メインメニューを開く

トマス・ワトソン=ウェントワース (初代ロッキンガム侯爵)

初代ロッキンガム侯爵トマス・ワトソン=ウェントワース英語: Thomas Watson-Wentworth, 1st Marquess of Rockingham KB 1693年11月13日1750年12月14日)は、イギリスの政治家。ホイッグ党所属。1715年より庶民院議員を務めた後、1728年にモルトン男爵に、1734年にモルトン伯爵に、1746年にロッキンガム侯爵に叙された。

生涯編集

トマス・ワトソン英語版(後に姓をワトソン=ウェントワースに改める。第2代ロッキンガム男爵エドワード・ワトソンの三男)とアリス・プロビー(Alice Proby初代準男爵トマス・プロビー英語版の娘)の息子として生まれた。1707年5月15日にケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ英語版に入学、1708年にM.A.英語版の学位を修得[1]、同年にシェフィールド近くのホールフィールド・ハウス英語版を購入した。1723年に父からウェントワース・ウッドハウス英語版を継承すると改築を行い[2]、以降ウェントワース・ウッドハウスは次男チャールズの増築を経て現在に至る。

1715年イギリス総選挙モルトン選挙区英語版から出馬して庶民院議員に当選、1722年イギリス総選挙にも再選された。1723年に父が死去すると、父の代わりにヨークシャーにおけるホイッグ党員の指導者になり、1725年にはバス勲章を授与された。1727年イギリス総選挙ではヨークシャー選挙区英語版に鞍替えして再選されたが、1728年にモルトン男爵に叙されたため庶民院を離れた[2]。同時期に弁護士の助言を受けて、17世紀の古物収集家リチャード・ガスコイン(Richard Gascoigne、1579年 – 1661年)が遺した手稿を燃やしている[3]

1733年にアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命され、同年から1750年までウェスト・ライディング・オブ・ヨークシャー知事英語版を務めたほか、1734年11月にモルトン伯爵に叙され、1746年2月に第3代ロッキンガム伯爵トマス・ワトソンからロッキンガム男爵の爵位とロッキンガム城英語版を継承、同年4月にロッキンガム侯爵に叙された[2]。1750年12月14日に死去[2]ヨーク・ミンスターに埋葬された[1]。長男が早世したため、爵位は次男チャールズが継承した。

家族編集

 
ワトソン=ウェントワース家とフィンチ家、チャールズ・フィリップス作、1732年頃。

1716年9月22日、第2代ノッティンガム侯爵ダニエル・フィンチの娘メアリーと結婚、2男3女をもうけた。

脚注編集

  1. ^ a b "Wentworth, Thomas (WNTT707T)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  2. ^ a b c d Sedgwick, Romney R (1970). "WATSON WENTWORTH, Thomas (1693-1750), of Wentworth Woodhouse, Yorks". In Sedgwick, Romney. The House of Commons 1715-1754 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 19 May 2019.
  3. ^ Pearson, R. E. O. "Gascoigne, Richard". Oxford Dictionary of National Biography (in English) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/10423. (Subscription or UK public library membership required.)
グレートブリテン議会英語版
先代:
ウィリアム・パルムズ英語版
トマス・ワトソン=ウェントワース英語版
庶民院議員(モルトン選挙区英語版選出)
1715年1727年
同職:トマス・ワトソン=ウェントワース英語版 1715年 – 1722年
サー・ウィリアム・ストリックランド準男爵英語版 1722年 – 1724年
ヘンリー・フィンチ英語版 1724年 – 1727年
次代:
ヘンリー・フィンチ英語版
ウォーデル・ウェストビー英語版
先代:
ダウン子爵英語版
チョムリー・ターナー英語版
庶民院議員(ヨークシャー選挙区英語版選出)
1727年 – 1728年
同職:チョムリー・ターナー英語版
次代:
チョムリー・ターナー英語版
サー・ジョージ・サヴィル準男爵英語版
名誉職
先代:
バーリントン伯爵
ウェスト・ライディング・オブ・ヨークシャー知事英語版
1733年 – 1750年
次代:
ロッキンガム侯爵
ノース・ライディング・オブ・ヨークシャー首席治安判事英語版
1733年 – 1750年
グレートブリテンの爵位
爵位創設 ロッキンガム侯爵
1746年 – 1750年
次代:
チャールズ・ワトソン=ウェントワース
モルトン伯爵
1734年 – 1750年
モルトン男爵
1728年 – 1750年
イングランドの爵位
先代:
トマス・ワトソン
ロッキンガム男爵
1746年 – 1750年
次代:
チャールズ・ワトソン=ウェントワース