メインメニューを開く

トマソ・アントニオ・ヴィターリ

トマソ・アントニオ・ヴィターリTomaso Antonio Vitali1663年3月7日 ボローニャ? - 1745年5月9日 モデナ)は、イタリアヴァイオリニストにして作曲家。父も有名な音楽家ジョヴァンニ・バティスタ・ヴィターリ(Giovanni Battista Vitali)である。

人物編集

1674年に父がモデナエステ家の宮廷副楽長に就任すると、ヴィターリも同行し、翌年には宮廷楽団のメンバーとなった。アントニオ・マリア・パッキオーニから作曲法を学び、1707年には宮廷楽長に昇進した。その後1745年に死去するまでモデナにとどまった。

弟子にはエヴァリスト・ダッラーバコジャン=バティスト・スナイエルカ・アントニオ・プレディエリらがいる。

彼の作品は、すべて器楽作品である。ソロ作品やトリオソナタといった作品は彼の父やアルカンジェロ・コレッリの影響を受けている。主要作品に「2つのヴァイオリン、チェロ、通奏低音オルガンのソナタ 作品番号1」(モデナ、1693年)や「ヴァイオリンとチェロとチェンバロのソナタ 作品番号4」(モデナ, 1701年)がある。

文献編集

  • Reich, Wolfgang. 1970. "Sein oder nicht sein? Nochmals zur 'Chaconne von Vitali'". Die Musikforschung 23, no. 1 (January–March): 39–41.
  • Newman, William S. 1972. The Sonata in the Baroque Era, third edition. The Norton Library. New York: W. W. Norton & Company.
  • Reich, Wolfgang. 1965. "Die Chaconne g-Moll: von Vitali?". Beiträge zur Musikwissenschaft 7:149–52.


外部リンク編集