トマス・ハワード (第14代サフォーク伯爵)

第14代サフォーク伯爵および第7代バークシャー伯爵トマス・ハワード英語: Thomas Howard, 14th Earl of Suffolk, 7th Earl of Berkshire1721年6月11日1783年2月3日)は、グレートブリテン王国の貴族、政治家。1747年から1779年まで庶民院議員を務めた[1]

生涯編集

第11代サフォーク伯爵ヘンリー・ボーズ・ハワードと妻キャサリン(Catherine、旧姓グラハム(Graham)、1762年2月13日没、ジェームズ・グラハム大佐の娘)の五男として、1721年6月11日にウィルトシャーチャールトン英語版で生まれた[2]。1732年よりイートン・カレッジで教育を受けた後[1]、1738年5月23日にオックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジに入学、1741年6月6日にM.A.の学位を修得した[3]。1742年にインナー・テンプルに入学、1744年に弁護士資格免許を取得した[1]。晩年の1779年にはインナー・テンプルの評議員英語版に選出された[1]

1747年イギリス総選挙キャッスル・ライジング選挙区英語版から出馬した[4]。キャッスル・ライジングではサフォーク伯爵家とウォルポール家が1議席ずつ掌握しており、ハワードは兄の息子にあたる第12代サフォーク伯爵ヘンリー・ハワードの支持を受けて、当選を果たした[4]。1749年/1750年ごろに第2代エグモント伯爵ジョン・パーシヴァルが下した評価によると、ハワードは「完全なジャコバイト」(a thorough Jacobite)だという[1]1754年1761年の総選挙でもキャッスル・ライジング選挙区で再選した[5]1768年の総選挙では同じくサフォーク伯爵の支持を受けてマームズベリー選挙区英語版から出馬、11票で当選した[6]

議会でははじめトーリー党所属で、1762年12月には七年戦争の予備講和条約に賛成したとされた[7]。1763年から1771年まではサフォーク伯爵と同じくジョージ・グレンヴィル派に所属し、1766年に印紙法廃止法案に反対票を投じたほか、1769年から1770年までジョン・ウィルクス当選問題をめぐる採決で4度も野党に同調した[7]。しかし、1771年にサフォーク伯爵らグレンヴィル派が与党に転じてもハワードは野党に留まり、1774年にはグレンヴィル法を恒久法に変更する法案に賛成票を、ケベック法への反対演説をした[7]

これらの行動により、1774年イギリス総選挙でサフォーク伯爵の支持を得られず[7]サリー選挙区英語版で立候補しようとした[8]。サリーでは現職議員の第7代準男爵サー・フランシス・ヴィンセント英語版急進主義者の初代準男爵サー・ジョセフ・モービー英語版が立候補しており、ハワードは第2代ニューカッスル公爵ヘンリー・ペラム=クリントンへの手紙でモービーが当選しそうにないと述べたが、モービーの対立候補にはハワードのほか、ウィリアム・ノートン大佐(Col. William Norton)と第3代準男爵サー・フレデリック・エヴリン英語版も名乗り上げており、候補者を指名する会議で有力者のジョージ・オンズローがこのままではハワード、ノートン、エヴリンが共倒れになり、モービーを当選させてしまうと指摘し、候補者の一本化を訴えた[8]。これに対し、最初は誰も立候補を辞退しなかったが、最終的にはオンズローが3人とも立候補を辞退させ、代わりにジェームズ・スコーエン英語版を立候補させて当選させた[8]。スコーエンは当選が確定した後、自身が勢力を有し、重複立候補していたミッチェル選挙区英語版でハワードを当選させた[7][9]。以降ハワードは爵位継承まで野党の立場にあった[7]

1779年8月10日に兄の孫にあたる第13代サフォーク伯爵ヘンリー・ハワードが死去すると、サフォーク伯爵位とバークシャー伯爵位を継承した[2]。以降は政治にほとんど関わらなかった[7]

1783年2月3日、ウェストミンスター・セント・ジェームズ英語版の自宅で死去、12日にアシュテッド英語版で埋葬された[2]。息子がおらず、爵位は遠戚のジョン・ハワード英語版初代バークシャー伯爵トマス・ハワード英語版の玄孫にあたる)が継承した[2]

家族編集

1747年8月13日、エリザベス・キングスコート(Elizabeth Kingscote、1722年3月7日 – 1769年6月22日、ウィリアム・キングスコートの娘)と結婚[2]、1女をもうけた[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Sedgwick, Romney R. (1970). "HOWARD, Hon. Thomas (1721-83), of Ashtead Park, Surr.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年7月1日閲覧
  2. ^ a b c d e Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 315–316.
  3. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Alumni Oxonienses 1715-1886 (E to K) (英語). 2. Oxford: University of Oxford. p. 699.
  4. ^ a b Sedgwick, Romney R. (1970). "Castle Rising". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年7月1日閲覧
  5. ^ Cannon, J. A. (1964). "Castle Rising". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年7月1日閲覧
  6. ^ Cannon, J. A. (1964). "Malmesbury". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年7月1日閲覧
  7. ^ a b c d e f g Brooke, John (1964). "HOWARD, Hon. Thomas (1721-83), of Ashtead Park, Surr.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年7月1日閲覧
  8. ^ a b c Brooke, John (1964). "Surrey". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年7月1日閲覧
  9. ^ Namier, Sir Lewis (1964). "Mitchell". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年7月1日閲覧
  10. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1904). The Complete Baronetage (1665–1707). 4. Exeter: William Pollard & Co. p. 193.
  11. ^ Drummond, Mary M. (1964). "FLEMING, Sir Michael le, 4th Bt. (1748-1806), of Rydal, Westmld.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年7月1日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
アンドーヴァー子爵
リチャード・リグビー英語版
庶民院議員(キャッスル・ライジング選挙区英語版選出)
1747年1768年
同職:ラクスバラ男爵 1747年 – 1754年
ホレス・ウォルポール閣下 1754年 – 1757年
チャールズ・ブーン英語版 1757年 – 1768年
次代:
トマス・ウェートリー英語版
ジェニソン・シャフト英語版
先代:
トマス・コノリー英語版
ティルニー伯爵英語版
庶民院議員(マームズベリー選挙区英語版選出)
1768年1774年
同職:ドニゴール伯爵
次代:
チャールズ・ジェームズ・フォックス閣下
ウィリアム・ストラハン英語版
先代:
ジョン・スティーブンソン英語版
ジェームズ・スコーエン英語版
庶民院議員(ミッチェル選挙区英語版選出)
1774年 – 1779年
同職:ジョン・スティーブンソン英語版
次代:
ジョン・スティーブンソン英語版
フランシス・ヘイル英語版
イングランドの爵位
先代:
ヘンリー・ハワード
サフォーク伯爵
1779年 – 1783年
次代:
ジョン・ハワード英語版
バークシャー伯爵
1779年 – 1783年