トラブル (バンド)

トラブル
Trouble
Trouble - Jalometalli 2008 - 01.jpg
フィンランド・オウル公演(2008年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州 オーロラ
同州 シカゴ
ジャンル ドゥームメタル
ストーナーメタル
ハードロック
プログレッシブメタル
活動期間 1979年 - 現在
レーベル メタル・ブレイド・レコーズ
デフ・アメリカン・レコーズ
センチュリー・メディア・レコード
Escapi Music
FRW Records
公式サイト Trouble.com
メンバー カイル・トーマス(Vo)
ブルース・フランクリン(G)
リック・ワーテル(G)
ロブ・ハルツ(B)
マーク・リラ(Ds)
旧メンバー 以下を参照

トラブル(Trouble)は、アメリカ合衆国出身のストーナー・ドゥームメタルバンド

欧州の「キャンドルマス」と並び、後のドゥーム/ストーナーロック・シーンに影響を与えた、先駆者としても知られる[1]

目次

背景・略歴編集

[2]1979年、リック・ワーテル(G)らを中心に、イリノイ州で結成。同州のシカゴなどを拠点に活動を始める。

黎明期
多くのデモを制作して実績を積み、HR/HMバンド「ブラック・サバス」等に影響された、俗に言うドゥームメタル・サウンドのスタイルを固めていく。
1984年、新鋭レーベル「メタル・ブレイド」から、『Trouble』(別名:Psalm 9)でアルバムデビュー。そして2ndアルバム『The Skull』(1985年) 3rdアルバム『Run to the Light』(1987年) と、コンスタントにリリースを重ねる。
ストーナーロックの確立〜活動停止
 
リック・ルービン (2006年)
これまでの実績が評価されて、著名な音楽プロデューサー リック・ルービンに見出される。
1990年、同氏主宰のレーベル「デフ・アメリカン」から、ストーナーメタルの雛形と言える4thアルバム『Trouble』(別名:Trouble 4)を発表[3]。ライブツアーも精力的に行い、存在がワールドワイドに知れ渡る。
1992年、続く5thアルバム『Manic Frustration』で、音楽性が一つの頂点を迎えるが、前作から更にメタル色が後退したスタイルに賛否両論が起こる。当時はストーナーロック・シーン自体が未成熟であり、商業的成功に結び付かなかった。結果「デフ・アメリカン」から契約を解消され、配給の窓口を失う。
1994年に、EP「One for the Road」を自主制作発表した後の翌年、心機一転の6thアルバム『PLASTIC GREEN HEAD』をリリースするが、状況は改善する事なく不発に終わってしまう。1997年にエリック・ワグナー(Vo)が脱退。後任にカイル・トーマス(Vo)を迎えるも、程なくバンドは活動を停止する。
活動再開〜現在
2002年、オリジナルメンバーらでライブ活動を再開し、アルバム制作にも着手し始める。この間、ストーナーロックを確立した先駆者として再評価されるようになり、同種のライブフェスなどでヘッドライナーを務めている。
2007年、12年ぶりの7thアルバム『Simple Mind Condition』を発表。翌年、エリック・ワグナー(Vo)、ジェフ・オルソン(Ds)ら主力が脱退するものの、新メンバーを補充し活動を継続する。
以降、ライブ活動の傍ら新作の制作を開始するが、遅々として中々進まず、遂にはレコーディングしたトラックデータが消失してしまうトラブルに見舞われる。
2012年、カイル・トーマス(Vo)が復帰。翌年、紆余曲折を経た6年ぶりの8thアルバム『The Distortion Field』をリリース[4]

スタイル編集

[2]1980年代は、HR/HMバンド「ブラック・サバス」の特色であるドゥーミー且つダウナーで、プログレッシブな大作主義を実践。また、ドゥーム・バンドに有りがちなサタニック・スタイルには傾倒せず、逆に宗教的歌詞をテーマにしたホワイト・メタルに接近している。

1990年代は、そのドゥーム・スタイルから発展させた、いわゆる"ストーナーメタル"を展開した。

同じ過渡期にドゥーム系スタイルを展開していた「キャンドルマス」が、ヘヴィサウンドに特化していたのに対し、こちらは1970年代を意識したハードロックサイケデリックロックの要素を、更に内包したサウンドに変化している。

影響
これらが後にジャンルとして形成する「ドゥームメタル」や「ストーナーロック」の基となり、様々な系譜へと細分化していった。

メンバー編集

 
ブルース・フランクリン(G) 2008年
 
リック・ワーテル(G) 2008年

現ラインナップ編集

  • カイル・トーマス Kyle Thomas - ボーカル (1997-2000, 2012- )
  • ブルース・フランクリン Bruce Franklin - ギター (1979- )
  • リック・ワーテル Rick Wartell - ギター (1979- )
  • ロブ・ハルツ Rob Hultz - ベース (2013- )
  • マーク・リラ Mark Lira - ドラムス (2009- )

旧メンバー編集

  • エリック・ワグナー Eric Wagner - ボーカル (1979-1997, 2002-2008)
  • イアン・ブラウン Ian Brown - ベース (1979-1983)
  • ジェフ・オルソン Jeff "Oly" Olson - ドラムス/キーボード (1979-1986, 1993-2008)
  • シーン・マカリスター Sean McAllister - ベース (1983-1986)
  • ロン・ホルズナー Ron Holzner - ベース (1986-2002)
  • デニース・レッシュ Dennis Lesh - ドラムス (1986-1987)
  • テッド・カークパトリック Ted Kirkpatrick - ドラムス (1987-1989)
  • バリー・スターン Barry Stern - ドラムス (1989-1993) R.I.P.2005
  • チャック・ロビンソン Chuck Robinson - ベース (2002-2008)
  • コリー・クラーク Kory Clarke - ボーカル (2008-2012)
  • シェーン・パスクオリア Shane Pasqualla - ベース (2008-2013)

ディスコグラフィ編集

スタジオアルバム

脚注編集

外部リンク編集