トマス・ニヴィット (初代ニヴィット男爵)

初代ニヴィット男爵トマス・ニヴィット(Thomas Knyvet, 1st Baron Knyvet、[nɪvɪt]、1545年 - 1622年7月27日)は、イングランドの廷臣、庶民院議員(のち貴族院議員)。火薬陰謀事件においてガイ・フォークスを発見・拘束した者として知られる。

In a stone-walled room, several armed men physically restrain another man, who is drawing his sword.
火薬陰謀事件の露見とガイ・フォークスの逮捕(ヘンリー・ペロネ・ブリッグス英語版作、1823年)
ニヴィット家の紋章

ニヴィットの綴りには、Knevytt, Knyvett, Knevett, Knevittがある。

出自編集

1545年に[1]、トマス・ニヴィットはウィルトシャーのチャールトンのサー・ヘンリー・ニヴィットの次男として生まれた。母アン・ピッカリングは、ウェストモアランドのキリングトンのサー・クリストファー・ピッカリングの娘だった。彼の姪にあたるキャサリン・ニヴィットは初代サフォーク伯トマス・ハワードに嫁いでいる[2]

1597年7月21日に、サー・ローランド・ヘイワードの娘で、エセックスのクレイベリーのリチャード・ウォーレンの未亡人であるエリザベス・ヘイワードと結婚した[3]

経歴編集

ケンブリッジ大学ジーザス・カレッジで学んだ後、エリザベス女王時代の王宮私室の使用人(Gentleman of the Privy Chamber)として王室に仕え、1592年にMaster at Armsに任命された。1601年にセットフォード選出の代議士となり、1599年から1621年までは王立造幣局長官英語版も務めた[4]

1603年にスタンウェルの荘園を与えられ、1604年にナイト爵を受爵した[5]

火薬陰謀事件編集

火薬陰謀事件において、その阻止に最も決定的な役割を果たしたのがニヴィットであった。

1605年10月26日、モンティーグル男爵は11月5日に貴族院ウェストミンスター宮殿)で行われる議会開会式への出席を見送るように警告する匿名の手紙を受け取った。男爵は即座にこれを国王秘書長官ロバート・セシルに提出した。その後、11月1日に狩りよりロンドンに戻ってきたジェームズ1世に手紙が渡され、それを読んだジェームズはウェストミンスター宮殿の周りを探索するように命じた[6]

11月4日の深夜、ニヴィットはエドモンド・ダブルデイと共に探索を行い、0時頃に貴族院の真下にあたる地下室にてテロの実行犯であったガイ・フォークスを発見し拘束した。そして地下室内には薪や石炭の山の下から大量の火薬樽が発見された[7]

男爵を受爵編集

事件後にメアリー王女英語版(1605年-1607年)の養育係に抜擢されたが彼女は短命だった。1607年に王室より授爵され、ヨークシャー州エスクリックの初代ニヴィット男爵となり、同時に貴族院議員資格を得た。枢密顧問官アン王妃の諮問委員、王立造幣局長官英語版などを歴任した。1613年にステインズの荘園を譲り受けた[8]

第17代オックスフォード伯爵エドワード・ド・ヴェールとは長年にわたる確執があったが、ニヴィットの姪アン・ヴァヴァスール英語版は伯爵の愛人となり、非嫡出子を産んでいる[要出典]

死去編集

 
スタンウェルの教会にあるニヴィット男爵の記念碑

ニヴィットは1622年7月に亡くなった。彼の遺言によりスタンウェルに自由学校を設立することになり、1624年にロード・ニヴィット学校(the Lord Knyvet School)が設立された。スタンウェルのセント・メアリー教区教会にはニヴィット夫妻の肖像画が飾られている[9]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ Sir Thomas Knyvett Baron Knyvett of Escrick PC - I3415 - Individual Information - PhpGedView”. Stanford.edu. 2017年1月3日閲覧。
  2. ^ Catherine Knyvett - I592 - Individual Information - PhpGedView”. Stanford.edu. 2012年11月7日閲覧。
  3. ^ Stanwell: Manors”. A History of the County of Middlesex: Volume 3: Shepperton, Staines, Stanwell, Sunbury, Teddington, Heston and Isleworth, Twickenham, Cowley, Cranford, West Drayton, Greenford, Hanwell, Harefield and Harlington. Institute of Historical Research (1962年). 2013年11月3日閲覧。
  4. ^ Publications”. 2022年4月10日閲覧。
  5. ^ Early Inhabitants of 10 Downing Street”. UK Government. 2012年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月28日閲覧。
  6. ^ Northcote Parkinson 1976, pp. 68–69
  7. ^ Northcote Parkinson 1976, p. 73
  8. ^ Staines: Manors”. A History of the County of Middlesex: Volume 3: Shepperton, Staines, Stanwell, Sunbury, Teddington, Heston and Isleworth, Twickenham, Cowley, Cranford, West Drayton, Greenford, Hanwell, Harefield and Harlington. Institute of Historical Research (1962年). 2013年11月3日閲覧。
  9. ^ Historic England. "Details from listed building database (1187042)". National Heritage List for England (英語). 2013年11月3日閲覧