メインメニューを開く

トヨタマヒメ

伝承上の上古日本の女性

トヨタマヒメ豊玉姫日本書紀)またはトヨタマビメ豊玉毘売古事記)は、日本神話に登場する女神神武天皇(初代天皇)の祖母として知られる。

豊玉姫 / 豊玉毘売
豊玉姫と妹(玉依姫

神祇 国津神
全名 豊玉姫 / 豊玉毘売
別名 豊玉毘売命
神格 真珠巫女
綿津見神(綿津見大神、豊玉彦)
配偶者 火遠理命
鵜草葺不合命
綿津見神の宮
神社 霧島神宮若狭姫神社
テンプレートを表示

目次

概要編集

古事記』では豊玉毘売豊玉毘売命、『日本書紀』では豊玉姫と表記される。

海神(わたつみ)の娘で、竜宮に住まいする。真の姿は八尋の大和邇(やひろのおおわに)であり、異類婚姻譚の典型として知られる。神武天皇(初代天皇)の祖母であり、天皇の母玉依姫の姉にあたる。

豊玉毘売の「豊」は「豊かな」、「玉」を「玉(真珠)」と解し、名義は「豊かな玉に神霊が依り憑く巫女」と考えられる[1]

系譜編集

海神豊玉彦命(綿津見大神)の娘[2]。「豊玉姫」・「豊玉彦」のように、ヒメヒコの二者(この場合は父娘)がペアで統治を行う体制はヒメヒコ制と呼ばれる。『日本書紀』、『古事記』共に、妹に玉依姫・玉依毘売がいる。また、『古代豪族系図集覧』によれば、弟に宇都志日金拆命(穂高見命。阿曇氏の祖。)・振魂命尾張氏の祖)がいる。

系図編集

記録編集

 
火折尊と豊玉姫
—illustration by Evelyn Paul[3]

以下、特記以外は『日本書紀』によって記載する。

豊玉姫は海神(豊玉姫の父)の宮にやってきた火折尊と結婚し、火折尊はその宮に3年間住んだが、火折尊は故郷のことをおもってなげいた。これを聞いた豊玉姫は、自らの父である海神に「天孫悽然として数(しばしば)歎きたまう。蓋し土(くに)を懐(おも)いたまうの憂えありてか。」と言った。海神は火折尊に助言を与え、故郷に帰した。帰ろうとする火折尊に、豊玉姫は「妾(やっこ)已に娠めり。当に産まんとき久しからじ。妾必ず風濤急峻の日を以て海浜に出で到らん。請う我が為に産室を作りて相い持ちたまえ。」と言った。

のちに豊玉姫は約束の通り、妹の玉依姫を従えて海辺にいたった。出産に望んで、豊玉姫は火折尊に「妾産む時に幸(ねが)わくはな看(み)ましそ。」と請うた。しかし火折尊は我慢できず、ひそかにぬすみみた。豊玉姫は出産の時にヤヒロワニ(『古事記』では「八尋和邇」、『日本書紀』一書では「八尋大熊」)となった。

豊玉姫ははじて、「如(も)し我を辱しめざるならば、則ち海陸相通わしめて、永く隔て絶つこと無からまじ。今既に辱みつ。将(まさ)に何を以て親昵なる情を結ばんや。」と言い、子を草でつつんで海辺にすてて、海途を閉じて去った。これにより、子を彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊と名付けたという。

諸説編集

『日本書紀』の一書によれば、火折尊は豊玉姫の出産を櫛に火をともしてぬすみみたというが、この「一つ火」を灯す行為もタブーであったと指摘される[4]

祀る神社編集

豊玉毘売を祀る神社は無数に存在するため、ここでは主な神社を列挙する。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 西宮一民『新潮日本古典集成 第27回 古事記』新潮社、1979年6月12日、[要ページ番号]ISBN 4106203278
  2. ^ 古代豪族系図集覧』。
  3. ^ Davis, Freerick Hadland (1916), "The Age of the Gods" in: Japan, from the age of the gods to the fall of tsingtau. London, England: T.C & E.C Jack, Limited., pp. 24–25.
  4. ^ 小野寺静子 「〈ひそかに〉考」、『札幌大学教養部札幌大学女子短期大学部紀要』 第18巻227頁、1981年https://sapporo-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=5052&file_id=18&file_no=1 

参考文献編集

関連項目編集