トムス童夢・セリカC

トムス童夢・セリカCは、1982年世界耐久選手権日本大会 (WEC-JAPAN) への参戦のためにトムス童夢が開発した、日本初のグループCカー。

概要編集

エンジンはトヨタWRCグループBセリカツインカムターボにも搭載される4T-G型 2.1リットル直列4気筒 ツインカムターボ。本来グループCは純粋なレーシングマシンなのだが、トヨタが予算を宣伝部から捻出するため市販車であるセリカのイメージを残すことを要望し、ルーフにA60系セリカのイメージが強く残ったスタイルとなった。イメージは表現できているがセリカのパーツは一切使っていない純粋なグループCカーである。

デビュー戦は82年8月の鈴鹿1000kmだが、1周もできないままリタイヤとなる。「本番」の10月のWEC富士6時間では、カウルのトラブルで一時遅れるも完走を果たし、5位に入賞する。これに気をよくしたトヨタは、翌年セリカのイメージの呪縛を解き、完全ウイングカーで市販車のイメージを一切持たないグループCカー、トムス・83Cを投入する事となった。なお1983年4月の鈴鹿500km、6月の富士500kmには、セリカCのフロントカウルを一部改良したトムス・82Cとしてエントリーしている。