トラブル・イン・ハリウッド

トラブル・イン・ハリウッド』(原題: What Just Happened)は、2008年アメリカ映画

トラブル・イン・ハリウッド
What Just Happened
監督 バリー・レヴィンソン
脚本 アート・リンソン
製作 ロバート・デ・ニーロ
アート・リンソン
ジェーン・ローゼンタール
バリー・レヴィンソン
製作総指揮 トッド・ワグナー
マーク・キューバン
エリック・コペロフ
音楽 マーセロ・ザーヴォス
撮影 ステファーヌ・フォンテーヌ
編集 ハンク・コーウィン
製作会社 2929プロダクションズ
アート・リンソン・プロダクションズ
トライベッカ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 フリーマン・オフィス
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年10月17日
日本の旗 2010年9月4日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $6,673,422[1]
テンプレートを表示

映画プロデューサーとして知られるアート・リンソンの著書『What Just Happened? Bitter Hollywood Tales from the Front Line』を、本人による脚色で映画化した。

目次

ストーリー編集

ハリウッドの映画プロデューサーのベンが、製作現場や映画会社の人間に振り回される姿を描く。

キャスト編集

役名: 俳優(DVD版吹き替え)

本人役

出典編集

  1. ^ What Just Happened (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2010年8月18日閲覧。

外部リンク編集