トムキャット・スクリーミング・アウトサイド

ローランド・オーザバルのアルバム

トムキャット・スクリーミング・アウトサイド[2]Tomcats Screaming Outside)は、イギリスのミュージシャンで、ティアーズ・フォー・フィアーズローランド・オーザバルによる最初の(そして現在まで唯一の)ソロ・アルバムである。2001年4月2日にリリースされた。

トムキャット・スクリーミング・アウトサイド
ローランド・オーザバルスタジオ・アルバム
リリース
録音 1998年-2001年
ジャンル ポップ・ロックドラムンベースエレクトロニカ
時間
レーベル イーグル・レコード
Gold Circle
プロデュース ローランド・オーザバル
アラン・グリフィス
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

解説編集

1990年代(バンドメイトであるカート・スミスが脱退した後)、本作が彼自身の名前でリリースされた最初のレコーディングであった。オーザバルがアラン・グリフィスと組んだ最後の作品でもあり、本作のほとんどの曲と、その前のティアーズ・フォー・フィアーズによる2枚のアルバムはオーザバルと共同で作曲されたものであった。アルバムは大規模なリリースはされず、チャートでは奮わなかったが、ドラムンベースアンビエント・テクノトリップホップの質感を、ポップな曲づくりで巧妙に融合させているとして、複数の批評家から称賛を得た。Dan Gennoeは、Amazon.comの編集レビューで、「ソロ・アルバムかどうかはともかく、『トムキャット・スクリーミング・アウトサイド』はここ10年で最も素晴らしいティアーズ・フォー・フィアーズのアルバムだ」と述べている。

2000年のインタビューで、オーザバルはアルバムへの影響について次のようにコメントしている。「たどり着きたい場所の絶対的で具体的なビジョンから始め、ドラムンベースやジャングルといった、とても異なったリズム・アプローチでスタートしたんだ。当初の計画とはちがう仕上がりになったけどね」。

アメリカでのアルバム発売(Gold Circle Recordsから)は、アメリカ同時多発テロ事件を経験したのと同日の2001年9月11日にリリースされることになるという不幸な偶然の一致を持っており、ティアーズ・フォー・フィアーズのコアなファン以外にはほとんど告知が行き届かなかった。

収録曲編集

全曲、ローランド・オーザバル、アラン・グリフィス作曲(それ以外は下記参照)

  1. チケット・トゥ・ザ・ワールド - "Ticket to the World" – 5:48
  2. ロウ・ライフ - "Low Life" – 4:36 (オーザバル)
  3. ヒプノカルチャー - "Hypnoculture" – 3:13 (オーザバル)
  4. バレッツ・フォー・ブレインズ - "Bullets for Brains" – 4:08
  5. フォー・ザ・ラヴ・オブ・ケイン - "For the Love of Cain" – 4:06 (オーザバル)
  6. アンダー・イーサー - "Under Ether" – 5:51
  7. デイ・バイ・デイ・バイ・デイ・バイ・デイ・バイ・デイ - "Day By Day By Day By Day By Day" – 4:35
  8. ダンデライオン - "Dandelion" – 3:03
  9. ヘイ・アンディ! - "Hey Andy!" – 4:25 (オーザバル)
  10. キル・ラヴ - "Kill Love" – 5:40
  11. スノウ・ドロップ - "Snowdrop" – 4:23
  12. メイビー・アワ・デイズ・アー・ナンバード - "Maybe Our Days Are Numbered" – 4:47
  13. ロウ・ライフ (Supersub Mix) - "Low Life (Supersub Mix)" – 4:58 ※日本盤ボーナストラック
  14. ロウ・ライフ (President Who? Mix) - "Low Life (President Who? Mix)" – 4:50 ※日本盤ボーナストラック

シングル編集

「Low Life」(ロウ・ライフ)は、アルバムからの最初のシングル(日本未発売)。ヨーロッパ本土では商業的なリリースがされたが、英国でシングルをリリースする計画は土壇場で中止された。「Low Life」はアメリカでもアダルト・オルタナティヴ・ラジオで流された。アルバムからのセカンド・シングルとして「For the Love of Cain」が計画されていたが、ドイツではファースト・シングルがチャートで成功しなかったためキャンセルされた。限定数のコピーだけがオーザバルの公式ウェブサイトを通じて販売された。

  • "Low Life" (2001年3月12日)
  1. "Low Life" (Album Version) – 4:37
  2. "Low Life" (Supersub Mix) – 4:58
  3. "Low Life" (President Who? Mix) – 4:50
  4. "Low Life" (Radio Edit) – 4:07
  • "For the Love of Cain" (2001年8月)
  1. "For the Love of Cain (Radio Edit) – 3:33
  2. "Day By Day By Day By Day By Day" (Album Version) – 4:35
  3. "Low Life" (Album Version) – 4:37
  4. "Low Life" (Video) – 4:35

参加ミュージシャン編集

  • ローランド・オーザバル (Roland Orzabal) - ギター、キーボード、プログラミング、ボーカル
  • アラン・グリフィス (Alan Griffiths) - ギター、キーボード、プログラミング
  • デヴィッド・サットン (David Sutton) - ベース
  • ニック・ディヴァージリオ (Nick D'Virgilio) - ドラム
  • マーク・オドノフュー (Mark O'Donoughue) - エンジニア、ミキシング

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Wilson, MacKenzie. Tomcats Screaming Outside at Allmusic. Retrieved October 18, 2012.
  2. ^ 日本盤帯には『トムキャッツ・スクリーミング・アウトサイド』の表記もある。

外部リンク編集