トム・ハウスThomas Ross House , 1947年4月29日 - )は、アメリカワシントン州シアトル出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

トム・ハウス
Tom House
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州シアトル
生年月日 (1947-04-29) 1947年4月29日(72歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト3巡目
初出場 1971年6月23日
最終出場 1978年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

投手コーチとしてノーラン・ライアンランディ・ジョンソンロブ・ネンケヴィン・ブラウンらを指導したことで知られる。

来歴・人物編集

現役時代編集

1965年シカゴ・カブスからドラフト11巡目で指名されるが契約せず南カリフォルニア大学に進学。1967年アトランタ・ブレーブスからドラフト3巡目で指名され契約し、1971年6月23日にメジャーデビュー。

カーブとスクリューを武器にブレーブスのリリーフとして活躍し、1974年には56試合に登板して102回2/3を投げ、6勝2敗11セーブ、防御率1.93という好成績を残した。翌1975年は58試合で7勝7敗11セーブを記録した。シーズン後にトレードでボストン・レッドソックスに移籍し、1977年5月に故郷に誕生した新球団シアトル・マリナーズに移籍した。マリナーズでは先発も務め2シーズン所属し、1979年シーズン直前に解雇され引退した。

コーチ時代編集

1985年テキサス・レンジャーズの投手コーチに就任。不振に陥っていた同い年のノーラン・ライアンを指導し40歳を過ぎていたライアンを復活させた。ライアンと二人三脚で編み出した独特のトレーニング法・調整法は、後年の投手に多大な影響を与え、著書として発表された。その他、ヒューストン・アストロズサンディエゴ・パドレスでコーチを務めた。

また、ボビー・バレンタインとは旧知の仲であり、1995年2003年千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプに臨時フィジカル・フィットネスインストラクターとして招聘され、小宮山悟黒木知宏渡辺俊介らを指導している。

エピソード編集

  • スペイン語を流暢に話すことができ、ラテンアメリカでも野球を指導した。
  • 心理学博士号を持っている。
  • 1970年代にステロイド剤を使用したことを認めている。しかし効果が現れず、シーズンオフ中に大学でステロイド剤使用の影響について研究してから後、使用をやめたという。サンフランシスコ・クロニクルのインタビューでは、体重が30ポンド(約14kg)増えたものの増加した筋肉が平均以下だった球速の上昇に寄与することはなく、かえって体重増が膝の故障を招き7度にわたる手術を要することになったとしてステロイド剤の使用は「失敗した実験」だったと述べている。
  • ブレーブス在籍時の1974年4月8日、チームメイトのハンク・アーロンベーブ・ルースの記録を破る通算715号本塁打を打った。ホームランボールはレフトフェンスとスタンドの間にあったブレーブスのブルペンに飛び、トム・ハウスが直接グラブでキャッチしたことで知られる。その後試合は中断され、アーロンを祝福するため内野へ向かい、アーロンにボールを手渡した。

2012年5月、NFLのQBアレックス・スミスを指導、スローイング・モーションの改善を施した[1]

通算投手成績編集

289試合登板 29勝23敗33セーブ 防御率3.79

著書編集

  • NOLAN RYAN'S PITCHER'S BIBLE (1991) ※ライアンとの共著

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ QBスミス、元MLB投手コーチの下でフォーム改善”. NFL JAPAN (2012年5月14日). 2012年5月15日閲覧。

外部リンク編集