メインメニューを開く

トラヴィス・ペイン (Travis Payne、1971年7月5日 - )はアメリカ合衆国ディレクタープロデューサー振付師ダンサーマイケル・ジャクソン THIS IS ITでは振付師を務めたことで有名。 その他マイケルのミュージックビデオ(ショートフィルム)やライブなどにも多数出演している。

トラヴィス・ペイン
Travis・Payne
生誕 (1971-07-05) 1971年7月5日(48歳)
アメリカ合衆国アトランタ
職業 ディレクター
プロデューサー
振付師
ダンサー
著名な実績 マイケル・ジャクソン THIS IS IT
影響を受けたもの マイケル・ジャクソン

来歴編集

1971年7月5日アメリカ合衆国アトランタに生まれる。

9歳でダンススクールに通い始めた。 マイケル・ジャクソンとの仕事が長年の夢だったという。 彼のワールドツアーBad World Tourは何度も見にいったという。

マイケルと同時に彼の妹ジャネット・ジャクソンのファンであり1990年Rhythm Nation 1814 Tourを何度も見に行き振付を覚え宣伝用に自ら製作した動画がジャネットの目に止まりスカウトされる。日本に呼ばれそれからツアーに参加することとなる。

1992年Remember The Timeで初めてマイケルと共演。

それからはDangerous World TourHIStory World Tourと以降のワールドツアーに全て参加した。

マイケルとジャネットの共演作Screamではディレクターとして参加。同作は史上最も費用のかかったPVとしてギネス世界記録にされた。

2009年マイケル没後に公開されたマイケル・ジャクソン THIS IS ITではディレクター振付師として参加した。 [1]

徹子の部屋にも出演経験があり、マイケルとの思い出を語っている。 [2]

金曜ロードショーのTHIS IS IT再現ステージではマイケルの代役を務めた。

ジャネットによる追悼パフォーマンスではバックダンサーを務めた。

2013年よりジャニーズ事務所と契約した。 ステイシー・ペインと共に多くの舞台の振付を担当した。 彼が選抜したメンバーにより、Travis Japanが結成された。

作品編集

マイケル・ジャクソンとの共演編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ トラヴィス・ペイン”. 2014年6月12日閲覧。
  2. ^ トラヴィス・ペイン 故マイケルの振付演出家秘話”. 2014年6月12日閲覧。