018年12月20日). 2019年1月5日閲覧。
  16. ^ Former junior featherweight world titlist Jonathan Guzman, 3 others sign with Top Rank”. ESPN.com (2018年9月7日). 2018年10月8日閲覧。
  17. ^ Heavyweight Bryant Jennings, idle since 2015, signs with Top Rank”. ESPN.com (2017年6月20日). 2017年6月21日閲覧。
  18. ^ Xander Zayas, 16-Years-Old, Inks Promotional With Top Rank”. Boxing Scene.com (2019年3月14日). 2019年7月15日閲覧。
  19. ^ 伊藤雅雪がトップランクと契約 最強との対戦へ1歩 日刊スポーツ 2019年4月13日
  20. ^ 岡田博喜、米トップランク社と3年契約”. Nikkan Sports (2018年8月9日). 2018年10月8日閲覧。
  21. ^ Bryan Vasquez Inks Promotional Pact With Top Rank”. Boxing Scene.com (2018年6月19日). 2018年6月25日閲覧。
  22. ^ 平岡アンディ異例トップランク社契約「ユニコーン」 日刊スポーツ 2019年11月26日
  23. ^ Top Rank releases Nonito Donaire from promotional contract”. ESPN.com (2016年3月8日). 2017年3月9日閲覧。
  24. ^ Zou Shiming Makes Changes: Will Fight Without Top Rank, Roach”. Boxing Scene.com (2017年7月1日). 2017年7月19日閲覧。
  25. ^ Timothy Bradley, former champ in two divisions, announces retirement”. ESPN.com (2017年8月6日). 2017年8月7日閲覧。
  26. ^ フアン・マヌエル・マルケスも引退を決断 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月5日
  27. ^ Juan Manuel Marquez: Decision To Retire Was Difficult To Make”. Boxing Scene.com (2017年8月4日). 2017年8月7日閲覧。
  28. ^ Mikey Garcia had chance to fight Miguel Cotto but balked at multifight deal with Golden Boy”. ESPN.com (2017年10月18日). 2017年10月27日閲覧。
  29. ^ Postol-Mimoune Part of Showtime Telecast 4/27 From Las Vegas”. Boxing Scene.com (2019年3月27日). 2019年11月29日閲覧。
  30. ^ Top Rank Boxing on ESPN draws 635,000 viewers Saturday”. MMAPayout (2019年11月5日). 2019年11月20日閲覧。
  31. ^ Jamel Herring vs. Masayuki Ito Averaged 556,000 Viewers For Entire ESPN Broadcast”. Fightful (2019年5月29日). 2019年11月20日閲覧。
  32. ^ Beterbiev-Kalajdzic Triple: 480K Viewers Live, 126K For Replay”. Boxing Scene.com (2019年5月7日). 2019年11月20日閲覧。
  33. ^ Ramirez vs. Zepeda ESPN Card Averages 655,000 Viewers”. Boxing Scene.com (2019年2月12日). 2019年2月21日閲覧。
  34. ^ Beltran-Pedraza ESPN Triple - Telecast Averaged 532K Viewers”. Boxing Scene.com (2018年8月28日). 2019年2月21日閲覧。

外部リンク編集