メインメニューを開く

トマーシュ・スクラビー

チェコのサッカー選手

トマーシュ・スクラビー(Tomáš Skuhravý, 1965年9月7日 -)は、チェコ(旧チェコスロバキア)の元サッカー選手。ポジションはFW (CF) 。

トマーシュ・スクラビー Football pictogram.svg
Tomas Skuhravy 2008.jpg
名前
愛称 Bomber
ラテン文字 Tomáš Skuhravý
基本情報
国籍  チェコ
生年月日 (1965-09-07) 1965年9月7日(53歳)
出身地 チェスキー・ブロド
身長 193cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1984 チェコスロバキアの旗 スパルタ・プラハ 29 (4)
1984-1986 チェコスロバキアの旗 ユニオン・ヘプ 58 (17)
1986-1990 チェコスロバキアの旗 スパルタ・プラハ 113 (55)
1990-1995 イタリアの旗 ジェノア 164 (59)
1995-1996 ポルトガルの旗 スポルティングCP 4 (0)
1996-1997 チェコの旗 ヴィクトリア・ジジュコフ 0 (0)
代表歴
1985-1993 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア [1] 43 (14)
1994-1995 チェコの旗 チェコ [1] 6 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

スクラビーは1982年にスパルタ・プラハで選手キャリアをスタートすると、1990年にイタリアセリエAの古豪ジェノアへ移籍。一年目からウルグアイ出身のカルロス・アギレラと相性の良さを見せ、1990-91シーズンには2人がそれぞれ15得点を挙げる活躍でクラブをリーグ4位へ導いた。

1991-92シーズンのUEFAカップではレアル・オビエドディナモ・ブカレストステアウア・ブカレストリヴァプールを下し準決勝進出に貢献した。これらの記録はクラブの近年の歴史において最良の成績となっている。B降格となった1994-95シーズンも通算12ゴールを決める活躍を見、。最終節のトリノ戦でゴールを決め、勝利をもたらし、セリエA残留をかけたプレーオフに持ち込むが、プレーオフの末チームはセリエBに降格した。

スクラビーはジェノアで5シーズン半を過ごし、セリエAでは9ゴールとなった1993-94シーズンを除き毎年2桁ゴールを記録、リーグ通算164試合に出場し59得点を記録した。1995年のセリエB降格後もチームに残留したが、シーズン途中にポルトガルのスポルティングCPなどを渡り歩き1997年に現役を引退した。

チェコスロバキア代表としては、1985年に代表デビューを飾った。1990年のFIFAワールドカップ・イタリア大会では決勝トーナメント1回戦のコスタリカハットトリック[2]を含む5得点(サルヴァトーレ・スキラッチに次ぐ得点ランキング2位)を挙げる活躍を見せベスト8進出に貢献。1993年までに国際Aマッチ43試合に出場し14得点を記録した。その後、チェコ代表としてもプレーをし、6試合に出場3得点を記録した[3]

現役引退後はイタリアジェノバに在住し、地元テレビ局のサッカー解説者として活躍をしている。

エピソード編集

  • ジェノアでの最後のシーズンとなった1994-95シーズンにはアジア人初のセリエA選手となった三浦知良とチームメイトとなった。1994年12月4日に行われた第12節、UCサンプドリアとのダービーマッチではポストプレーから三浦のセリエA初得点をアシストした[4]

出典編集

外部リンク編集