トム・フェルトン

イングランドの俳優(1987-)

トム・フェルトン: Tom Felton, 本名: トーマス・アンドリュー・フェルトン(Thomas Andrew Felton)、1987年9月22日 - )は、イギリス俳優。映画『ハリー・ポッター』シリーズのドラコ・マルフォイ役で知られる。

トム・フェルトン
Tom Felton
Tom Felton
2010年11月
本名 Thomas Andrew Felton
トーマス・アンドリュー・フェルトン
生年月日 (1987-09-22) 1987年9月22日(35歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドエプソム
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 175cm. 5ft 8 1/2 in.
職業 俳優歌手
ジャンル ドラマ映画
活動期間 1996年 -
著名な家族 ナイジェル・アンスティ(Nigel Anstey. 祖父)
主な作品
映画
ハリー・ポッター』シリーズ
猿の惑星: 創世記
テレビドラマ
THE FLASH/フラッシュ
テンプレートを表示

略歴編集

サリー州エプソム生まれ。ピーター・フェルトンと、シャロン・アンスティの間に生まれた4人兄弟の末子で、ジョナサン、アシュリー、クリスという兄がいる。母方の祖父に、有名な地球物理学者であるナイジェル・アンスティがいる。身長175cm[1]

1995年、エージェントに紹介されたオーディションで約400人の子供の中から選ばれ、国際的広告キャンペーンに起用された後、『ボロワーズ/床下の小さな住人たち"Borrowers"』でスクリーンデビュー。1998年から、人気テレビシリーズ『バグズ』にジェームズ役で出演し人気子役となる。1999年アンナと王様』に出演、 2001年ハリー・ポッターと賢者の石』でドラコ・マルフォイを演じ、その後シリーズ最終作まで同役を演じた。

2011年、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』でMTVムービー・アワード悪役賞を受賞。同年の映画『猿の惑星: 創世記』でも悪役を演じている[2]

幼い頃から歌が上手く、ギルフォード大聖堂合唱団に入団を勧誘されたこともある。学生時代は学校と教会合わせて4つの合唱団に所属していた。2008年1月から「Feltbeats」の名でYouTubeに自作のミュージックビデオを投稿し、歌手活動を始めた。

人物・私生活編集

『ハリー・ポッター』に出演して以来、悪役を演じることが多いが、本人は正反対の気さくで謙虚な性格であるという。また、『ハリー・ポッター』の現場では、「素晴らしいスタッフや偉大なイギリス俳優たちと出会い、僕は天狗にならずに謙虚でいること、感謝することを学んだ」と語っている[3]

鯉釣りが趣味で、時間さえあれば釣りをしているという。Carp tournament to beginのインタビュー記事では、キャッチ・アンド・リリースについて「僕たちは文字通り、鯉を水から上げて、釣り針から外して重さを量り、写真を撮る。もし彼女(鯉)が美人ならキスして、それから水の中に放してやるんだ」と答えた。また、スポーツも得意でゴルフ、テニス、サッカー、アイススケート、ローラーブレード、バスケットボール、クリケット、水泳をこなす。

2007年8月に『ザ・サン[4]紙上で、1692年に北米マサチューセッツ州・セイラム村(現ダンバース)を震撼させたセイラム魔女裁判の犠牲者と遠い血縁関係にある事が報じられた。

イギリスの地球物理学者ナイジェル・アンスティは母方の祖父にあたる。

2008年から2016年まで、スタントコーディネーターで、『ハリー・ポッターと死の秘宝』ドラコの妻、アストリア・グリーングラス・マルフォイを演じたジェイド・オリヴィア・ゴードンと付き合っていたが、現在、彼女は、アメリカ人プロゴルファーのパトリック・ロジャースと結婚している。

ハリー・ポッタードラコ・マルフォイ役(顔は青白く、髪はプラチナブロンド)を演じるために、10年間毎日日焼け止めを塗る事や金髪を保つためにブリーチを週に1回するなど、役に入り込んで演じていたそう。

エピソード編集

2009年7月15日に日米同時公開された『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の大ヒットを記念して初来日。東京、名古屋、大阪の3都市で舞台挨拶を行い、8月1日の『王様のブランチ』の映画コーナーに生出演した。『ハリー・ポッター』シリーズのキャストが来日したことは過去にもあるが、生放送番組に出るのはこれが初であった。また、名古屋でインタビューを受けた際に名古屋城について聞かれ、「5分ぐらい外から見たけど、日本のホグワーツみたいだ!」と言って場内を笑わせた。 また、2010年11月に再来日し、各地でファンイベントに積極的に参加。悪役イメージを一掃させた。また、映画出演のために始めたゴルフは趣味の一つとなり、来日時でも各地でプレーし、スコア80台で回るなど周囲を驚かせた。本人は日本とのつながりを大切にし、できればコマーシャルにも出演したいなどの希望を持っている。

2011年3月11日に発生した東日本大震災に対し、トムは被災者支援のために直筆のメッセージ入りチャリティーTシャツの販売を企画した。売上金は「親御さんを亡くされた子供たちのサポートを」との本人の希望により全額『あしなが育英会 東日本大地震・津波遺児募金』に寄付された[5]。また、被災地ではタンパク質が足りていないと聞き、宮崎県産の温泉卵2000個を被災地に贈るなど、積極的に支援活動を行った。温泉卵は岩手県陸前高田市の避難施設に届けられ、被災して以来、卵を食べられなかった被災者から感謝されたという[6]。 

マルフォイを演じているため、ダニエル・ラドクリフのファンから、「ハリーをいじめるな」という手紙をもらったり、ファンから「名前をマルフォイに変えろ」と奇妙なメールが届くなど理不尽なクレームも来たという。また撮影現場に遊びに来た子どもたちが自分のことを素通りしたり、手を差し伸べても握手もしてくれなかったり、映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のプレミアでは6歳の子供から「クソ野郎」と罵倒されたりしている。しかし本人は「僕を本当にドラコだと思っている子供達がいるのは光栄だよ」「子供の夢を壊すのはサンタの存在を否定するのと同じだからね」と、映画という夢の世界に関わる役者としてのプロ魂で寛容に受け止めている。

またハリー・ポッターでお気に入りのキャラクターは、ケネス・ブラナーが演じるギルデロイ・ロックハートジェイソン・アイザックスが演じるルシウス・マルフォイだという。「もし映画で別の役をやれるとしたら何がいいか」という質問には、ルシウス・マルフォイヴォルデモート[7]をやりたいと語った。希望の寮はという質問にはスリザリンがいいと答えている。

主な出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1996 ボロワーズ/床下の小さな住人
The Borrowers
ピーグリーン・クロック
1999 アンナと王様
Anna and the King
ルイス.T.レオノウェンズ
セカンド・サイト
Second Sight
トーマス・インガム テレビ映画
2001 ハリー・ポッターと賢者の石
Harry Potter and the Sorcerer's Stone
ドラコ・マルフォイ
2002 ハリー・ポッターと秘密の部屋
Harry Potter and the Chamber of Secrets
ドラコ・マルフォイ
2004 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
ドラコ・マルフォイ
2005 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Harry Potter and the Goblet of Fire
ドラコ・マルフォイ
2007 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter and the Order of the Phoenix
ドラコ・マルフォイ
2009 ハリー・ポッターと謎のプリンス
Harry Potter and the Half-Blood Prince
ドラコ・マルフォイ
2010 伝説のロックスター再生計画!
Get Him to the Greek
本人 カメオ出演
ナイト・ウルフ/人狼憑異
13Hrs/Night Wolf
ゲイリー・アシュビー
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
Harry Potter and the Deathly Hallows - Part 1
ドラコ・マルフォイ
2011 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
Harry Potter and the Deathly Hallows - Part 2
ドラコ・マルフォイ
猿の惑星: 創世記
Rise of the Planet of the Apes
ドッジ・ランドン
2012 アパリション -悪霊-
The Apparition
パトリック
2013 ベル ある伯爵令嬢の恋
Belle
ジェームズ・アシュフォード
テレーズ 情欲に溺れて
In Secret
カミーユ・ラカン
2014 イントゥ・ザ・シー
Against the Sun
トニー・パストゥラ
2016 復活
Risen
ルシウス
2017 コードネーム:ストラットン
Stratton
カミングス
グリーンデイズ
Feed
マット
2018 オフィーリア
Ophelia
レアティーズ
2020 ベビーシッターのモンスターハンティング・ガイド
A Babysitter's Guide to Monster Hunting
グランギニョール

テレビドラマ編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 バグズ
Bugs
ジェームス 1エピソード
2012 ラビリンス
Labyrinth
レーモン・ロジェ・トランカヴェル ミニシリーズ
2014 MURDER IN THE FIRST/第1級殺人
Murder in the First
エリック・ブラント[8] 32エピソード
2016-2017 THE FLASH/フラッシュ
The Flash
ジュリアン・アルバート / アルケミー 17エピソード
2018 オリジン
Origin
ローガン 10エピソード

脚注編集

外部リンク編集