トヨタ自動車 > トヨペット店
Toyota-Dealer-Toyopet.png
トヨペットディーラーの一例 埼玉トヨペット所沢支店

トヨペット店(トヨペットてん、TOYOPET)は、トヨタ自動車ディーラーの一つ。

キャッチコピーは2018年2月現在、「クルマと、つぎの楽しみを。 TOYOPET」。2016年3月までは「もっとクルマの話、しませんか。 Answer, for you. TOYOPET」。

概要

以前は、法人名でも「トヨペット」の表記が使われていた。法人名は「○○トヨペット」のところが多い(○○のところには大抵都道府県名が入っているが、政令市が県内にある場合は「名古屋トヨペット」、「横浜トヨペット」、「神戸トヨペット」、「仙台トヨペット」のように都市名が入る)ただし2019年3月までの東京地区では一部取り扱い車種が異なり、トヨタ店と重複するものがあった。マークX(旧・マークII)やプレミオ(旧・コロナ→コロナプレミオ)、現在既に絶版となったベルタ(旧・コルサセダンプラッツ)などから分かるように、子育てが一段落付いた熟年のエンプティ・ネスト層を含む高齢者向けのノッチバックセダンメインストリームとした展開となっている。

東京都内では、販売チャネル制度を廃止しており2019年4月以降トヨペット店は存在しない[1]。また2006年8月8日に商号交換するまでの「大阪トヨタ自動車(現・大阪トヨペット)」も本来他の都道府県が「トヨペット店」で扱う車種を販売していた(詳述参照)。石川県のディーラーである石川トヨペットも、2020年5月1日に実施された全車種併売化に伴い、同年4月にカローラ店系列であるトヨタカローラ石川と経営統合の上で、石川トヨペットカローラとなった[2]

現在、トヨタの各販売店系列のデザイン刷新に伴い、看板などを緑を基調としたデザインに順次変更している。

現在の取扱車種

(2020年5月現在)

全国の取扱

  • ☆が付与された車種は2020年4月30日以前は専売扱いで、同年5月1日より全てのトヨタ車両販売店の取扱に移行した車種
  • ◎が付与された車種は2020年5月1日の全車種併売化に伴って取扱を開始した車種
  • ◇が付与された車種は2020年4月30日以前は大阪地区においては大阪トヨタでの取扱だった車種
  • ×が付与された車種は全車種併売化の対象外となる車種

軽自動車「ピクシス」シリーズについては、2020年4月30日までは青森トヨペット・秋田トヨペット・鳥取トヨペット・島根トヨペット・徳島トヨペット・香川トヨペット・愛媛トヨペット・高知トヨペット・佐賀トヨペット・長崎トヨペット・熊本トヨペット・大分トヨペット・宮崎トヨペット・鹿児島トヨペット・沖縄トヨペットのみの取扱で、カローラ店・ネッツ店及び一部のトヨタ店と併売だった。

 
プレミオ
セダン
ワゴン
スポーツ
  • スープラ(全てのトヨタ車両販売店で扱う)
  • 86(全てのトヨタ車両販売店で扱う)
コンパクト(ハッチバック/トールワゴン)
ミニバン
SUV
軽乗用車
商用車(軽商用車を含む)

大阪トヨペットのみの取扱

以下の車種は2020年5月の全車種併売化の対象外である。東京地区はトヨタモビリティ東京、神奈川地区はトヨタモビリティ神奈川、東京地区・神奈川地区・大阪地区以外の地域はトヨタ店の扱いとなる。

旧・大阪トヨペットで取扱っていた車種

これまで旧・大阪トヨペットでは、クラウンなどのトヨタ店の車種を扱っていた(反対に旧・大阪トヨタがトヨペット店の車種を扱っていた)が、2006年8月8日をもって両社の社名を入れ替え(旧・大阪トヨペット→現・大阪トヨタ/旧・大阪トヨタ→現・大阪トヨペット)、他の道府県と同様の取扱車種に変更された。ただし前述のように、現・大阪トヨタと一部取扱車種が入れ違っているものがある。

過去の取扱車種

専売車種

併売車種

ディーラー一覧

(※は2016年現在、トヨタが70%以上出資しているディーラー)

北海道地区
東北地区
関東地区
かつて存在した販売店
中部地区
近畿地区
中国・四国地区
九州・沖縄地区

その他

  • 京浜トヨペット - 健康食品会社の「手づくり自然食友の会」創業者野本二士夫がかつて経営していた陸送会社。倒産し現存しておらず、陸送会社のためトヨペット店とは無関係。

スポーツ活動

脚注

関連項目

  •   ウィキメディア・コモンズには、トヨペット店に関するカテゴリがあります。