メインメニューを開く

トピー工業株式会社(トピーこうぎょう、英文社名 TOPY INDUSTRIES, LIMITED )は、自動車建設機械部品を中心に製造する鉄鋼メーカーである。

トピー工業株式会社
TOPY INDUSTRIES, LIMITED
Topy Industries company logo.svg
Art village osaki central tower 2014.jpg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7231
1949年5月16日上場
大証1部(廃止) 7231
1964年5月1日 - 2013年7月12日
本社所在地 日本の旗 日本
141-8634
東京都品川区大崎1丁目2-2
設立 1934年(昭和9年)12月19日
業種 輸送用機器
法人番号 2010701019419 ウィキデータを編集
事業内容 鋼材の製造・販売
自動車産業機械用部品の製造・販売
代表者 高松信彦代表取締役社長
資本金 209億8300万円
発行済株式総数 2億4077万5103株
売上高 連結:2405億34百万円
単独:1617億88百万円
営業利益 連結:105億54百万円
単独:61億79百万円
純利益 連結:39億18百万円
単独:17億80百万円
純資産 連結:830億96百万円
単独:611億29百万円
総資産 連結:2128億28百万円
単独:1661億29百万円
従業員数 連結:4,135人、単独:1,911人
決算期 3月31日
主要株主 新日鐵住金 20.46%
トピーファンド 4.49%
明治安田生命保険 4.14%
みずほ銀行 3.34%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)3.24%
(2018年9月30日現在[1]
関係する人物 藤井康雄(元代表取締役社長)
外部リンク https://www.topy.co.jp/ja/index.html
特記事項:各種経営指標は2012年3月期(2012年3月末時点)のもの。
テンプレートを表示

自動車用ホイール部門の国内シェアが高く、スチールホイールではトップ、アルミホイールにおいても2018年に旭テックを買収したことにより中央精機を抜き、国内シェアトップに躍り出た。

概要編集

電気炉を持ち電気炉メーカーに分類される鉄鋼メーカーであるが、ホイールを中心に自動車建設機械部品を製造する輸送用機器メーカーも兼ねる。製品には一般的な電気炉メーカーと同様に建築土木分野向けの形鋼棒鋼などがあるほか、自動車用・建設機械用のホイールや、履帯などの建設機械の足回り部品がある。金属部門以外の事業では、クローラーロボットの製作や屋外・屋内広告の製作、合成マイカの製造を手がける。

製造拠点は4つの製造所とその下にある3つの工場からなる。電気炉を置く豊橋製造所(愛知県豊橋市)では形鋼・棒鋼や建設機械部品を製造。豊川製造所(愛知県豊川市)と綾瀬製造所(神奈川県綾瀬市)では主にホイールを製造し、下部組織の明海工場(豊橋製造所近く)・鞍手工場(福岡県鞍手郡鞍手町、ともに豊川製造所の下部組織)・羽村工場(東京都西多摩郡瑞穂町、綾瀬製造所の下部組織)ではタイヤの組み立てを行っている。神奈川製造所(神奈川県茅ヶ崎市)は建設機械用部品の工場である。なお、本社は東京都品川区大崎1丁目にある。

大手高炉メーカー日本製鉄が約20%の株式を保有する筆頭株主であり、トピー工業は日本製鉄の持分法適用関連会社に分類される。2008年(平成20年)より日本製鉄(提携当時は、新日鉄)と提携しており、提携の一環として新日鉄(当時)が持株比率を引き上げて関連会社とした。

沿革編集

トピー工業は1964年に、車輪工業株式会社・東都製鋼株式会社・東都造機株式会社・東都鉄構株式会社の4社が合併して発足した。初代社長は参議院議員を1期務めた藤川一秋[2]

  • 1915年大正4年) - 東京車輪製作所の前身・「帝国発条製作所」設立。
  • 1921年(大正10年)10月 - 東都製鋼の前身・「宮製鋼所」設立。
  • 1926年(大正15年)9月 - 東都製鋼の前身・「東京シヤリング株式会社」設立。
  • 1934年昭和9年)12月 - 大同電気製鋼所、帝国発条を吸収合併。帝国発条から車輪部門を切離し、車輪工業の前身・「株式会社東京車輪製作所」設立。
  • 1941年(昭和16年)10月 - 東京車輪製作所が阿部鉄工所とプレス工業の車輪制作部門と合併、「車輪工業株式会社」に社名変更。
  • 1943年(昭和18年)10月 - 宮製鋼所と東京シヤリングが合併し、「東都製鋼株式会社」が発足。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 車輪工業と東都製鋼が東京証券取引所に株式を上場。
  • 1953年(昭和28年)1月 - 東都製鋼が大阪名古屋両証券取引所に上場。
  • 1955年(昭和30年)7月 - 東都製鋼品川製作所と高浜製作所が合併し、「東都造機株式会社」設立。
  • 1956年(昭和31年)12月 - 「東都鉄構株式会社」設立。
  • 1958年(昭和33年)11月 - 東都製鋼豊橋製鋼所(現・豊橋製造所)完成。
  • 1961年(昭和36年)1月 - 東都造機茅ヶ崎工場(現・神奈川製造所)完成。
  • 1961年(昭和36年)11月 - 車輪工業豊川工場(現・豊川製造所)完成。
  • 1964年(昭和39年)3月 - 車輪工業綾瀬工場(現・綾瀬製造所)完成。
  • 1964年(昭和39年)7月 - 車輪工業・東都製鋼・東都造機・東都鉄構の4社が合併し、「トピー工業株式会社」が発足。
  • 1996年平成8年)7月 - 「明海発電株式会社」を設立。
  • 2008年(平成20年)7月1日 - 橋梁製作などの鉄構事業部門を「トピー鉄構株式会社」として分社化。
  • 2008年(平成20年)9月30日 - 新日鉄との提携を発表。この後、新日鉄がトピー工業株式を約20%まで取得。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 新日鉄エンジニアリング(現・日鉄エンジニアリング)傘下の日鉄ブリッジとトピー鉄構が合併し、「日鉄トピーブリッジ株式会社」が発足。
  • 2012年(平成24年)1月27日 - 日鉄トピーブリッジが橋梁事業から撤退することを発表。
  • 2016年(平成28年) - MWイタリア社との戦略的提携強化。
  • 2017年(平成29年) - ホイールズ インディア リミテッド社との合弁会社WIL カーホイールズ リミテッド(インド)設立。
  • 2018年(平成30年) - リンテックス株式会社を完全子会社化・ATCホールディングス株式会社を完全子会社化。

主な関係会社編集

  • 日本国内
    • トピー実業株式会社 - 鋼材・自動車部品などを扱う商社。完全子会社。
    • トピー海運株式会社 - 内航海運業港湾運送業陸運業などを行う物流業者。完全子会社。
    • トピーファスナー工業株式会社 - 工業用ファスナーメーカー。完全子会社。
    • 株式会社トピーレック - 商業施設「トピレックプラザ」の運営や、スポーツクラブの運営を行う。完全子会社。
    • 九州ホイール工業株式会社 - 自動車用ホイールメーカー。出資比率70%。
    • 明海発電株式会社 - 独立発電事業者 (IPP)。豊橋製造所内で火力発電所を運転し、中部電力電力を供給。完全子会社。
    • リンテックス株式会社 - 自動車用ホイール、農業用ホイール、産業車輌用ホイールの製造、販売。2018年に新日鐵住金から株式取得。完全子会社。
    • 北越メタル株式会社 - 電気炉メーカー。出資比率約35%。
  • 日本国外
    • 福建トピー汽車零件有限公司 - 中国において自動車用ホイールを製造。完全子会社。
    • Topy America, Inc. - アメリカにおいて自動車用・建設機械用ホイールおよび建設機械用部品を製造。完全子会社。
    • 青島トピー機械有限公司 - 中国において建設機械用部品を製造。出資比率95%。

人材育成編集

  • 優秀な社員を兵庫県尼崎市の産業技術短期大学1962年一般社団法人日本鉄鋼連盟が設立)に派遣して、人材育成を行っている。具体的には、「製造現場における知識創造と人材の多機能育成政策・綿密な能力開発策のひとつとして、企業内選抜を経て中堅技術者への昇進に結びつく産業技術短期大学への派遣を行う政策の実行」であり、このような人材育成形態(教育訓練形態)を「オフ・ザ・ジョブ・トレーニング・OFF-JT」という。

脚注編集

  1. ^ 四半期報告書(第125期第2四半期)
  2. ^ 中日新聞』1992年8月18日付朝刊、29面、「藤川一秋氏死去」。

参考文献編集

ほか

関連項目編集

外部リンク編集