トランスグローバル

トランスグローバル株式会社(トランスグローバル)は、東京都千代田区紀尾井町に本社を置く、海外作品の輸入及び国内配給・字幕や吹き替えの翻訳などを行っていた企業である。日本音声製作者連盟に加盟[1]

トランスグローバル株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-0094
東京都千代田区紀尾井町1番10号
業種 情報・通信業
法人番号 2010001024755
事業内容 映像の配給事業
テンプレートを表示

外国映画の配給や日本語版制作で名を知られ、国内最大手でもあった。

概要編集

戦後すぐの時期(1945年頃)から創業し活動。過去の正式社名は株式会社グローバル・プロダクション[2]1950年代からは外国製ドラマ・アニメの輸入代理を引き受けており、吹き替え制作も行っていた[3]

過去には、倒産した会社などが保有している特撮作品の版権・フィルムを買い取りしていた時期があり、一部ネガフィルムが消失した『怪獣王子』はLD-BOX化の際に、トランスグローバルが保管していた再放送用フィルムを使用してソフト化された。

2016年12月31日には、東京都新宿区揚場町に存在した「トランスグローバルスタヂオ株式会社」と本社と同じ住所に存在した「株式会社弁慶橋エステート」を合併している。

近年は、会社自体は存在しているが表立った活動を行っていない。また、原作が存在する作品をギャグアニメに大きくアレンジしてしまう傾向が強く、逆にそれがウケて好評になり、長寿番組の製作を手掛けたウィーヴは、2019年7月1日付でフリューへ吸収合併され解散したため、現在はウィーヴの後継会社の一つとなった。

エピソード編集

吹き替え制作の下請けする際は「機材を揃えていること」「演出料だけを支払う」という条件を出していた[3]

音響監督田島荘三によると、以前の社長は「ルー」という華僑出身の人物だった[3]

1965年から数年間放送された『ペイトンプレイス物語』が成功したことから、現在の赤レンガで造られた洋館風である社屋を建設。当時は「ペイトンビル」と呼ばれた[4]

翻訳クレジットでは翻訳者の名前を出さず、一貫して「トランスグローバル」名義だった。このことについて、翻訳家の額田やえ子は社名こそ出さなかったものの「横のもの(海外作品)が縦(日本語)になってりゃいいのさ」と言う関係者がいたことを証言し、非難している[5]。また、1967年には翻訳の著作権関係で裁判も起こされている[2]

主に配給・吹き替え制作をした作品編集

映画編集

海外ドラマ編集

アニメ編集

主に権利やフィルムを保有している国内作品編集

脚注編集

  1. ^ 加盟社一覧”. 日本音声製作者連盟. 2020年3月27日閲覧。
  2. ^ a b 東京高等裁判所 昭和42年(ネ)2698号 判決”. 大判例. 2020年3月27日閲覧。
  3. ^ a b c 『猿の惑星<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX』田島莊三インタビュー”. 吹替の帝王. 2020年3月27日閲覧。
  4. ^ 柴田耕太郎 『翻訳家になろう!』 青弓社、2012年。ISBN 4787233351 
  5. ^ 額田やえ子 『アテレコあれこれ―テレビ映画翻訳の世界』 中央公論社〈中公文庫〉、1989年。ISBN 412201588X