トミー・アルドリッジ

トミー・アルドリッジTommy Aldridge1950年8月15日 - 、ミシシッピ州ジャクソン生まれ[1])は、アメリカ出身のHR/HMドラマー

トミー・アルドリッジ
Tommy Aldridge
Thin Lizzy (15).JPG
2007年6月2日、シン・リジィとして『Gods of Metal』でのパフォーマンス
基本情報
生誕 (1950-08-15) 1950年8月15日(70歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州ジャクソン
ジャンル サザン・ロックハードロックヘヴィメタル
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムパーカッション
活動期間 1970年 - 現在
共同作業者 ブラック・オーク・アーカンソー
パット・トラヴァース
ゲイリー・ムーア
オジー・オズボーン
モーターヘッド
ホワイトスネイク
シン・リジィ
テッド・ニュージェント
ヴィニー・ムーア
公式サイト www.tommyaldridge.com

サザン・ロック・バンドのブラック・オーク・アーカンソーパット・トラヴァースオジー・オズボーンホワイトスネイクゲイリー・ムーアテッド・ニュージェントシン・リジィほか、数多くのHR/HMミュージシャンと共演している。

ビートルズクリームジミ・ヘンドリックスレッド・ツェッペリンなどに感化され、ジョー・モレロジョン・ボーナムといったドラマーに影響を受けた。ヘヴィメタル界におけるツーバス奏者のパイオニアの1人でもある。

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において44位。

キャリア編集

1970年ブラック・オーク・アーカンソーに加入。1972年から1976年までの間に9枚のアルバムを発表し、アメリカを中心としたツアーなどで活躍した。

1978年から1981年までパット・トラヴァースのバンドに加入し、5枚のアルバムに参加したほか、1981年にはゲイリー・ムーアの『ダーティ・フィンガーズ』のレコーディングに参加(リリースは1983年)。

次いでオジー・オズボーンにスカウトされ、彼のバンドに加入。ランディ・ローズルディ・サーゾらと組み、オズボーン初期のバンドの屋台骨を支えた[2]

オジー・オズボーン・バンドの音源では、1982年のライブ・アルバム『悪魔の囁き』、1983年のスタジオ・アルバム『月に吠える』のレコーディングに参加。『月に吠える』完成直後にオズボーンの妻シャロン・オズボーンの意向で解雇され、同アルバムのツアーにはカーマイン・アピスが後任として加入したが、ツアー途中でアピスは脱退。オズボーンはアルドリッジを呼び戻し、結局ツアーの後半はアルドリッジがプレイした。1985年に行われた「ロック・イン・リオ」(クイーン、ホワイトスネイクらとの共演)を最後にオジー・オズボーン・バンドを脱退。

1987年、デイヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイクがリリースした『白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス』収録の「スティル・オブ・ザ・ナイト(Still of the Night)」のミュージック・ビデオ撮影に参加した後、アルバムのツアーのためにカヴァデールにスカウトされ、同PVに出演したエイドリアン・ヴァンデンバーグ(ギター、元ヴァンデンバーグ)、ヴィヴィアン・キャンベル(ギター、元ディオ)、ルディ・サーゾ(ベース、元クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン・バンド時代はアルドリッジの同僚)と共に、そのままホワイトスネイクのメンバーとなる。ホワイトスネイクは全米でブレイクし、アルドリッジは以降2年間に渡ってグループに在籍、1989年には『スリップ・オブ・ザ・タング』のレコーディングにも参加するが、この作品は商業的には前作ほどの成功を得られず、間もなくグループは解散した。

ホワイトスネイク解散後は、エイドリアン・ヴァンデンバーグ、ルディ・サーゾらと共にマニック・エデンを結成したほか、モーターヘッド、テッド・ニュージェントをはじめとした数多くのミュージシャンをサポート。1996年には、イングヴェイ・マルムスティーンの「Carry on Wayward Son」 (カンサスのカバー)のミュージック・ビデオに、脱退したアンダース・ヨハンソンの後任として出演し、「インスピレーション・ツアー」にも同行した。

2002年からは、メンバーを一新したホワイトスネイクのツアーに復帰したが、2007年に脱退(現在は復帰している)。2007年から2009年まではスコット・ゴーハムジョン・サイクスらが再結成したシン・リジィのツアーに参加。2009年にはAC/DCのとイギリス・スタジアム・ツアーがアナウンスされたが、直前にアルドリッジが事故で鎖骨を骨折するアクシデントに遭い、このプランはキャンセルされた。

膨大な数のレコーディングやライブのほか、ドラム・クリニックの主宰や様々なイベントでの演奏にも意欲的で、1980年代前半から多忙なツアー、レコーディングの合間を縫って多くの仕事を手掛けている。

趣味は自身のトレーニングを兼ねたサイクリング。

使用機材編集

当初はソナー製のドラムセットを使用していたが、後にヤマハへ切り替え30年以上に渡り愛用している。シンバルは、かつてジルジャンを使用していたが、現在はパイステ製のシンバルを愛用。

スティックはPRO MARKから発売されている自身のモデルを使用し、マッチドグリップで演奏する。演奏中の「スティック回し」は彼のトレードマークの一つともなっている。

ディスコグラフィ編集

ブラック・オーク・アーカンソー編集

  • If an Angel Came to See You, Would You Make Her Feel at Home? (1972年)
  • 『ラウンチン・ロール・ライブ』 - Raunch 'N' Roll Live (1973年)
  • High on the Hog (1973年)
  • Street Party (1974年)
  • Ain't Life Grand (1975年)
  • X-Rated (1975年)
  • Live! Mutha (1976年) ※1975年ライブ録音
  • Balls of Fire (1976年)
  • 10 Yr Overnight Success (1976年)
  • 『キング・ビスケット・ライヴ』 - King Biscuit Flower Hour Presents: Black Oak Arkansas (1998年) ※1976年録音

パット・トラヴァース・バンド編集

  • 『ヒート・イン・ザ・ストリート』 - Heat In The Street (1978年)
  • 『ライヴ!』 - Live! Go for What You Know (1979年)
  • 『クラッシュ・アンド・バーン』 - Crash and Burn (1980年)
  • 『ラジオ・アクティヴ』 - Radio Active (1981年)
  • Live in Concert (1992年)

ゲイリー・ムーア編集

オジー・オズボーン編集

ホワイトスネイク編集

マニック・エデン編集

  • 『マニック・エデン』 - Manic Eden (1994年)

その他編集

  • ルビー・スター : Scene Stealer (1976年)
  • ヴィニー・ムーア : 『マインズ・アイ』 - Mind's Eye (1986年)
  • M.A.R.S(マカパイン、アルドリッジ、ロック、サーゾ) : 『プロジェクト・ドライヴァー』 - Project : Driver (1986年)
  • モーターヘッド : 『マーチ・オア・ダイ』 - March ör Die (1992年)
  • ハウス・オブ・ローズ : 『ディーモンズ・ダウン』 - Demons Down (1992年)
  • PATA:『PATA』(1993年)
  • パトリック・ロンダット : Amphibia (1996年)
  • ジョン・サイクス : 『20thセンチュリー』 - 20th Century (1997年)
  • スティーヴ・フィスター : Age of Great Dreams (1999年)
  • パトリック・ロンダット : On the Edge (1999年)
  • シン・リジィ : One Night Only (2000年)
  • テッド・ニュージェント : Full Bluntal Nugity (2000年)
  • DESTINIA:『METAL SOULS』(2018年)

脚注編集

  1. ^ allmusic.comバイオグラフィ
  2. ^ 1981年にリリースされたオジーのセカンド・アルバム『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』のライナーノーツ、スリーブ写真には既にアルドリッジの写真が掲載されているが、実際のプレイは全編前任者のリー・カースレイクのもの。1982年3月にローズが死亡したため、オズボーン、ローズ、アルドリッジのコンビネーションが音盤で聴けるようになるには、1987年の『トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ』(1980年から1981年に収録されたライブ音源のコンピレーション)まで待たなければならなかった。

外部リンク編集