メインメニューを開く

トラック野郎・度胸一番星

トラック野郎・度胸一番星』(トラックやろう・どきょういちばんぼし)は、1977年(昭和52年)8月6日公開の日本映画菅原文太主演、東映製作・配給による「トラック野郎シリーズ」第5弾。

トラック野郎・度胸一番星
監督 鈴木則文
出演者 菅原文太
愛川欽也
片平なぎさ
夏樹陽子
あき竹城
菅井きん
玉川良一
由利徹
八代亜紀
千葉真一
音楽 木下忠司
撮影 飯村雅彦
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗1977年8月6日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億9600万円
前作 トラック野郎・天下御免
次作 トラック野郎・男一匹桃次郎
テンプレートを表示

10億9600万円の配給収入を記録、1977年の邦画配給収入ランキングの第5位となった[1]。シリーズで唯一、マドンナと相思相愛になり、告白される作品。本作には松下君江(春川ますみ)と松下家の子供たちは登場していない。

ストーリー編集

山形県某所。この国道では、ネズミ捕り(スピード違反取り締まり)が行われており、警官(由利徹)が厳しく取り調べていたため、トラックが長蛇の列をなしていた。その脇を通り過ぎようとする2台のトラック。一番星が「暑い中でのネズミ捕り、誠にご苦労様です、緊急事態発生の為、ノンストップにて先を急がせていただきます」やもめのジョナサンが「狭い日本そんなに急いでドコへ行く、ドライバーの皆さん、交通道徳を守りましょう」と、拡声器で伝え、通り過ぎる。ネズミ捕りを逃れる芝居だったのである。そこへ、ミニパトで追跡する2人組の婦警が追いついてくる。容疑は風呂の覗きだった。指揮を取る吹田タケ子(あき竹城)婦警は「桃郎!一万円札!2台とも止まれ!」と叫び執拗に追いすがる。だが桃次郎・ジョナサンコンビの敵ではなく、散々からかわれた挙句、脱がされる羽目に。

ところは変わり、新潟県。深夜の雨の中、一番星号とジョナサン号は曽地峠で小休止をする。そこで桃次郎は、水子地蔵の傍らに立つ美女(片平なぎさ)を発見する。白装束の彼女は「佐渡で待つ」というと、霧の中へ消えてしまった。不思議だと思いつつも、またも一目ぼれしてしまった桃次郎。

一方のジョナサンは、自動販売機の前で美女を拾う。「渡り鳥のマヤ」こと江波マヤ(夏樹陽子)は、ドライブイン「越後獅子」の2階にあるバーで働いているという。彼女に熱を上げるジョナサン。

後日、ドライブイン「越後獅子」に、タンクローリーカセイソーダを積載)[要出典]を運転し、ジョーズこと新村譲治(千葉真一)が仲間とともに5台のジョーズ軍団を率いて乗り込んできた。無線の4チャンネルを独占する、と宣言したジョーズ。他の運転手や女性トラッカー・紅弁天(八代亜紀)が抗議するがジョーズ軍団の勢いに押されてしまう。食事をしながら佐渡の勉強に熱中し、我関せずだった桃次郎まで巻き込まれそうになるが、なんとか収まる。ジョナサンはマヤを口説こうとしていたが、マヤがジョーズのいるシャワー室に入るのを見、想いが遂げられないことを悟る。

桃次郎とジョナサンは、フェリーで佐渡島へ向かう。佐渡で知り合った女性・乙羽水名子(片平なぎさ)は、水子地蔵で出会った女性と瓜二つ。教師をしていると知り、分教場まで押しかけて教鞭を取る始末。しかし学力不足を児童に指摘されブーイングを浴びてしまう。

水名子は捨て子であり、拾って育てたのは乙羽作右ヱ門(宮口精二)だった。金掘りをしていた作右ヱ門の言葉を鵜呑みにし、ジョナサンは金掘りに鞍替えしてしまう。

その頃、桃次郎は、本間ウメ(菅井きん)の言葉を誤解し、若い医師・稲村健司(南城竜也)と水名子が結婚すると思い込む。失意の中、佐渡を去る桃次郎。

新潟へ渡った桃次郎は、ジョーズ軍団と出会う。ワッパ(運転)勝負をすることになるが、失恋の痛手から、人形を水名子と見間違い、ハンドル操作を誤って負けてしまう。

復讐を誓う桃次郎は、紅弁天からジョーズの過去を聞かされる。5年前に村から追い出されたのだ、と。その後、故郷のない男たちを集めジョーズ軍団を結成、最近になって戻ってきて、無法を働くようになったという。

その頃、ジョーズは生まれ育った村を訪れていた。原発誘致で潰されようとしている故郷を、自らの手で片付けるために。

戻ってきたジョーズは桃次郎と激突、大乱闘となった。勝負は互角だったが、「水入り」と仲裁するトラック運転手にまで暴力を振るうジョーズ。運転手たちはこれに怒り、ジョーズを総攻撃。そこへマヤが出刃包丁を持って割りこんでくる。その迫力に圧される一同。勝負は桃次郎の勝ちとなり、4チャンネルの独占は解消された。浮かれる運転手たちは宴会を開き、紅弁天は見事な歌声で『恋歌』を歌い上げる。2階では、ジョーズを手当てするマヤの姿があった。

川崎ソープランドで恋の傷を治そうとしている桃次郎だったが、そこに手紙が届き、水名子の結婚話は誤解だった、と知る。急ぎ佐渡へ戻る桃次郎。金を掘るジョナサンの元を訪れると、成果が全く出ないことを嘆き、作右ヱ門に食って掛かる最中だった。桃次郎は「家族こそ金だ」と語り、ジョナサンに生きがいを悟らせた。このやり取りで、水名子の心は桃次郎に傾き始めた。

以前の約束を守るべく、桃次郎は一番星号に水名子と児童を乗せ、修学旅行に出発する。新潟から金沢を巡る旅は、兼六園白根の凧合戦、新潟まつりと巡るうちに、子供たちから結婚を薦められる。桃次郎も手応えを感じていたが、水名子の方からプロポーズしてくる結果に。

結婚に向けて準備を進める桃次郎に、悲報が入る。佐渡を襲った台風により、水名子が死亡した、というのだ。呆然とする桃次郎に、さらなる一報が入る。ジョナサンが、重量オーバーと公務執行妨害で逮捕されたのだ。3000万円相当の大量のブリを金沢から新潟まで運ばなければならない! ジョナサンの代わりを買って出た桃次郎は一番星号を飛ばす。紅弁天やトラック仲間、さらにはジョーズ軍団まで協力し、警察の包囲網を潜り抜け、蹴散らし、満身創痍となりながらも、見事一番星号は役目を果たしたのだった。

出演編集

以下ノンクレジット

スタッフ編集

備考編集

歌麿役、宮崎靖男
宮崎の本業はトラック運転手だが、本シリーズに最初から関わり、アートトラックグループ哥麿会を立ち上げ、トラックやダンプ、ミキサー車などの手配や運転手との仲介に携わった。
またトラック運転手役として、全作に登場している(「歌麿」の役名は第3作から。第1作は「運転手」、第2作は「宮崎」役)。
本作では桃次郎に「(自分の)妻の作った弁当」を差し入れるシーンがあるが、これはシリーズを通して彼の最大の見せ場となった[3]。これは、本業の他に当シリーズに関わった宮崎が中々家に帰れなかったため、脚本の澤井信一郎の計らいで書かれたもの(宮崎の妻は撮影所に何度か来ており、澤井とも懇意だった)。宮崎は「撮っても編集でカットされるだろう?」とたずねたが、澤井が「カットさせない」と確約し、本編で使用された。
関連玩具
本作の桃次郎のトラックが、ポピー(現:バンダイ)の「ポピニカ」から「度胸一番星」としてキット化された[4]。しかし「ポピニカ」から本シリーズのトラックが玩具化されたのは、これが最後となった。

同時上映編集

サーキットの狼

参考文献編集

  • 鈴木則文、宮崎靖男、小川晋『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説」』洋泉社別冊映画秘宝 洋泉社MOOK〉、2010年。ISBN 978-4-86248-468-0
  • 杉作J太郎、植地毅『トラック野郎 浪漫アルバム』徳間書店、2014年。ISBN 978-4198637927

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、223頁。ISBN 4-87376-595-1
  2. ^ 現・ユニバーサル ミュージック/ヴァージン ミュージック
  3. ^ 『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説』 79-80頁。
  4. ^ 「超合金Walker」(KADOKAWA)84頁 2015年

関連項目編集