トニービン (Tony Bin) はアイルランド生まれの競走馬である。イタリア調教馬としてモルヴェド以来27年ぶりに凱旋門賞を制した[1]。引退後は日本種牡馬として活躍した。

トニービン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年4月7日
死没 2000年3月10日(17歳没・旧18歳)
Kampala
Severn Bridge
母の父 Hornbeam
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産者 P.J.B.オカラハン
馬主 Mrs.Del Bono Gaucci
Allevamento White Star
調教師 Luigi Camici(イタリア
競走成績
生涯成績 27戦15勝
獲得賞金 1,230,300,000リラ、
7,078,250フラン、
39,028ポンド、
9,500,000円
テンプレートを表示

競走馬時代編集

アイルランドのセリ市で、日本円にして約65万円でイタリア人実業家のルチアーノ・ガウッチ英語版に購入された[2]調教師はイタリアのルイジ・カミーチ。1985年から1988年の現役生活で27戦15勝の戦績を残した[3]

デビュー戦で初勝利をあげ、イタリアGIグランクリテリウムで3着となるものの、4歳まではダービーイタリアーノ4着、イタリア大賞3着、ジョッキークラブ大賞2着と善戦止まりであった[3]

5歳になるとミラノ大賞典、ジョッキークラブ大賞を含む4連勝を達成し、フランスおよびイギリスへと遠征。サンクルー大賞ではセントレジャーステークス覇者のムーンマッドネス英語版の2着と健闘する[1]。11頭立て11番人気で挑んだヨーロッパ下半期最高峰のGI凱旋門賞では、鞍上キャッシュ・アスムッセンの好騎乗に導かれて2着となる波乱を演出した[1]

6歳時にはイタリア共和国大統領賞、ミラノ大賞典を連勝し、再び外国遠征を敢行する。キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスにてムトトの3着に入ると、イタリアのフェデリコテシオ賞から連闘で凱旋門賞へ出走した。凱旋門賞では単勝14.9倍の5番人気であったが、最終コーナー12番手から直線で鋭い伸び脚を見せ、1番人気ムトトの追撃をクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは2分27秒3と、凱旋門賞史上2位のタイムであった[1]。この年の凱旋門賞はソウルオリンピックの最終日と重なっており、男子マラソンジェリンド・ボルディンの優勝とともにイタリア国内を大いに湧かせた[1]

ジャパンカップ編集

この活躍が評価され、トニービンはジャパンカップGI)に招待されることとなった。現役最終戦となった日本遠征では、競走馬の空輸を内規で禁止していたアリタリア航空が、自ら望んでトニービンの輸送へ手を上げた[1]ヨーロッパアメリカオセアニア、そしてアジア日本の代表馬が集結したこのレースは「四大陸決戦」[4]と呼ばれ、その中でも凱旋門賞馬トニービンの出走は大きな注目を集めた[5]。カミーチ調教師は「われわれは、勝つことしか考えていない」[1]、「3馬身離して勝つ」[6]と宣言し、ライバルとしては日本のタマモクロスを挙げた[注釈 1][1]

レースでは、日本のメジロデュレンがスローペースで逃げる中で中団に位置し[7]、4コーナーではペイザバトラーやタマモクロスらの後方から進出を開始した[8]。しかし、最終直線での伸びを欠いて1着から0.4秒差の5着に終わった[8]。トニービンはレース中に骨折を発症しており、ジャパンカップを最後に引退した[3]。トニービンの新たなオーナーとなっていた社台ファーム吉田照哉はペイザバトラーを勝利に導いたクリス・マッキャロンの騎乗に感銘を受け、レース後には「米国の騎手を起用すれば…」との感想を漏らしている[注釈 2][9]

種牡馬時代編集

引退後、日本社台グループが購入し、日本で種牡馬生活を送ることになる。1994年日本リーディングサイアーを獲得。数多くの活躍馬を出したが、2000年3月10日に急性心不全のために死亡した。このため2001年産がラストクロップとなり、最終年は種付け期間中の死亡であったため、中央競馬に登録されたのはわずか4頭であった。

産駒は東京競馬場との相性がよく、産駒獲得GIのほとんどが東京競馬場での勝利である。産駒は東京競馬場で行われる芝のGIレース(2006年新設のヴィクトリアマイルを除く)を完全制覇している。

2009年7月1日に、ジュラナスリング(2000年産)が引退したことによりすべての産駒が中央競馬より姿を消した。

産駒の種牡馬成績は、ジャングルポケットや1勝ながら種牡馬入りしたミラクルアドマイヤがGI馬を出しており、孫世代のカンパニートーセンジョーダンなどが種牡馬入りをしている。ひ孫世代で種牡馬入りした馬はいない。2022年現在、トニービン系種牡馬はオウケンブルースリ1頭のみとなっているが、2021年・2022年ともに種付け数は0となっており、存続の危機を迎えている。

産駒の特徴および傾向として、差し、追い込みといった戦法を得意とする馬が多いことが挙げられる。突出したスピードこそ無いが、後方から確実に伸び続けるロングスパートを得意としている。ゴール前の直線が長いコースに強く、東京競馬場や2001年以降の新潟競馬場との相性は良い。特に東京競馬場では圧倒的ともいえる成績を残しており、産駒のG1勝ち星の合計13勝のうち11勝は東京競馬場であげたものである。その反面やや不器用な面があり、コーナーワークや瞬時の加速などは若干不得手で、そのため中山競馬場福島競馬場など、小回りで直線が短いコースにおける実績はとりわけ目立ったものではない。

ダートは無難にこなす程度で、本質的には芝向き。芝であれば重馬場でもさほど力は落ちない。頑健な馬体と成長力を併せ持ち、中には古馬になってからも衰えない息の長い活躍をみせる産駒もいる。

主な産駒編集

GI級競走優勝馬編集

 
サクラチトセオー
 
ウイニングチケット
 
ノースフライト
 
エアグルーヴ
 
レディパステル
 
ジャングルポケット
 
テレグノシス

グレード制重賞優勝馬編集

地方競馬重賞優勝馬編集

  • 1991年産
    • ミナミノウイン(若草賞)
  • 1992年産
  • 1992年産
  • 1993年産
    • サンアドマイヤ(青藍賞
    • ミスズトニーオー(新潟グランプリ)
  • 1994年産
    • ダイワトニービン(東国賞2回、新春杯)

母の父としての主な産駒編集

GI級競走優勝馬編集

勝ち鞍はGI・JpnI・JGI競走のみ記載

グレード制重賞優勝馬編集

  • 1997年産
  • 2000年産
  • 2001年産
  • 2002年産
  • 2003年産
  • 2004年産
    • ミリオンディスク:北海道スプリントカップ、カペラステークス(父アフリート、母ハッピーリクエスト)
    • アルティマトゥーレ:セントウルステークス、シルクロードステークス(父フジキセキ、母エアトゥーレ)
    • メリッサ:北九州記念(父ホワイトマズル、母ストーミーラン)
  • 2005年産
  • 2006年産
    • フォゲッタブル:ダイヤモンドステークス、ステイヤーズステークス(父フォゲッタブル、母エアグルーヴ)
    • テイエムオーロラ:府中牝馬ステークス(父マンハッタンカフェ、母ペリーヌ)
    • サニーサンデー:福島記念(父マーベラスサンデー、母サニークラッシック)
  • 2007年産
  • 2008年産
    • デスペラード:京都記念、ステイヤーズステークス(父ネオユニヴァース、母マイネノエル)
    • レッドデイヴィス:シンザン記念、毎日杯、鳴尾記念(父アグネスタキオン、母ディクシージャズ)
    • グルヴェイグ:マーメイドステークス(父ディープインパクト、母エアグルーヴ)
    • エーシンブラン:兵庫チャンピオンシップ(父スウェプトオーヴァーボード、母エイシンジョアンナ)
    • バウンシーチューン:フローラステークス(父ステイゴールド、母リーインフォースト)
  • 2009年産
  • 2010年産
  • 2011年産
  • 2012年産
    • アレスバローズ:CBC賞、北九州記念(父ディープインパクト、母タイセイエトワール)
  • 2013年産
  • 2015年産
    • フロンティア:新潟2歳ステークス(父ダイワメジャー、母グレースランド)
  • 2016年産

備考編集

初代オーナーのルチアーノ・ガウッチ/Luciano_Gaucci(名義は夫人)はかつて中田英寿が所属したイタリアのプロサッカークラブACペルージャ(現・ペルージャ・カルチョ)の元会長としても知られている[10]

血統表編集

トニービン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ゼダーン系
[§ 2]

*カンパラ
Kampala
1976 黒鹿毛
イギリス
父の父
Kalamoun
1970 芦毛
アイルランド
*ゼダーン
Zeddaan
Grey Sovereign
Vareta
Khairunissa Prince Bio
Palariva
父の母
State Pension
1967 鹿毛
*オンリーフォアライフ
Only For Life
Chanteur
Life Sentence
Lorelei Prince Chevalier
Rock Goddess

Severn Bridge
1965 栗毛
イギリス
Hornbeam
1953 栗毛
イギリス
Hyperion Gainsborough
Selene
Thicket Nasrullah
Artistic
母の母
Priddy Fair
1956 鹿毛
イギリス
Preciptic Precipitation
Artistic
Campanette Fair Trial
Calluna
F-No.19-b
母系(F-No.) 19号族(FN:19-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Hyperion 3×5×5、Gainsborough 4×5、Nasrullah 4×5、Prince Rose 5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ トニービン(IRE) 5代血統表2016年8月12日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com トニービン 5代血統表2016年8月12日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ トニービン(IRE) 5代血統表2016年8月12日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ トニービン(IRE) 5代血統表2016年8月12日閲覧。


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 天皇賞(秋)のレースを何度も見返した上で「速いペースで先行しながら、最後の脚もなかなかしっかりしていた。すばらしい馬だ」とも述べている。
  2. ^ トニービンに騎乗したJ.リードはイギリス所属の騎手である。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 『優駿』1989年1月号 8頁
  2. ^ 優駿』1988年12月号 1頁
  3. ^ a b c トニービン 基本情報”. JRA-VAN. 2021年5月30日閲覧。
  4. ^ 『優駿』1989年1月号 9頁
  5. ^ 『優駿』1989年1月号 138頁
  6. ^ 『優駿』1989年1月号 13頁
  7. ^ 『優駿』1989年1月号 12頁
  8. ^ a b 『優駿』1989年1月号 139頁
  9. ^ 『優駿』1989年1月号 123頁
  10. ^ トニービン馬主のガウチ氏死去 サッカー界でも有名”. JRA-VAN. 2021年7月17日閲覧。

外部リンク編集