メインメニューを開く

トビー門口(トビーかどぐち、1941年10月9日 - 1999年)は、台湾出身の俳優。本名は木村隆司。台湾名は門東飛(モントンフィ)。芸名の由来は台湾名である。

とびー かどぐち
トビー 門口
本名 木村 隆司
別名義 門東飛/モントンフィ(台湾名)
生年月日 (1941-10-09) 1941年10月9日
没年月日 1999年
出生地 日本の旗台湾台北州汐止
(現:新北市
ジャンル 俳優 (主に悪役)
活動期間 1971年 -
主な作品
映画
薔薇の標的
テレビドラマ
西部警察

目次

来歴・人物編集

カントリーバンドのジミー時田とマウンテンプレイボーイズでデビュー。その後、悪役俳優として活動する。

CMでは1974年のナショナルハイトップ乾電池が有名で、人造人間に扮し胴体に仕込んだ電池を自ら抜き直立不動のまま後へひっくり返る演技で「第14回ACC CMフェスティバル」のTVフィルム部門ACC賞を受賞、脚光を浴びた。また、テレビ、映画にて銃器を使った特殊効果(ガンエフェクト)の専門職である銃器テクニカルアドバイザーとして活躍する。アメリカにてジェフ・クーパー英語版にコンバットシューティングを習い、その経験を生かし日本にて本格的な実践射撃を想定したI・P・S・A(インターナショナルプラクティカルシューティングアカデミー)を設立。生徒を指導しながら俳優業も行なっていた。その経験からグアム島にて松田優作に実銃による実弾射撃を指導し、松田のアクション俳優としてのレベルを向上させた立役者でもある。

後年はコンバットシューティング、銃に関するテクニック、マナーの指導を中心に活動。また、『月刊Gun』などにステージガンに関する記事を寄稿していた。銃器テクニカルアドバイザーの先駆けであり、弾着やリアルなステージガンなど、さまざまな特殊効果を考案・改良し、以降のガンエフェクトプロフェッショナルに多大なる影響を与えた。

1984年にプラスチック製モデルガンを不正改造したとして銃刀法違反に問われ、懲役3年執行猶予4年の判決を受け、業界から去り以降の活動は基本的になくなった。その後、最後の出演作となる長渕剛ミュージック・ビデオHUNGRY』に、原田眞人監督の希望にて出演。これが遺作となった。

1999年病気により急逝。享年58。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティー編集

  • TVジョッキー (1982年、日本テレビ) 檻の番人
  • ヤンヤン歌うスタジオ (1983年、テレビ東京
  • 8時だョ!全員集合(1969年 - 1985年、TBS
  • 11PM(1965年 - 1990年、日本テレビ)

CM編集

テクニカルアドバイザー作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティー編集

  • 8時だョ!全員集合 (年不詳)
  • 沢田研二ショー (1983年)

著書/著作編集

脚注編集

  1. ^ 『Best100 Japanese Commercial Films 昭和のCF100選 1961-88』日本テレビコマーシャル連盟 編、誠文堂新光社、1991年、58頁。ISBN 4-416-69108-4

関連項目編集