メインメニューを開く

あらすじ編集

1942年、ドイツ軍に占領されたトブルクの燃料貯蔵施設を破壊しDAK(ドイツアフリカ軍団)の補給を絶つべく、ドイツ軍ブランデンブルク隊に偽装したドイツ系ユダヤ人部隊SIGの協力を得て侵入する作戦がイギリス軍コマンド部隊に下令された。

作戦開始に当たり、ヴィシーフランス軍捕虜となったLRDG(長距離砂漠挺身隊)のクレイグ少佐がSIGの手により奪還される。元スタンダード石油勤務で砂漠戦に長けたクレイグ少佐が補佐しハーカー大佐の指揮の下、イギリス兵は捕虜、バーグマン大尉率いるSIG部隊は護送役としてLRDGの拠点クフラより出発する。

敵味方の入り混じる過酷なサハラ砂漠を長距離突破し、イギリス空軍と海軍、海兵隊の支援で沿岸砲台と燃料貯蔵施設を破壊するという大規模な作戦だったのだが、彼らに様々な困難が立ちはだかる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 初放送1971年10月10日 NETテレビ日曜洋画劇場』 ※DVD収録。

外部リンク編集