メインメニューを開く

トヨタ・LRエンジンは、1LR-GUE型エンジンのみをラインアップするトヨタ自動車V型10気筒エンジン系列である。

Toyota-Yamaha Lexus LF-A Production Prototype engine 2009 Tokyo Motor Show.jpg
1LR-GUE型
製造期間 2009年- 2012年
タイプ V型10気筒 DOHC 40バルブ
排気量 4,805cc
内径x行程 88x79mm
圧縮比 12.0
最高出力 412kW (560PS) /8,700rpm
最大トルク 480N·m (48.9kgf·m) 7,000rpm
テンプレートを表示

1LR-GUE型編集



これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

2009年10月21日に発表されたスーパースポーツカー、レクサス・LFAのみに搭載される排気量4.8LのV型10気筒(V10)エンジンである。これは最高出力412kW(560PS,552hp)/8,700rpm、最大トルク480N·m(48.9kgf·m)/7,000rpmを発揮する高回転型自然吸気(NA)エンジンであるのみならず、日本の市販乗用車用エンジンとしては初めてのV10であり、さらに初めて500PSの大台を突破したエンジンでもある。

車両型式を「LFA」そのものにしたいというLFAチーフエンジニア棚橋晴彦の強い思いを実現するためには、トヨタの型式命名規則上、エンジン型式の1文字目を「L」にする必要があった[1]。本エンジンの開発当時、新規エンジン型式に付与される2文字目は「R」であったため、結果として「LR」エンジンとなった。

トヨタ自動車エンジン主査岡本高光の元で、トヨタ・2000GTの開発以来 永きに渡りトヨタと技術提携を行なっているヤマハ発動機の丸山平二が率いる開発チーム(ヤマハF1開発経験者を含む)や、トヨタモータースポーツ部門の技術者たちにより、かつてのグループCカー用RV10型やF1用RVX型 など、トヨタモータースポーツV10エンジンのイメージ(直接の技術的共通性はない)を受け継ぐハイパフォーマンスエンジンとして、新規開発されたものである。ハードウエア開発はヤマハ発動機、電子デバイスや制御システム開発をトヨタ自動車がそれぞれ主に担当した。

V10エンジンで等間隔爆発とするため、またフロントエンジンとしての車両搭載性の両面から、シリンダーブロックバンク角は72°に設定された。エンジン全高を抑えるためと、高G下での安定した潤滑を行なうため、ドライサンプとなった。スカベンジポンプは計7個装備しており、その内訳はクランクケース用3個(それぞれ前側2つ、中央1つ、後ろ側2つのクランクスローを受け持つ)、左右シリンダーヘッド用各1個、前後チェーンケース用各1個となっている。また、オイルクーラーはフィード側に水冷式、スカベンジ側に空冷式を持ち、それぞれの大容量化も併せて油温管理に万全を期している。オイルポンプやウォーターポンプは、エンジンリヤ側に設けた1段目をギア、2段目をサイレントチェーンとした駆動系で駆動する。エンジン稼動中は、この駆動ギヤの音が聞こえる。なお、1段目のギヤは1次偶力バランサを兼ねる。

コネクティングロッドチタン鍛造製、ピストンアルミニウム合金の鍛造製である。クランクシャフトニッケルクロムモリブデン鋼の鍛造製(表面窒化処理)で、前端にはねじり共振抑制に優れるビスカス式クランクダンパーを備える。また、後端にはクロムモリブデン鋼製の軽量フライホイールが付く。

オルタネーターカーエアコンコンプレッサー用の補機ベルトはサーペンタイン式である。

12.0の高圧縮比を実現するため、シリンダーヘッド燃焼室は全て3次元機械加工にて形成し、その容積ばらつきは極小である。動弁系はDOHC 4バルブで、バルブ挟み角は約25°である。その駆動系は1段目がギヤ、2段目がローラーチェーンとされ、伸びによるバルブタイミングのずれを最小限に抑えるため、左右バンク独立である。バルブは吸排気共にチタン製、高回転での追従性に優れる軽量高剛性なレバー比約1のスイングアーム式ロッカーアームを採用、カム慴動面はシリコン含有ダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティングされ、耐摩耗・低摩擦を実現している。またロッカーアームに一体化する形でオイルジェットが設けられており慴動面へオイルを供給している。 吸排気それぞれに連続可変式VVT-iを備えるが、その駆動用に専用のオイルポンプを採用することで、エンジン全体の油圧、油量は必要最低限に保ったまま(ポンプ駆動力の低減に貢献)、VVT-iの高速応答性を確保している。このオイルポンプは動弁駆動系ギヤの最終段に備わる1次偶力バランサーギヤによって駆動される。

高回転域でのレスポンスを重視するため、吸気系は気筒ごとに独立した10連独立電子制御スロットルバルブ式である。同じく高回転域での吸気効率を高めるため、インテークマニホールドは短く、サージタンク内にはカールタイプのエアファンネルを備えている。吸気ポートは、製造時の形状ばらつきと表面粗さを抑えるため、3次元機械加工にてポート加工されている。

燃料噴射系は、モータスポーツでのノウハウの豊富さから、直噴ではなくポート噴射式が選択された。一方で点火系は、失火検出機能を兼ねる各気筒独立点火式であり、専用点火プラグを必要とする。制御の基本はホットワイヤー式エアフロメーターによる吸入空気量検知方式(通称「Lジェトロニック方式」)であるが、前述したレスポンス重視のため、過渡応答時にはレーシングエンジン同様のスロットル開度 - エンジン回転数マップ方式(通称「α-N方式」)を併用する。左右バンク独立のエンジンコントロールユニット(ECU)を備え、アイドリング時の片バンク休止制御も行なう。

使用燃料はオクタン価95以上の無鉛プレミアムガソリンと指定されており、無鉛レギュラーガソリンは使用禁止となっているほか、エンジンオイルエクソンモービルモービル1 5W-50(2011年までの旧グレード名Rally Formula、またはRF)指定となっている[2]。オイル量はドライサンプということもあり、最大17Lと大容量である。

2012年12月、限定生産となっているレクサス・LFAの生産完了に先立ち、ヤマハ発動機における1LR-GUEエンジンの製造も完了された。

補給用部品としてエンジンAssyの設定はある[3]ものの、標準価格で900万円近い値段が設定されている。


系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本では平成17年自動車排出ガス規制低排出ガス車認定の識別記号が入り、CBA-LFA10となる。
  2. ^ モービル1 5W-50 PDSおよびモービル 1 5W-50の「規格および承認」の欄に「Lexus LFA Service Fill」との記載がある
  3. ^ 部品番号は標準車12000-45A00、ニュルブルクリンクパッケージ車が12000-45A10

関連項目編集