トム・マンキーウィッツ

トム・マンキーウィッツTom Mankiewicz1942年6月1日 - 2010年7月31日[1][2][3][4])は、アメリカ合衆国脚本家映画監督映画プロデューサー007シリーズの脚本で知られる。

トム・マンキーウィッツ

来歴編集

ロサンゼルスに生まれる。父はジョゼフ・L・マンキーウィッツ[注 1]、母はロサ・ストラドナー英語版[注 2]、伯父はハーマン・J・マンキーウィッツ[注 3]、兄はクリストファー・マンキーウィッツ[注 4]イエール大学演劇を専攻する[2]

1968年公開の『甘い暴走英語版』の脚色で、初めて名前がクレジットされた[2]。『007 ダイヤモンドは永遠に』で脚本のリライトに起用され、007シリーズに参加するようになる[1][2][3]。その後、監督のリチャード・ドナーの依頼で映画『スーパーマン』の脚本のリライトに携わり、『スーパーマンII』にも参加するが、脚本家ではなくスクリプト・コンサルタントとクレジットされた[1][2]。また、テレビシリーズ『探偵ハート&ハート』からは、監督も手がけるようになる[1][2]

2010年、膵癌で闘病の末[1]、68歳で死去。

主な作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 脚本家・監督。『三人の妻への手紙』、『イヴの総て』でアカデミー監督賞アカデミー脚色賞を受賞。
  2. ^ オーストリア出身の女優。
  3. ^ 市民ケーン』でアカデミー脚本賞受賞。
  4. ^ 脚本家・映画プロデューサー。

出典編集

外部リンク編集