トライアンフ (バンド)

トライアンフ(Triumph)は、カナダ出身のスリーピースハードロックバンド

トライアンフ
Triumph
Triumph at sweden rock, 2008.JPG
再結成 - スウェーデン公演 (2008年6月)
基本情報
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州 ミシサガ
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
アメリカン・プログレ・ハード
活動期間 1975年 - 1993年
2008年 - 現在
レーベル RCAレコード
MCAレコード
ビクトリー・レコード
公式サイト triumphmusic.com
メンバー リック・エメット (ギター/ボーカル)
ギル・ムーア (ドラムス/ボーカル)
マイケル・レヴィン (ベース/キーボード)
旧メンバー アベル・マクナイト (ドラムス)
フィル・X (ギター)

ラッシュ」らと並び、同国のハードロック界を初期から支えたグループの一つ。一度解散したのち、15年ぶりに活動再開した。2008年ジュノー賞』殿堂入り。

目次

概要編集

[1]1975年、リック・エメットを中心に結成。ギタリストとドラマーがボーカルを担当する変則的トリオ編成であった。

本国では多くの作品がプラチナムに輝き高い支持を得ていたが、1988年にコンポーサーであるリック・エメットが脱退。新メンバーを入れて継続はしたものの、1993年にアルバム1枚リリースしたのち解散した。

1990年代末、ギル・ムーアとマイケル・レヴィンは自主レーベルを立ち上げ、旧譜のリイシューを始める。創設メンバーのリック・エメットはこの行為に反発し、両者の関係が断絶した。

リユニオン

2007年、本国でこれまでの業績を評価され、音楽の殿堂入りが決まる。このセレモニーにムーア、レヴィンのほか、エメットも出席し雪解けムードになっていく。

2008年、母国最大の音楽賞『ジュノー賞』でも殿堂入りを果たし、そして遂に再結成にまで発展。同年、20年ぶりにクラシックメンバーによるライブを開催した[2]

2016年、エメットのサイド・プロジェクトにムーア、レヴィンが客演し、29年ぶりにレコーディングで共作した[3]

メンバー編集

現ラインナップ編集

旧メンバー編集

  • アベル・マクナイト Abel McKnight – ドラムス (1975)
  • フィル・X Philip Xenidis – ギター (1992–1993)

ディスコグラフィー編集

オリジナル・アルバム

  • 1976年 Triumph - ファースト・アルバム
  • 1977年 Rock and Roll Machine - 炎の勝利者
  • 1979年 Just a Game - ジャスト・ア・ゲーム
  • 1980年 Progressions of Power - 重爆戦略
  • 1981年 Allied Forces - メタル同盟
  • 1983年 Never Surrender - ネバー・サレンダー
  • 1984年 Thunder Seven - サンダー・セヴン
  • 1986年 The Sport of Kings - スポート・オブ・キングス
  • 1987年 Surveillance - サヴェイランス
  • 1993年 Edge of Excess - エッジ・オブ・エクセス

ライブ・アルバム

  • 1986年 STAGES - ステージズ
  • 2012年 Live at Sweden Rock Festival

映像

  • 2012年 Live at Sweden Rock Festival

脚注編集

外部リンク編集