トム・ウィルソン (音楽プロデューサー)

トム・ウィルソン(Thomas Blanchard Wilson Jr.、1931年3月25日 - 1978年9月6日)は、アメリカ合衆国音楽プロデューサー

トム・ウィルソン
出生名 Thomas Blanchard Wilson Jr.
生誕 1931年3月25日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ウェーコ
死没 (1978-09-06) 1978年9月6日(47歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ジャズフォークロック
職業 音楽プロデューサー
活動期間 1956年 - 1978年
公式サイト TOM WILSON Record Producer

目次

来歴編集

テキサス州ウェーコ市出身。アフリカ系アメリカ人である。ウェーコにあるA. J. ムーア高校に入学し、ニューホープ・バプテスト教会に入った[1]フィスク大学に入学したのち、ハーバード大学に移った。そこでハーバード・ニュー・ジャズ・ソサエティに深く関わるにようになる。

大学卒業後、900ドルを借りてマサチューセッツ州ケンブリッジにトランジション・レコードを設立した。トランジション・レコードはセシル・テイラーのデビュー・アルバムやサン・ラなどを手がけたが、1957年に倒産。同社のカタログはブルーノート・レコードデルマーク・レコードに売られた。同年、ウィルソンはユナイテッド・アーティスツ・レコードに働き口を見つけ、そこからサヴォイ・レコードを含む様々なジャズ・レーベルでプロデューサーとして活躍した[2]

1963年、コロムビア・レコードA&R部門に就職[3]。同年4月24日、ニューヨークのコロムビア・スタジオで行われたボブ・ディランのレコーディング・セッションでプロデューサーを務める。デビュー時からディランのレコードを担当していたジョン・ハモンドとマネージャーのアルバート・グロスマンの関係が悪化したためと言われている。ウィルソンはディランとの出会いを次のように述べている。

フォークミュージックは特に好きではなかった。私はそれまでサン・ラコルトレーンをレコーディングしてきたからね。フォークミュージックは利口じゃない連中のための音楽だと思っていたし、ディランの歌も同程度にばかみたいなものだと思っていた。ところがスタジオに入ると、あふれるようにあの言葉が流れてきた。仰天したよ」[4]

この日から1965年6月16日に行われた「ライク・ア・ローリング・ストーン」のセッションまでディランの作品に関わった。コロムビア時代はサイモン&ガーファンクルも手がけた。

1966年、MGMレコードに移り、子会社のヴァーヴ・レコードにてマザーズ・オブ・インヴェンションヴェルヴェット・アンダーグラウンドとの契約にサインをした。ニコの『Chelsea Girl』のプロデュースも行った。

1970年代の初めにロサンゼルスに移住。マルファン症候群を患い、1976年に最初の心臓発作を起こす[3]1978年9月6日心筋梗塞のため死去。47歳没。

主なプロデュース作品編集

年号 アーティスト 作品名
1956年 セシル・テイラー Jazz Advance
1956年 ドナルド・バード Byrd's Eye View
1957年 サン・ラ Jazz by Sun Ra
1959年 ランディ・ウェストン Live at the Five Spot
1959年 セシル・テイラー Stereo Drive[5]
1959年 アート・ファーマー Brass Shout
1963年 ボブ・ディラン フリーホイーリン・ボブ・ディラン[6]
1964年 ボブ・ディラン 時代は変る
1964年 ボブ・ディラン アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン
1964年 ピート・シーガー In Concert – I Can See a New Day[7]
1964年 サイモン&ガーファンクル 水曜の朝、午前3時
1965年 サイモン&ガーファンクル サウンド・オブ・サイレンス(シングル)
1965年 ボブ・ディラン ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム
1965年 ボブ・ディラン ライク・ア・ローリング・ストーン(シングル)
1966年 アニマルズ Animalisms
1966年 ヴェルヴェット・アンダーグラウンドニコ 日曜の朝(シングル)
1966年 ブルース・プロジェクト Projections
1966年 ヒュー・マセケラ Hugh Masekela's Next Album
1966年 フリーダ・ペイン How Do You Say I Don't Love You Anymore
1966年 コニー・フランシス Live at The Sahara in Las Vegas
1966年 マザーズ・オブ・インヴェンション フリーク・アウト!
1967年 マザーズ・オブ・インヴェンション アブソリュートリー・フリー
1967年 エリック・バードン&ジ・アニマルズ Winds of Change
1967年 ニコ Chelsea Girl
1968年 エリック・バードン&ジ・アニマルズ The Twain Shall Meet
1968年 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド White Light/White Heat
1968年 ソフト・マシーン The Soft Machine[8]
1968年 Harumi Harumi[9]
1969年 ディオン Wonder Where I'm Bound[10]
1970年 カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ CJ Fish

脚注編集

  1. ^ Hall, Michael, "The Greatest Music Producer You've Never Heard of", Texas Monthly, January 6, 2014
  2. ^ Szwed, John (1997). Space is the Place. Payback Press. ISBN 0-86241-722-8. https://books.google.com/books?id=a0WS0zkdIJIC&printsec=frontcover. . Cf. page 185-186
  3. ^ a b Browne, David (November 4, 2015). “Remembering Bob Dylan and Velvet Underground's Pioneering Producer”. Rolling Stone (New York City: Wenner Media LLC). http://www.rollingstone.com/music/news/remembering-bob-dylan-velvet-undergrounds-pioneering-producer-20151104. 
  4. ^ Heylin, Clinton (2000). Bob Dylan: Behind the Shades Revisited. Perennial Currents. p. 115. ISBN 0-06-052569-X. https://books.google.com/books?id=T8cp7NvcGxoC&printsec=frontcover 2017年6月28日閲覧。. 
  5. ^ 1963年にジョン・コルトレーン名義で『Coltrane Time』として再発された。
  6. ^ フリーホイーリン・ボブ・ディラン』でウィルソンがプロデュースした楽曲は「北国の少女」「戦争の親玉」「ボブ・ディランの夢」「第3次世界大戦を語るブルース」の4曲。
  7. ^ Pete Seeger - In Concert - I Can See A New Day (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  8. ^ The Soft Machine』はチャス・チャンドラーとの共同プロデュース。
  9. ^ Harumi - Harumi (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  10. ^ 『Wonder Where I'm Bound』は4曲のみプロデュース。

外部リンク編集