メインメニューを開く

トラッシュ・トーク: Trash-talk)とは、スポーツの試合前の記者会見や試合中に汚い言葉や挑発で相手選手の心理面を揺さぶる、また相手の気を逸らすような会話で混乱させ、調子を乱させる作戦のことを指す。

トラッシュ・トークをする選手をトラッシュ・トーカーTrash-talker)と呼ぶ。日本語ではビッグマウスも同様の意味で使われることが多い。

また、日本の野球において、キャッチャーがバッターに余計なことをぼそぼそ話し掛けるささやき戦術もトラッシュ・トークの一種であり、野村克也達川光男山下健などが現役時代に得意としていた事でも知られる。

プロ格闘技の試合においては、選手もファンも気性が激しい場合が多いため、試合を盛り上げるために挑発をする選手も多いが、そこから乱闘に発展することもある。

著名な例編集

モハメド・アリソニー・リストンを「のろま」[1]ジョー・フレージャーを「ゴリラ」と呼んで侮蔑した[2]。また、アーニー・テレルを黒人奴隷の意味で「アンクル・トム」と呼び、それに対しテレルはアリが奴隷名だとして捨てた旧名「カシアス・クレイ」を多用して挑発しあった[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集