メインメニューを開く

トム・ジョーンズ (歌手)

イギリスの歌手

トム・ジョーンズ(Sir Thomas Jones Woodward OBE, 通称 Tom Jones、1940年6月7日 - )は、イギリスポピュラー音楽歌手。南ウェールズの出身、ロサンゼルス在住。時として「ザ・ヴォイス」または「タイガー」と称される。

Tom Jones
トム・ジョーンズ
Tom Jones Hampton Court Palace 2007.jpg
基本情報
出生名 Thomas Jones Woodward
生誕 (1940-06-07) 1940年6月7日(79歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ・ポンタプリーズ
ジャンル ポップ・ミュージックブルー・アイド・ソウル
職業 シンガー
活動期間 1963年 –
公式サイト tomjones.com

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第71位[1]

目次

プロフィール編集

 
1969年、『ディス・イズ・トム・ジョーンズ』でジャニス・ジョプリンとデュエット

ダイナミックでソウルフルな歌唱で人気を得たボーカリストである。代表曲に「よくあることさ」(It's Not Unusual)、「ラヴ・ミー・トゥナイト(恋の終わり)」(Love Me Tonight)、「最後の恋」(I'll Never Fall in Love Again)、「デライラ」(Delilah)、「思い出のグリーングラス」(Green Green Grass of Home)、「シーズ・ア・レイディ」(She's A Lady)、「恋はメキ・メキ」(If I Only Knew)など数多く、「よくあることさ」「恋はメキ・メキ」などは現在の日本でもCMやTV番組のBGMとして使用されている。

オリジナル曲のみならずシャンソンカンツォーネを英語歌詞でカバーすることも多く、中には原曲以上にトム・ジョーンズのカバー版が広く知られている楽曲も数多い。たとえば原曲はイタリアのカンツォーネである「ラヴ・ミー・トゥナイト(恋の終わり)」(イタリア語原題 "Alla fine della strada" 英題 "Love Me Tonight"、ロレンツォ・ピラ作曲)、「あなたのような人」(イタリア語原題 "L'ultima occasione" 英題 "Once There Was A Time"、トニー・デル・モナコ作曲)、「ささやく瞳」(イタリア語原題 "Gli occhi miei" 英題 "Help Yourself"、カルロ・ドニーダ作曲)、「アイ(愛の告白)」(イタリア語原題 "Uno dei tanti" 英題 "I (Who Have Nothing)"、カルロ・ドニーダ作曲)、原曲はフランスのシャンソンである「愛の誓い」(フランス語原題 "Le monde est notre amour" 英題 "Till"、シャルル・ダンヴェール作曲)などは、トム・ジョーンズのカバー版によって国際的な知名度を持っている。

ラスベガスのショーを数多くこなし人気を集めた他、『007 サンダーボール作戦』、『何かいいことないか子猫チャン』の主題歌を歌ったことでも知られる。テレビ番組『ディス・イズ・トム・ジョーンズ』のホストも務めた。1996年にはティム・バートンが監督した映画マーズ・アタック!』に本人の役で出演し、同作の主題歌に「よくあることさ」が用いられた。

1999年バッキンガム宮殿エリザベス女王からOBE勲章を授与された。ちなみに同日CBE勲章を受章したのは俳優のロジャー・ムーア。また2006年には大英帝国ナイト位を授与された。

また、1970年代にはセックスシンボル的な扱いを受け人気を博した。

芸名の「トム・ジョーンズ」は、本名及び1963年映画、「トム・ジョーンズの華麗な冒険」にちなむ。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. 何かいいことないか、子猫ちゃん(1965年)
  2. サンダー・ボール(1965年)
  3. 思い出のグリーン・グラス(1966年)
  4. デライラ(1968年)
  5. ラヴ・ミー・トゥナイト(1969年)
  6. 最後の恋(1969年)
  7. 悲しき呼び声(1970年)
  8. ドータ・オブ・ダークネス(1970年)
  9. よくあることサ(1970年)
  10. アイ(1970年)
  11. シーズ・ア・レディ(1971年)
  12. パペット・マン(1971年)
  13. ライダース・イン・ザ・スカイ(1971年)
  14. 見果てぬ夢(1971年)
  15. いとしのルシール(1973年)
  16. キッス(1988年)withアート・オブ・ノイズ

アルバム編集

  1. ディス・イズ・トム・ジョーンズ(1969年)
  2. ライブ・イン・ラスベガス(1970年)
  3. デライラ(1970年)
  4. トム・ジョーンズ・ダブル・デラックス(1970年)
  5. トム・ジョーンズの世界(1970年)
  6. アイ(1971年)
  7. MAX20(1971年)
  8. オン・ステージ(1971年)
  9. ライダース・オン・ザ・スカイ(1971年) 原題:Green, Green Grass of Home
  10. シーズ・ア・レディ(1971年)
  11. コンパック(1971年)
  12. クローズ・アップ - CLOSE-UP - (1972年)
  13. シーザス・パレス(1972年)
  14. GEM(1972年)
  15. 見果てぬ夢~ラ・マンチャの男(1973年)
  16. ライヴ!トム・ジョーンズのすべて(1973年)
  17. いとしのルシール(1973年)
  18. GEM(1973年)

備考編集

  • トム・ジョーンズの来日公演を企画し成功させたのは、プロデューサーの康芳夫である。
  • シングル「恋はメキ・メキ」の日本版は、みうらじゅんがジャケットイラストを描いている。
  • 笑っていいとも!』でタモリが「トム・ジョーンズのライブのDVDならもっている」と発言した事がある。
  • イギリスのロックバンド、EMFの「アンビリーヴァブル」(1990年)をカヴァーしている。
  • 007 サンダーボール作戦』の主題歌「Thunderball」は大至急で作詞作曲されて録音されたため、トム・ジョーンズの本来の声域より高いキーで書かれていた。ぶっつけ本番に近いスタジオ録音で、ラストの長いハイノートを得意の大音声で歌いきったジョーンズは、頭に血が上ってその場に卒倒してしまった。本人も認めている有名なエピソードである。
  • TBSラジオ(当時は東京放送が運営)の『月刊愛川欽也・キンキンのパックインミュージック』(放送は2001年ごろから2003年3月)ではトム・ジョーンズの話をしていた。番組中にいきなり「ラブ・ミー・トゥナイト」のシャウト部分が流れ、そのたびに愛川欽也が参っていた(実際に苦手なのか演出なのかは不明だが、放送中にこういったシーンが何度もあった)。
  • 男子シングルフィギュアスケートエフゲニー・プルシェンコが、エキシビジョンに「Sex Bomb」を使用、筋肉着ぐるみ姿でストリップダンスをするという、衝撃的なプログラムを演じている。プルシェンコの奇抜なプログラムの代表作と言える。
  • 孫が二人いる。そのうちの一人アレクサンダーは、2006年コモンウェルスゲームズメルボルン大会で、射撃のウェールズ代表で出場。
  • シングル「キッス」は映画花嫁はエイリアンでオープニングに使われたが、トム・ジョーンズの曲としてよりアート・オブ・ノイズとして有名である。

日本公演編集

2月18日,19日 フェスティバルホール、21日 ニューラテンクォーター、23日,24日 日本武道館
11月19日 ロイヤルホテル(大阪)、20日 フェスティバルホール、21日,22日 日本武道館、24日 北九州市立総合体育館、26日 ホテルオークラ
11月15日 熊本ニュースカイホテル、16日 サンケイホール(大阪)、17日 北海道厚生年金会館、19日 中野サンプラザ、20日 愛知厚生年金会館
4月11日 昭和女子大学人見記念講堂(中止)、12日 オリックス劇場(中止)
※振替公演は行われず払い戻しによる対応となった。

脚注編集

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集