トヨタテクニカルディベロップメント

画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2017年5月

トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 (英語: Toyota Technical Development Corporation、略称:TTDC) は、トヨタ自動車100%出資でトヨタグループに属する知的財産及び計測制御領域の専門企業である。

トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
Toyota Technical Development Corporation
種類 株式会社
略称 TTDC
本社所在地 日本の旗 日本
470-0334
愛知県豊田市花本町井前1-9
北緯35度6分58.2秒 東経137度10分22.3秒 / 北緯35.116167度 東経137.172861度 / 35.116167; 137.172861座標: 北緯35度6分58.2秒 東経137度10分22.3秒 / 北緯35.116167度 東経137.172861度 / 35.116167; 137.172861
設立 2006年平成18年)4月1日
業種 輸送用機器
法人番号 7180301018923 ウィキデータを編集
事業内容 知的財産(IP)事業、計測制御事業
代表者 代表取締役社長 香川佳之
資本金 5.5億円
売上高 161億2200万円(2021年03月31日時点)[1]
営業利益 8億7300万円(2021年03月31日時点)[1]
経常利益 8億8200万円(2021年03月31日時点)[1]
純利益 6億3100万円(2021年03月31日時点)[1]
純資産 63億2400万円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 128億0800万円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 962名(2018年4月1日現在)
主要株主 トヨタ自動車株式会社 100%
関係する人物 辻直樹(元社長)
外部リンク www.toyota-td.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

概要編集

2006年4月にトヨタ自動車株式会社の技術開発子会社(株式会社トヨタテクノサービス、株式会社トヨタマックス)の会社合併ならびに株式会社トヨタコミュニケーションシステムの製品開発機能の吸収により、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社(TTDC)が設立された。[2]2016年1月にToyota New Global Architecture(TNGA)の推進を目的として、トヨタ自動車株式会社と事業再編を実施し、車両開発機能をトヨタ自動車に移管した[3]。現在は事業継承した知的財産(IP)事業と計測制御事業を行っている。知的財産(IP)事業を専業で行う組織として世界最大規模で、グローバルトヨタ及びトヨタグループの技術戦略を担う企業である。

沿革編集

事業領域編集

知的財産(IP)事業
企業知財戦略、特許調査解析、技術動向調査、外国特許出願業務
技術翻訳/特許翻訳・通訳
技術翻訳、特許(明細書、公報等)翻訳、契約書翻訳、法務翻訳、広報・IR翻訳、などを専門分野とする
計測制御事業
計測機器・装置の開発、製作
装置・設備の企画、計画立案
モデルベース開発ソリューションの提案、提供
計測機器の校正、検査、修理
次世代事業の開発支援

所在地編集

  • 本社本館
  • トヨタ自動車 技術部内
    • 愛知県豊田市トヨタ町1番地
  • トヨタ自動車 東富士研究所内

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集