トマス・ブルース (第2代アイルズベリー伯爵)

第2代アイルズベリー伯爵および第3代エルギン伯爵トマス・ブルース英語: Thomas Bruce, 2nd Earl of Ailesbury and 3rd Earl of Elgin1656年1741年12月16日)は、イングランド王国の政治家、貴族。第2代エルギン伯爵ロバート・ブルース英語版とダイアナ・グレイの息子であり、母方の祖父母は初代スタンフォード伯爵ヘンリー・グレイ英語版とアン・セシル(第2代エクセター伯爵ウィリアム・セシル英語版の娘)である。第2代アイルズベリー伯爵の回想録は死後150年ほど経過した19世紀末に出版され、17世紀末のイングランド史における重要な文献となっている。

第2代アイルズベリー伯爵および第3代エルギン伯爵の肖像画、1738年作。

生涯編集

第2代エルギン伯爵ロバート・ブルース英語版とダイアナ・グレイの息子として、1656年に生まれた[1]

1度目の結婚によりウィルトシャーにおける影響力を得て、1679年10月イングランド総選挙英語版マールバラ選挙区英語版から出馬して当選した[2]。その後、1685年1月に5,000ポンドで寝室侍従英語版の職を購入したが、2月に国王チャールズ2世の死とともに職を失った[2]。直後の1685年イングランド総選挙ではウィルトシャー選挙区英語版で当選した[2]

名誉職では1679年から1685年までベッドフォードシャー副統監を務めた後、ベッドフォードシャー統監に昇進、1689年まで務めた[2]。また、1685年にはハンティンドンシャー副統監にも任命され、同年に統監に昇進した後1689年まで務めた[2]。また、1685年から1689年までケンブリッジシャー副統監を務めた[2]

1685年10月20日に父が死去すると、アイルズベリー伯爵エルギン伯爵の爵位を継承した[1]。直後から1688年12月まで寝室侍従を務めた[2]名誉革命ではオラニエ公ウィレム3世がイングランドに向けて進軍を開始した後もジェームズ2世を支援した数少ない貴族の1人であり[1]、その後はウィリアム3世への忠誠の誓いに応じたが、すぐにジャコバイトになり、1696年のウィリアム3世暗殺未遂事件に関わって[2]1696年2月にロンドン塔に投獄された[3]

1698年に海外追放という形で釈放され[4]、フランドル地方に移住してカトリックに改宗したが[2]、息子チャールズはイギリスに残り、1700年代に庶民院議員を務めた[4]。1741年12月16日に死去、ブリュッセルで埋葬された[1]

家族編集

1676年8月31日[5]、エリザベス・シーモア(1697年没、ヘンリー・シーモア英語版の娘)と結婚した[6]

1700年4月27日、ブリュッセルでデスヌー女伯爵シャルロット・ダルジャントー英語版(1710年7月23日没)と再婚、1女を儲けた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (英語). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 59–61.
  2. ^ a b c d e f g h i Ferris, John. P. (1983). "BRUCE, Thomas, Lord Bruce (1656-1741), of Tottenham House, Wilts". In Henning, B. D. (ed.). The House of Commons 1660-1690 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年6月26日閲覧
  3. ^ Low, Sidney (1884). The Dictionary of English History. Cassell. p. 22. https://books.google.com/books?id=y45JAAAAMAAJ&pg=PA22&dq=%22Thomas+Bruce%22+%223rd+Earl+of+Elgin%22&as_brr=3&ei=etukSIuNGJD0jgHx87D7BA#PPA22,M1 
  4. ^ a b Hayton, D. W. (2002). "BRUCE, Charles, Lord Bruce (1682-1747), of Ampthill, Beds. and Savernake Park, Wilts". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年6月26日閲覧
  5. ^ Molly McClain, "Harsh and Unjust Slanders": The Duchess of Beaufort and her Daughter Quarrel over the Seymour Estate," Wiltshire Archaeological & Natural History Magazine, 96 (2003): pp. 98–110.
  6. ^ a b c Burke, Bernard (1866). A Genealogical History of the Dormant, Abeyant, Forfeited, and Extinct Peerages of the British Empire:. Harrison. p. 81. https://books.google.com/books?id=1ysWkXKSrpIC&pg=PA81&dq=%22Thomas+Bruce%22+%223rd+Earl+of+Elgin%22&as_brr=3&ei=etukSIuNGJD0jgHx87D7BA 
イングランド議会 (en
先代:
トマス・ベネット
エドワード・ゴッダード英語版
庶民院議員(マールバラ選挙区英語版選出)
1679年 – 1685年
同職:トマス・ベネット
次代:
ジョン・アーンリー英語版
サー・ジョージ・ウィラビー
先代:
トマス・シン英語版
サー・ウォルター・セント・ジョン
庶民院議員(ウィルトシャー選挙区英語版
1685年
同職:コーンベリー子爵英語版
次代:
コーンベリー子爵英語版
トマス・モンペッソン英語版
名誉職
先代:
エルギン伯爵英語版
ベッドフォードシャー統監英語版
1685年 – 1689年
次代:
ベッドフォード公爵
ハンティンドンシャー統監英語版
サンドウィッチ伯爵英語版の不在中)

1685年 – 1689年
次代:
マンチェスター伯爵
イングランドの爵位
先代:
ロバート・ブルース英語版
アイルズベリー伯爵
1685年 – 1741年
次代:
チャールズ・ブルース
ホールトンのブルース男爵
繰上勅書により)

1685年 – 1711年
スコットランドの爵位
先代:
ロバート・ブルース英語版
エルギン伯爵
1685年 – 1741年
次代:
チャールズ・ブルース