この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • トミー・カンリー

トーマス・ロバート・ケインリーThomas Robert Kahnle, 1989年8月7日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州オールバニ郡レイサム英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・ヤンキースに所属。

トミー・ケインリー
Tommy Kahnle
ニューヨーク・ヤンキース #48
Tommy Kahnle (47539597581).jpg
ニューヨーク・ヤンキース時代
(2019年4月4日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州オールバニ郡レイサム英語版
生年月日 (1989-08-07) 1989年8月7日(30歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト5巡目(全体175位)でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 2014年4月3日 マイアミ・マーリンズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称はザ・カーン[1]

経歴編集

プロ入りとヤンキース傘下時代編集

2010年MLBドラフト5巡目(全体175位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、プロ入り。この年は傘下のA-級スタテンアイランド・ヤンキースで11試合に登板し、0勝0敗3セーブ・防御率0.56だった。

2011年はA級チャールストン・リバードッグスで40試合に登板し、3勝5敗2セーブ、防御率4.22だった。

2012年はA+級タンパ・ヤンキースで30試合に登板し、2勝1敗6セーブ・防御率2.45だった。9月にAA級トレントン・サンダーへ昇格し、1試合に登板した。

2013年はAA級トレントンで46試合に登板し、1勝3敗15セーブ・防御率2.85だった。

ロッキーズ時代編集

2013年12月に行われたルール・ファイブ・ドラフトコロラド・ロッキーズから指名され移籍した[2]

2014年は開幕ロースター入りを果たし[3]4月3日マイアミ・マーリンズ戦でメジャーデビュー。3点リードの6回裏1死から登板し、1.2回を投げ1安打1失点1四球1奪三振だった[4]。この年は一年間メジャーで生き残り、54試合に登板して2勝1敗・防御率4.19という成績を残した。

2015年はマイナーオプションによりAAA級アルバカーキ・アイソトープスで開幕を迎えたが、6月1日に昇格。7月までは好投していたが、8月に防御率10.00と乱れ[5]8月27日にAAA級アルバカーキに降格した。シーズン終了後の11月20日DFAとなった[6]

ホワイトソックス時代編集

2015年11月24日にイェンシー・アルモンテ英語版とのトレードで、シカゴ・ホワイトソックスへ移籍した[7]

2016年、登板機会が年々減少し、29試合のリリーフ登板に留まった。27.1イニングで20四球を与え、与四球率6.6と制球難は改善されなかったが、自己ベストの防御率2.63をマークし、一定の成長を示した。

ヤンキース時代編集

2017年7月19日にタイラー・クリッパードイアン・クラーキン英語版ブレイク・ラザーフォード英語版ティト・ポロとのトレードで、トッド・フレイジャーデビッド・ロバートソンとともにヤンキースへ移籍した[8]。8月24日のタイガース戦で5回にマイケル・フルマーゲイリー・サンチェスに死球を与えられ、その報復として6回裏にミゲル・カブレラに対して背後を通過する投球を行い、退場になった[9]。8月25日に前日の乱闘の件で罰金処分が科せられた[10]。移籍後は32試合に登板し、1勝1敗、防御率2.70とリリーフの一角として存在感を示した。シーズントータルでは自己最多となる69試合に登板、2勝4敗、防御率2.59を記録。与四球率も2.4に改善され、奪三振率は自己最高となる13.8を記録するなど大きく飛躍した1年だった。

2018年は開幕から球速低下に苦しみ、4月17日に肩腱炎で故障者リスト入りした。5月25日にMLBへ復帰したが、球速は回復せず6月4日に3Aのスクラントンへオプション降格された。8月3日にMLBへ再び昇格するも、結局球速は回復することはなく成績も大幅に悪化した。フォーシームの平均球速は2017年と比較して約3mph低下し[11]、与四球率は5.79とコマンドにも苦しんだ。

2019年は開幕から安定感のある投球が続き、自身最多・チーム2位となる72試合に登板。8月以降17.2イニングで12失点と調子を落としたが、シーズン全体では3勝2敗27ホールド・防御率3.67・与四球率2.93と前年から大きく成績を回復させた。

投球スタイル編集

オーバースローから、最速球速100.6mph(162km/h)・平均98mph(158km/h)のフォーシームを中心に、決め球である平均90mph(145km/h)のチェンジアップ、平均87mph(140km/h)のスライダーで投球を組み立てる[13][14]

通算の被wOBAが左打者は.283、右打者は.294[12]と、右投手ながら左打者に強く、2014年の対左打率はプレシーズンゲームで.100 (20打数2安打) 、レギュラーシーズンで.184に抑え込んだ[14]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 COL 54 0 0 0 0 2 1 0 8 .667 285 68.2 51 7 31 2 1 63 7 0 39 32 4.19 1.19
2015 36 0 0 0 0 0 1 2 10 .000 155 33.1 31 3 28 1 0 39 3 0 22 18 4.86 1.77
2016 CWS 29 0 0 0 0 0 1 1 5 .000 119 27.1 21 2 20 3 0 25 0 0 8 8 2.63 1.50
2017 37 0 0 0 0 1 3 0 7 .250 141 36.0 28 3 7 1 0 60 2 0 12 10 2.50 0.97
NYY 32 0 0 0 0 1 1 0 8 .500 115 26.2 25 1 10 0 2 36 3 0 8 8 2.70 1.31
'17計 69 0 0 0 0 2 4 0 15 .333 256 62.2 53 4 17 1 2 96 5 0 20 18 2.59 1.12
2018 24 0 0 0 0 2 0 1 2 1.000 107 23.1 23 3 15 0 0 30 2 0 22 17 6.56 1.63
2019 72 0 0 0 0 3 2 0 27 .600 248 61.1 45 9 20 0 2 88 8 0 27 25 3.67 1.06
MLB:6年 284 0 0 0 0 9 9 4 67 .500 1170 276.2 224 28 131 7 5 341 28 0 138 118 3.84 1.28
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2014 COL 54 8 5 2 1 .867
2015 36 3 1 0 0 1.000
2016 CWS 29 6 4 0 0 1.000
2017 37 2 0 0 0 1.000
NYY 32 1 1 0 0 1.000
'17計 69 3 1 0 0 1.000
2018 24 1 2 1 0 .750
2019 72 4 7 0 1 1.000
通算 284 25 20 3 2 .938
  • 2019年度シーズン終了時

背番号編集

  • 54(2014年 - 2015年)
  • 48(2016年 - )

脚注編集

  1. ^ Yanks Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  2. ^ “Rockies select RHP Tommy Kahnle with 8th selection in Major League phase of Rule 5 Draft”. Rockies Press Release. MLB.com. (2013年12月12日). http://m.rockies.mlb.com/news/article/64624024 2015年11月23日閲覧。 
  3. ^ “Rockies announce active roster for Opening Day”. Rockies Press Release. MLB.com. (2014年3月29日). http://m.rockies.mlb.com/news/article/70426282 2015年11月23日閲覧。 
  4. ^ Scores for Apr 3, 2014”. ESPN (2014年4月3日). 2015年11月23日閲覧。
  5. ^ Tommy Kahnle Stats, Fantasy & News” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  6. ^ Greg Johns (2015年11月20日). “Axford among four DFAed by Rockies” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  7. ^ Steve Adams (2015年11月24日). “White Sox Acquire Tommy Kahnle From Rockies” (英語). MLB Trade Rumors. 2015年11月25日閲覧。
  8. ^ Bryan Hoch (2017年7月19日). “Yanks get Frazier's power, extra relief in blockbuster” (英語). MLB.com. 2017年7月20日閲覧。
  9. ^ Yanks-Tigers dust up a prelude to punishment MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月25日閲覧
  10. ^ Miggy suspended 7 games, Sanchez 4 in fracas MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年8月26日閲覧
  11. ^ BrooksBaseball.net Player Card: Tommy Kahnle”. www.brooksbaseball.net. 2018年12月8日閲覧。
  12. ^ a b Pitching Stats ≫ PitchFx ≫ Overview”. FanGraphs.com. 2017年7月19日閲覧。
  13. ^ 各球種の平均球速は2017年シーズンに基づく。[12]
  14. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、457頁。ISBN 978-4-331-51921-9

関連項目編集

外部リンク編集