トマス・ブルース (第7代キンカーディン伯爵)

第7代キンカーディン伯爵トマス・ブルース英語: Thomas Bruce, 7th Earl of Kincardine1663年3月19日1740年3月23日)は、スコットランド貴族ジャコバイト

生涯編集

第4代キンカーディン伯爵アレクサンダー・ブルースとクリスチャン・ブルース(Christian Bruce、1737年3月18日没、ロバート・ブルースの娘)の息子として、1663年3月19日に生まれた[1]

1721年に兄アレクサンダーが死去すると、キンカーディン伯爵の爵位を継承した[1]

エディンバラに住む熱烈なジャコバイトであり、チャールズ若僭王の顧問官を務めたという[1]

1740年3月23日に死去、息子ウィリアムが爵位を継承した[1]

家族編集

レイチェル・ポンスフォート(Rachel Pauncefort、1753年3月17日没、ロバート・ポンスフォートの娘)と結婚、2男3女をもうけた[2]

  • ウィリアム(1740年9月8日没) - 第8代キンカーディン伯爵、子供あり
  • トマス(1739年没)
  • サラ(1699年12月 – 1795年7月3日)
  • クリスチャン(1775年2月23日没)
  • レイチェル(1789年6月29日没) - ジェームズ・ランディン英語版(1707年11月6日 – 1781年7月18日。第10代パース伯爵を自称して、姓をドラモンドに改めた。後に初代パース男爵に叙爵)と結婚、子供あり

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 273–274.
  2. ^ "Kincardine, Earl of (S, 1647)". Cracroft's Peerage (英語). 3 August 2005. 2019年11月23日閲覧
スコットランドの爵位
先代:
アレクサンダー・ブルース
キンカーディン伯爵
1721年 – 1740年
次代:
ウィリアム・ブルース