メインメニューを開く

概要編集

30万 - 10万年前に活動した火山であるが、現在は完全に活動を停止している。山頂に溶岩ドーム噴火口があり、噴火口は一部が崩れていてU字型になっている。麓の新得町側にはトムラウシ温泉がある。

トムラウシとは、アイヌ語で「花の多いところ」を意味するとも、「水垢が多いところ」の意だともいわれる。国土地理院一等三角点の名称は「富良牛山」と記されている[1]が、これはアイヌ語起源の地名によく用いられる当て字である。

奥深い山である故に、広大な花畑や湖沼などの大自然が荒らされることなく残っている。山の上部は森林限界ハイマツ帯で、池塘や沼が点在し高山植物が群生している箇所がある。山腹北面の溶岩台地には大きな岩が積み重なった「ロックガーデン」と呼ばれる一帯があり、ナキウサギの生息地になっている。ロックガーデンの北側も岩が点在する一帯で「日本庭園」と呼ばれており、チングルマエゾノツガザクラなどの高山植物が見られる。山頂の直下には北側に北沼、南西部に南沼があり、イワヒゲエゾコザクラコマクサなどの高山植物が見られる。南沼から南に下っていくと「トムラウシ公園」と呼ばれる一帯があり、エゾノハクサンイチゲなどの高山植物が見られる。山域は1934年(昭和5年)に大雪山国立公園の特別保護地区に指定された[5]

登山編集

 
大雪山系で見られるエゾノツガザクラ
 
大雪山系で見られるエゾコザクラ

1926年(大正15年)5月に、北海道大学山岳部のパーティーが積雪期の初登頂をした[6]

登山ルートは、新得町・トムラウシ温泉からのもの、東川町天人峡温泉からのもの、北から白雲岳・忠別岳を経てくる縦走路などがあるが、奥深い山であるため、最短ルートであるトムラウシ温泉短縮登山口からのコースを用いても山頂まで往復8時間半ほどかかり[7]山小屋などの設備も少ない。その上、天候が崩れると夏でも体感温度氷点下まで下がることがあり[7]、これによる気象遭難事故もたびたび起きている。

周辺の施設編集

登山道周辺には、避難小屋キャンプ指定地がある[8]。最寄りの山小屋は、無人のヒサゴ沼避難小屋で、南のトムラウシ温泉には国民宿舎東大雪荘がある。

名称 所在地 標高
(m)
トムラウシ山からの
方角と距離 (km)
収容
人数
キャンプ
指定地
備考
白雲岳避難小屋 白雲岳の南東の肩 1,990  北 15.5
60
テント80張 夏期のみ管理人常駐
忠別岳避難小屋 忠別岳と五色岳の中間点東 1,620  北東 6.9
30
テント15張 無人
ヒサゴ沼避難小屋 ヒサゴ沼畔 1,600  北東 3.0
30
テント30張 無人
南沼キャンプ指定地 山頂南西直下 1,950  南西 0.7 テント20張
国民宿舎東大雪荘 トムラウシ温泉 650  南 7.6
118
通年営業、登山口
トムラウシ自然休養林野営場 東大雪荘の西 680  南 7.6 テント150張

遭難事故編集

夏場でも3件の死亡事故例が報告されている。

  • 2002年7月11日、4名と8名のパーティー2組が台風6号による暴風雨で遭難。山中に足止めされ、2日後に救出されたものの、2名の女性が脳梗塞低体温症で死亡した。事故を発生させたガイドは業務上過失致死で起訴され、2004年10月5日に旭川地方裁判所はガイドに対し、禁固8か月(執行猶予3年)の判決を下した[9]
  • 2009年7月16日、中高年のグループ18人(うちガイド3人)が天候急変による低体温症で遭難し、ガイド1人や他の単独登山者1人と合わせて9名が死亡する遭難事故が発生した[10]。詳しくはトムラウシ山遭難事故を参照。
  • 2015年7月8日、単独で登山していた68歳男性が北沼付近で倒れているのが発見され、収容後に死亡が確認された。凍死とみられている[11]

地理編集

周辺の山編集

大雪山の白雲岳と忠別岳を経て、オプタテシケ山十勝岳へ延びる稜線上にある。忠別岳との間には、五色岳 (1,868 m) と化雲岳 (1,954 m) があり、オプタテシケ山との間には、ツリガネ山 (1,708 m) とコスマヌプリ (1,626 m) がある。山頂から南東2.3 kmの位置には、前トムラウシ山 (1,649 m) がある。

山容 山名 標高
(m)
三角点等級
基準点名[1]
トムラウシ山からの
方角と距離 (km)
備考
  旭岳 2,290.89  一等
「瓊多窟」
 北 15.2 北海道の最高峰
日本百名山
  石狩岳 1,967  東 14.2 日本二百名山
  忠別岳 1,962.75  二等
「忠別岳」
 北東 8.0 忠別岳避難小屋
  トムラウシ山 2,141.19  一等
「富良牛山」
  0 日本百名山
  ニペソツ山 2,012.88  三等
「二塀卒山」
 南東 16.8 日本二百名山
  オプタテシケ山 2,012.48  三等
「美瑛岳」
 南西 10.1 日本三百名山
  十勝岳 2,077  南西 17.9 日本百名山

源流の河川編集

以下の源流の河川[疑問点]は、それぞれ石狩湾太平洋に流れる。

  • クワウンナイ川(石狩川水系忠別川支流
  • トムラウシ川、パンケトムラウシ川、カムイサンケナイ川、ユウトウムラウシ川(十勝川の支流)

トムラウシ山の風景編集

テレビ番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年4月6日閲覧。
  2. ^ 日本の主な山岳標高(北海道の山)”. 国土地理院. 2011年4月6日閲覧。
  3. ^ トムラウシ山遭難事故 調査報告書 - 公益社団法人日本山岳
  4. ^ 『日本百名山』深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4
  5. ^ 大雪山国立公園紹介”. 環境省自然環境局. 2011年4月6日閲覧。
  6. ^ 『日本の山1000』山と溪谷社、1992年8月、23頁。ISBN 4635090256
  7. ^ a b トムラウシ山安全マップ (PDF)”. 新得警察署. 2016年2月6日閲覧。
  8. ^ 『山と溪谷2011年1月号付録(山の便利手帳2011)』山と溪谷社、2010年12月、74-76頁。 ASIN B004DPEH6G
  9. ^ 遭難事故 2002年7月トムラウシ[信頼性要検証]
  10. ^ 大雪山系で遭難、10人死亡北海道新聞、2009年7月17日)
  11. ^ 北海道・トムラウシ山、登山の男性死亡 宮城の68歳 北海道新聞、2015年7月8日
  12. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 日本百名山 トムラウシ(1994年9月13日放送)”. NHK. 2011年4月6日閲覧。
  13. ^ さわやか自然百景 (2001年8月5日放送)”. NHK. 2011年4月6日閲覧。
  14. ^ クローズアップ現代 (2009年7月23日放送)”. NHK. 2011年4月6日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集