トヨタスポーツセンター

トヨタスポーツセンターToyota Sports Center)は、愛知県豊田市にあるスポーツ施設である。

トヨタスポーツセンター
トヨタスポーツセンターの位置(愛知県内)
トヨタスポーツセンター
トヨタスポーツセンターの位置(豊田市(地区別)内)
トヨタスポーツセンター
所在地
愛知県豊田市保見町井ノ向57-230
座標 北緯35度8分12.11秒 東経137度6分54.7秒 / 北緯35.1366972度 東経137.115194度 / 35.1366972; 137.115194座標: 北緯35度8分12.11秒 東経137度6分54.7秒 / 北緯35.1366972度 東経137.115194度 / 35.1366972; 137.115194
開園 1973年5月16日
設備・遊具 #施設の概要を参照。
アクセス #アクセスを参照。
テンプレートを表示

概要編集

 
毎年12月、トヨタ自動車の社内駅伝大会が開かれている[1]。トヨタスポーツセンターの外周。

1973年5月16日、トヨタ自動車が全従業員およびその家族が使用できる施設として設置したものである[2]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する名古屋グランパスエイトが練習場として使用する他、ジャパンラグビートップリーグトヨタ自動車ヴェルブリッツトヨタ蹴球団トヨタ自動車硬式野球部、トヨタ自動車陸上競技部などのトヨタ自動車の運動部の練習施設である。また、なお、同敷地内にトヨタ工業学園が設置されている。

毎年12月第1日曜日にはトヨタ自動車の職場対抗の社内駅伝大会(正式名「HURE!フレ!駅伝」)が開かれている[1]。2018年12月2日に行われた第72回大会には、585チーム、計4,680名の走者が一般ロング、女性、シニア、ふれあいの4部門に参加した[3]。選手はアップダウンのきつい外周をまわり、フィールドでたすきを渡す(1周2.8キロ)。

2019年からは大相撲宮城野部屋名古屋場所中の宿舎として合宿施設を、実業団相撲部の土俵を稽古場として利用している[4]

施設の概要編集

  • 陸上競技場
  • 体育館
  • 水泳場
  • 硬式野球場
  • 軟式野球場
    • 屋内プール/50m×17m(水深1.5 - 2m)、17mx5m水深1m)、子供用プール
    • プールの営業時間/平日:10時 - 21時、日曜:10時 - 17時 
  • サッカー練習場(第1、第2)
  • サッカー場
  • バーベキュー場
    • コンロ6台、炊事場、トイレ、テーブル、イス

名古屋グランパスの練習場編集

グランパスのサッカー練習場には観覧設備が設けられ、熱心なファンが見学に訪れる。2016年に建てられた新クラブハウスと旧クラブハウス、選手・関係者用駐車場と隣接しており、練習後には選手とのファンサービスが受けられる。また練習場脇にグランパス元監督のドラガン・ストイコビッチの足型レリーフが設置されている。

センター開設当初からある第1グラウンド(天然芝1面)でトップチームの練習が行われている。また、Jサテライトリーグの試合も年に数回開催され、三重県営鈴鹿スポーツガーデン多治見市星ヶ台競技場など他の会場でのホームゲームは有料試合(ファンクラブ会員は会員証の提示で無料)であったが、トヨタスポーツセンターでの開催時は無料であった。

後に第2グラウンド(天然芝人工芝各1面、計2面)が完成し、おもに下部組織のトレーニングの拠点として、クラブハウスも併設されて使用されている。かつては第2グラウンドでもJサテライトリーグなどの試合が開催されていたが、最近ではセカンドチームの練習試合(対大学生など)などを含め専ら第1グラウンドが使用する。ただし、第1グラウンドでは6月頃と10月頃に夏芝、冬芝への張り替えを行うため、その時期に限ってはトップチームも一時的にトレーニング、練習試合に第2グラウンドを使用する。

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 佐久間博康「たすきつなぎ、団結強める 豊田 トヨタ自動車社内駅伝に566チーム」 『中日新聞』2019年12月2日付朝刊、県内版、12面。
  2. ^ 『トヨタ自動車75年史 資料編』トヨタ自動車、2013年3月31日、148頁。
  3. ^ 飯塚さき. “つなぐ「ものづくりのたすき」 トヨタ自動車社内駅伝大会”. 笹川スポーツ財団. http://www.ssf.or.jp/topics/tabid/1722/Default.aspx 2019年12月8日閲覧。 
  4. ^ 白鵬関、豊田にようこそ 名古屋場所へ宮城野部屋が宿舎中日新聞(2019年6月26日)2019年7月11日閲覧

外部リンク編集