メインメニューを開く

トラック野郎・天下御免』(トラックやろう・てんかごめん)は、1976年(昭和51年)12月25日公開の日本映画菅原文太主演、東映製作・配給による「トラック野郎シリーズ」第4弾。

トラック野郎・天下御免
監督 鈴木則文
脚本 鈴木則文
中島信昭
出演者 菅原文太
愛川欽也
春川ますみ
由美かおる
杉浦直樹
松原智恵子
鳳啓助
京唄子
誠直也
マッハ文朱
音楽 木下忠司
撮影 仲沢半次郎
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗1976年12月25日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 12億8200万円
前作 トラック野郎・望郷一番星
次作 トラック野郎・度胸一番星
テンプレートを表示

12億8200万円の配給収入を記録、1977年(昭和52年)の邦画配給収入ランキングの第4位となった[1]

ストーリー編集

奥入瀬橋の開通式で、チョビ髭の代議士(金子信雄)をからかった星桃次郎(菅原文太)の一番星号と、松下金造(愛川欽也)のジョナサン号。彼らの目的地は愛媛県宇和島市である。

四国に渡った桃次郎は、コンクリートミキサー車「姫だるま」と悶着を起こし、ミキサー車軍団による追跡を受ける。運転していた須田雅美(マッハ文朱)にはキスで不意をつき、男の運転手たちとの乱闘には勝利したものの、雅美の反撃でノックアウトされてしまう。

気を取り直して先を急ぐ桃次郎の前に、大塚いく子(鶴間エリ)と南リカ[2]という女子大生二人が現れる。ヒッチハイカーの彼女たちを乗せて進む一番星号。途中、便意をもよおした桃次郎と大塚いく子は、寺のトイレに駆け込む。排便後に性交する約束だったが、そこで巡礼姿の我妻和歌子(由美かおる)に遭遇。またも一目ぼれを起こした桃次郎は、便意や約束も忘れて取り繕う。

一方のジョナサンは、四国八十八ヶ所の巡礼をする母子を同乗させる。娘は我妻和歌子だった。和歌子に恋心を寄せるジョナサンは「独身」、「妻とは死別した」などといってしまう。

帰路、岡山県倉敷市にあるドライブイン「かざぐるま」で、ジョナサンは店主の亀頭黒光(鳳啓助)・姫代(京唄子)夫婦から相談を受ける。亀頭夫妻は実子がいないため、松下家の3女・サヤ子(吉田利香)を養女に貰い受けたい、と言うのだ。反対したジョナサンだったが、川崎に帰ると、サヤ子が出遅れて土産を貰い損ねてしまう様を見て、考えを改める。妻の君江(春川ますみ)も、電話で相談してきた夫妻の意思に同意、ジョナサンにも養子縁組を勧めた。その後、亀頭夫婦は川崎を訪れ、直に君江と交渉していた。

後日、「かざぐるま」で食事中の桃次郎とジョナサンの前に、サヤ子を伴って君江が現れる。妻に説得され、養女となった。

夜、「かざぐるま」で寛ぐ桃次郎の前に、コリーダこと須田勘太(杉浦直樹)が現れ、メイン行灯(あんどん)をかけたワッパ(運転)勝負を挑んできた。腕前は拮抗していたが、一番星号の前に坂口千津(松原智恵子)が飛び出してくる。間一髪、接触事故は避けたものの、千津は妊婦であり、しかも産気づいていた。慌てて産婆を探す桃次郎。探し当てた老婆(浦辺粂子)の助けで元気な赤ん坊が産まれる。しかし勝負に負けた一番星号は、メイン行灯の「一番星」を取られてしまう。

「元は夫婦で運送業をしており、運転もしていた」という千津は、桃次郎の紹介で「かざぐるま」でウエイトレスとして働き始める。子供の名前を桃次郎に頼むと、女の子だったため、彼は桃子と名づけた。前後して我妻和歌子も「かざぐるま」でウエイトレスとなっていた。美大出身の彼女は、倉敷の伝統織物「花筵」に興味を持っており、アルバイト先を探していたのだ。彼女にジョナサンは「かざぐるま」を勧めたのだった。

その頃、ジョナサンは妻の勧めで運送会社に勤めるようになっていた。白ナンバーでは生活が安定しないからだ。ある日、彼はバーストした際にボロ松(沢竜二)と呼ばれる運転手と知り合う。彼が坂口松男であり、千津の夫とは知らずに。

ジョナサンと和歌子の写真は松下家に波紋を投げかけ、君江と子供たちは家出してしまう。訪れた桃次郎にも八つ当たりしてしまうジョナサン。

桃次郎は、サヤ子にラブレターを託し、和歌子に気持ちを伝えようとするが、黒田夫婦の誤解から千津に手紙が渡ってしまう。当惑しながらも桃次郎に惹かれる千津。気持ちを上手く伝えられない千津は、ラジオ番組『いすゞ歌うヘッドライト』に手紙を出す。トラック乗り御用達のこの番組なら、桃次郎も聞いていると思ったからである。DJ岡村美鈴が読み上げる内容を聞いた桃次郎は、ウエイトレスという職業から和歌子の手紙と勘違いしてしまう。リクエストの『五木の子守唄』が流れる中、夜道を一番星号が疾走する。

メイン行灯を取り戻そうと、桃次郎はコリーダに再勝負を申し込む。コリーダは正装した雅美を伴っており、「妹だ」と紹介、「のし(妹)をつけて行灯は返す」という。この前の一件で、雅美は桃次郎に恋をしていたのだ。さらに、雅美は和歌子の高校時代のバレー部の後輩であった。再会を喜ぶ二人。コリーダ自身は「和歌子に結婚を申し込むつもり」という。勝手な成り行きに桃次郎が怒ったため、両者はレースの日取りを決めた。

勝負の日、しかしコリーダは来ない。聞けば和歌子を松山に送っていったという。慌てて追いかける桃次郎。成り行きで、レースではなく喧嘩での勝負が始まった。みかん工場から海岸に移動したところで、雅美が生コンクリートを二人に浴びせたため勝負は中断。コリーダは、桃次郎の主張を認め、のしを付けずに行灯を返した。

トラック仲間の計らいで、ジョナサンを「かざぐるま」に足止めし、君江と子供たちをおびき寄せる。「ジョナサンが重傷」、と騙して。おかげで松下家は和解する。そしていつもの「子どもの点呼」で、サヤ子不在の大きさを知る。姫代が懐妊したこともあり、サヤ子も戻って松下家は元通りとなった。しかし、桃次郎の手紙が千津に渡っていたことが露見。桃次郎と千津は動揺する。

桃次郎はあくまで和歌子との恋を成就させようとしていたが、和歌子の母が倒れたことを知る。和歌子の母は、夫亡き後一人でみかん山を切り盛りしていたが、300万円の借金を背負ってしまった、というのだ。和歌子は叔父の北原(殿山泰司)から聞かされ、悲嘆にくれる。

コリーダの助言で、宇和島の闘牛に賭ける桃次郎。運命はコリーダの持つ牛に微笑み、桃次郎は見事配当金を手にする。だが、和歌子は先輩の伊沢正和(誠直也)と心引かれ合う仲になっていた。それを知り、身を引く桃次郎。

傷心の桃次郎が燻る「かざぐるま」に、ジョナサンから電話が入る。「千津の夫・松男が見つかった」というのだ。しかし、事故に逢い負傷、入院しているという。ジョナサンは、松男が受けていた「鳥取境港から京都市中央卸売市場第一市場まで20トンの荷を運ぶ」という仕事の代行を頼んでくる。彼の信用問題になるのだ。桃次郎は、千津を説得し、京都行きを承諾させる。桃次郎は倉敷から境港にトラックを飛ばす。そして荷を受け取り、京都へ。途中、千津がハンドルを握る局面もあったが、荷物と妻子を時間までに何とか送り届けるのだった。病室で坂口一家の再会を見届けた桃次郎とジョナサンはそっと去っていく。病室には、闘牛の配当金を収めた包みが残されていた。それを開けた千津は二人を追うが、残っていたのは降りしきる雪の上のタイヤの跡だけだった。

スタッフ編集

出演編集

備考編集

ロケ地
奥入瀬橋:東京都西多摩郡奥多摩町奥多摩湖にかかる三頭橋(奥多摩周遊道路
企画
岡田茂東映社長は由美かおる御ヒイキ[6]1975年に自身の企画した『五月みどりのかまきり夫人の告白』がヒットしたため、当初五月みどり主演第二弾として今東光原作『こつまなんきん』を企画していた[7]。しかし途中から五月を別映画にスライドし[8]、主演を由美に変え、1976年年頭1月7日の東映記者会見では『こつまなんきん』を同年のゴールデンウイーク映画『新仁義なき戦い 組長最後の日』との併映を発表した[8]。しかし『こつまなんきん』は製作されず、本作のマドンナにスライドしたものと見られる。内容は当初、サーカス団を舞台にしてタイトルも『一番星とサーカスの花』の予定だった。由美は当時20代半ば、鈴木則文が「由美かおるは空中ブランコの美少女、タイツ姿も似合うでしょう」と提案すると岡田は「そうや、ぴったしやないか」と膝を打ったが、撮影を予定していた木下サーカスから、脚本にあるサーカスのイメージが古過ぎるなどのクレームが付き、サーカスは中止[6]。由美本人もその設定に張り切っていたが[9]、由美の設定は、空中ブランコの美少女から美術大学出身のデザイナーに変更され内容、タイトルも変更された[6]
最強の女
毎回、ライバルが喧嘩(と運転技術)で桃次郎と互角の勝負をしているが、マッハ文朱演じる須田雅美は、一対一の喧嘩で桃次郎をノックアウトさせた唯一の人物である(パンチ攻撃から投げの連発と蹴り、という連続攻撃から飛行機投げに転じ、ダウンした桃次郎を締め技で落とした)。
関連玩具
前々作『トラック野郎・爆走一番星』に引き続き、本作での桃次郎のトラックが、ポピー(現:バンダイ)の「ポピニカ」より「トラック野郎 天下御免」としてキット化された。ギミックは『爆走一番星』の「トラック野郎 生まれてすみません」同様、乾電池によるコンテナ部のライトの点灯[10]
テレビ放送
2014年12月4日に、菅原文太(11月28日に死去)の追悼企画としてテレビ東京の『午後のロードショー』で本作が放送された。

同時上映編集

『河内のオッサンの唄 よう来たのワレ』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、223頁。ISBN 4-87376-595-1
  2. ^ 浪漫、p.47
  3. ^ 現・ユニバーサル ミュージック/ヴァージン ミュージック
  4. ^ 浪漫、p.30
  5. ^ 『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説」』 65頁。
  6. ^ a b c #風雲録、66-69頁
  7. ^ “東映ポルノ映画拡大企画 五月みどりの主演作決る”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1975年10月4日) 
  8. ^ a b “東映岡田社長年頭懇談会 『トラック…』の大ヒット等語る”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1976年1月10日) 
  9. ^ #新風雲録、288-289頁
  10. ^ 「超合金・ポピニカ大図鑑」(グリーンアロー出版社)104頁 1997年

参考文献編集

関連項目編集