トラスト (自動車部品)

株式会社トラスト: TRUST CO.,LTD )は、自動車用アフターパーツ(チューニングパーツ)の開発・製造および販売を手掛けていた会社である。海外ではGReddyの名前で販売。

株式会社昭和トラスト
SHOWA TRUST CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
289-1605
千葉県山武郡芝山町大台3155-5
設立 1977年4月
業種 輸送用機器
法人番号 9040001061310 ウィキデータを編集
事業内容 トラストブランドの開発・製造・販売
ザ・トラストブランドの開発・製造・販売
グレッディブランドの開発・製造・販売
グレックスブランドの開発・製造・販売
グレーサーブランドの開発・製造・販売
代表者 代表取締役会長 田畑利彦
資本金 8,000万円
外部リンク http://www.trust-power.com/
特記事項:2021年11月1日付けで「株式会社昭和トラスト」に合併し解散
テンプレートを表示

概要編集

スポーツカー向けマフラーなどで有名なメーカーであり、かつて倒産前はヰセキ農機(ISEKI)や日本石油(現ENEOS)、日綜産業等とメインスポンサー契約を結び、トラストレーシングチーム[注 1]として、トラストレーシングの名を一躍有名にした富士スーパーシルエットレースや、全日本耐久選手権全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権ジャパン・スーパースポーツ・セダンレース富士グランチャンピオンレース全日本ダートトライアル選手権全日本ツーリングカー選手権ル・マン24時間耐久レース全日本GT選手権D1GP[注 2]等、様々な種目に参戦してモータースポーツ界において、世界にその名を知られている。

1994年にはアメリカに現地法人を設立するなど海外にも販路を広げていたが、その後は徐々に売上が低迷し2008年9月10日民事再生法の適用を申請して企業は倒産した[注 3]。負債額は約65億円。

その後、2014年からは東洋タイヤをメインスポンサーに迎え、チーム東洋タイヤドリフトトラストレーシングを結成し活動しており、東洋タイヤの企業CMにも度々マシンが登場している。

2016年12月より、兵庫県を拠点とする中古車・新車・日本車・輸入車の総合メガディーラー「ジーライオングループ」が資本参加し、再びブランドが復活。ジーライオン系列の自動車部品ブランドとして再起を図る。

沿革編集

  • 1977年4月 - 自動車部品製造メーカーとして設立される。
  • 2008年9月10日 - 倒産(民事再生手続開始申立て)により、一時ブランドが消滅。
  • 2016年12月 - 兵庫県の「ジーライオングループ」が資本参加。同社のグループ企業となる。
  • 2021年11月1日 - 同じジーライオングループの自動車部品一次卸商社「株式会社昭和自動車工業」に吸収合併。昭和自動車工業は「株式会社昭和トラスト」と社名変更する。トラスト本体は「株式会社昭和トラスト・トラスト事業部」として現状のまま営業を継続する。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ それぞれメインスポンサーを務めていた企業により、ヰセキトラストや日石トラスト、日綜トラスト、チーム東洋タイヤドリフトトラストレーシングの通称や名称で呼ばれる。
  2. ^ 企業倒産後も継続参戦。
  3. ^ 企業倒産後もモータースポーツへは継続参加。

出典編集

外部リンク編集