メインメニューを開く

トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム

トヨタ自動車 > トヨタ自動車のモータースポーツ > トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム

トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)は、トヨタ自動車が主催する、若手レーシングドライバー育成プロジェクト

理念・目的編集

世界および日本でのトップカテゴリーにおいて活躍できるレーシングドライバーの育成を目的とし、人材の発掘と継続的なステップアップをバックアップするプロジェクトである。

歴史編集

2002年からのF1参戦を決定したトヨタ自動車では、ドライバーの人材不足を痛感しており、若手有能ドライバーの育成を急務としていた。モータースポーツの発達しているヨーロッパにおいては、自動車会社が主催・後援のもと、レーシング・スクールやそれと一体化したスカラシップ制度が発達して(例としてはフランスフォーミュラ・ルノー・エルフ・キャンパス)、幾多の人材を輩出しており、日本においても、ホンダが後援し鈴鹿サーキットで開講している「鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)」が、F3へのスカラシップを通じて、佐藤琢磨をF1に送り出すなどの成果を挙げていた。

そこでトヨタ自動車は、2000年に、日本国内で従来から実施していた「フォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)」のプログラムの一部を、若手ドライバーの発掘及びスカラシップを通じての英才教育プログラムとして体系化を行った。さらに2001年には、TDA(トヨタ・ドライバーズ・アカデミー)として海外での若手ドライバー育成プログラムを開始する。

2005年からは、FTRSとTDAの若手育成プログラム活動を一体化し、名称も新たに「TDP」に統一。「TDP」の名称として新たにスタートを切る事となった。2006年には、日本においてホンダ・日産と3社共同で新たなジュニア・フォーミュラとして「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」を発足させ、その中でもTDP所属ドライバーの育成を行っている。

2009年を持ってトヨタF1の活動が終了したため、一時活動規模が縮小。さらに2013年にはFCJが終了したため、2014年以降はドライバー育成の場をフォーミュラ4(F4)に移すなど外部環境の変化の影響も受けてはいるが、2019年現在も活動は継続しており、FIA 世界耐久選手権(WEC)やスーパーフォーミュラSUPER GTなどに若手ドライバーを送り込んでいる。

主な実績編集

(2006年)
(2007年)
  • 2007年度は中嶋一貴がF1チームのウィリアムズとテストドライバー契約を締結。中嶋一貴(DAMS所属)と平手晃平(Trident所属)はGP2に挑戦することが発表された。また、小林可夢偉は引き続きF3ユーロシリーズに挑戦することが同時に発表された。GP2では、中嶋一貴がシリーズ5位で、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。
  • F1世界選手権シリーズ第17戦ブラジルGPにおいて、中嶋一貴がAT&T WilliamsからF1デビューを飾った。
  • 全日本F3選手権において、TDP契約ドライバーとして大嶋和也が、初めてのシリーズチャンピオンに輝いた。
(2008年)
  • 中嶋一貴がウィリアムズのレギュラードライバーとなった。
(2009年)
  • 小林可夢偉がGP2アジア選手権でチャンピオンに輝く。
  • F1ブラジルGPで、けがで欠場したティモ・グロックに代わって小林可夢偉が参戦、デビューとなる。翌アブダビGPで6位入賞。
  • この年を以て、トヨタはF1から撤退した。
(2010年)
  • 小林可夢偉がザウバーに移籍。レギュラードライバーとなる。
(2011年)
  • 中嶋一貴が日本に復帰。SUPER GTとフォーミュラ・ニッポンに参戦。また、アンドレア・カルダレッリもフォーミュラ・ニッポンに参戦する。

2007年度TDP契約ドライバー一覧編集

ドライバー(チーム) カテゴリー シリーズランキング 備考
中嶋一貴(AT&T Williams) F1 22位(0ポイント) 第17戦ブラジルGP 決勝10位
中嶋一貴(DAMS) GP2 5位(44ポイント) 2位1回,3位5回
ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得
平手晃平(Trident Racing) GP2 19位(9ポイント) 2位1回
小林可夢偉(AMS Formula3) F3ユーロシリーズ 4位(59ポイント) 優勝1回,2位4回,3位2回
小林可夢偉(AMS Formula3) マカオグランプリ 予選リタイヤ
決勝13位(29番手スタート)
 
大嶋和也TOM'S マカオグランプリ 予選8位,決勝3位  
大嶋和也TOM'S 全日本F3選手権 1位(262ポイント) 優勝6回,2位4回,3位4回
石浦宏明(TOM'S) 全日本F3選手権 4位(201ポイント) 優勝2回,2位5回,3位7回
関口雄飛(ナウ・モータースポーツ) 全日本F3選手権 7位(101ポイント) 2位1回
石浦宏明・大嶋和也組(apr SUPER GT・GT300クラス 1位(89ポイント) 優勝2回,2位1回,3位2回
関口雄飛(RACING PROJECT BANDOH SUPER GT・GT300クラス 10位(32ポイント) 優勝1回
井口卓人(TOM'S SPIRIT) エッソフォーミュラ・トヨタ(FT) 3位(82ポイント) 優勝2回,2位1回,3位2回
松井孝允(TOM'S SPIRIT) エッソ・フォーミュラ・トヨタ(FT) 9位(21ポイント)  
井口卓人(TOM'S SPIRIT) フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ) 6位(115ポイント) 優勝1回,2位1回,3位2回
国本京佑(TOM'S SPIRIT) フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ) 1位(189ポイント) 優勝3回,2位3回,3位3回
松井孝允(TOM'S SPIRIT) フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ) 12位(50ポイント) 2位1回,3位1回
アンドレア・カルダレッリ(Prema Powerteam) フォーミュラ・ルノー2.0EURO及びイタリアシリーズ (EURO)24位(2ポイント)
(伊)12位(150ポイント)
伊 2位1回,3位1回
ヘンキ・ワルドシュミット(Prema Powerteam) フォーミュラ・ルノー2.0EURO及びイタリアシリーズ (EURO)7位(52ポイント)
(伊)7位(184ポイント)
(EURO)優勝1回,2位1回
(伊)優勝1回,2位1回,3位1回
マーティン・プロウマン(Prema Powerteam) フォーミュラ・ルノー2.0EURO及びイタリアシリーズ (EURO)26位(1ポイント)
(伊)7位(184ポイント)
伊 3位3回

2006年度TDP契約ドライバー一覧編集

ドライバー(チーム) カテゴリー シリーズランキング 備考
フランク・ペレラ(DAMS) GP2 17位(8Point) 2位1回
平手晃平(Manor Motosport) F3ユーロシリーズ 3位(61Point) 1勝・2位2回・3位2回
中嶋一貴(Manor Motosport) F3ユーロシリーズ 7位(36Point) 1勝・2位1回・3位2回
小林可夢偉(AMS Formula3) F3ユーロシリーズ 8位(34Point) 2位1回・3位2回
ヘンキ・ワルドシュミット(Prema Powerteam) フォーミュラ・ルノー2.0 EUROシリーズ 15位(19Point)  
マーティン・プロウマン(Prema Powerteam) フォーミュラ・ルノー2.0 EUROシリーズ 23位(7Point)  
片岡龍也(Team LeMans 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 7位(13Point) 3位・3回
大嶋和也(TOM'S) 全日本F3選手権 2位(185Point) 3勝・2位4回・3位1回
石浦宏明(ナウモータースポーツ) 全日本F3選手権 9位(64Point) 1勝
安岡秀徒(TOM'S) 全日本F3選手権 12位(15Point)  
松村浩之(TOM'S) 全日本F3選手権 15位(5Point)  
国本京佑(TOM'S SPIRIT) エッソ・フォーミュラ・トヨタ(FT) 6位(48Point) 2位1回
井口卓人(TOM'S SPIRIT) エッソ・フォーミュラ・トヨタ(FT) 7位(45Point)  
増田定臣(TOM'S SPIRIT) エッソ・フォーミュラ・トヨタ(FT) 10位(22Point)  
窪田義文(TOM'S SPIRIT) エッソ・フォーミュラ・トヨタ(FT) 12位(11Point)  
国本京佑(TDPスカラシップFCJ) フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ) 7位(47Point) 2位1回;
井口卓人(TDPスカラシップFCJ) フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ) 10位(34Point) 3位1回
窪田善文(TDPスカラシップFCJ) フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ) 13位(18Point)  
増田定臣(TDPスカラシップFCJ) フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ) 15位(14Point)  

外部リンク編集