トリオンフ: Triomphe[1])は、日本競走馬

トリオンフ
Triomphe Kokura Kinen 2018(IMG1).jpg
2018年小倉記念
欧字表記 Triomphe[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2014年4月21日(6歳)
登録日 2016年6月2日
抹消日 2020年1月23日
タートルボウル
メジロトンキニーズ
母の父 ダンスインザダーク
生国 日本の旗 日本北海道洞爺湖町
生産 レイクヴィラファーム
馬主 (株)KTレーシング
→(有)桑田牧場
調教師 須貝尚介栗東
競走成績
生涯成績 18戦7勝
獲得賞金 2億2624万2000円
 
勝ち鞍
GIII 小倉大賞典 2018年
GIII 小倉記念 2018年
GIII 中山金杯 2020年
テンプレートを表示

3歳時に去勢手術を受けて復帰以降は、GI以外すべて4着以内と安定した成績を残した。3歳から4歳にかけて、条件戦から、重賞初制覇となる小倉大賞典(GIII)まで3連勝を記録。その後も小倉記念(GIII)を制覇。しかしその後屈腱炎を発症して1年4か月休養。復帰後にも6歳で中山金杯(GIII)で重賞3勝目を挙げた。

馬名の意味はフランス語で「凱旋」[2]

戦績編集

デビュー前編集

2014年北海道洞爺湖町レイクヴィラファームで誕生。2015年8月26日の北海道サマーセールに上場され、KTレーシング代表の黒川哲美によって800万円(税抜)で落札された[3]

2歳(2016年)編集

栗東須貝尚介厩舎に入厩。7月17日の新馬戦(函館競馬場)でデビューし、浜中俊を鞍上に新馬勝ちを飾った[4]

3歳(2017年)編集

こぶし賞(500万下)で7着となった後、「レース前にイレ込んで終わっていた」という状態から脱却するために陣営は去勢を決断。その後は気性の悪さが解消され、能力を発揮できるようになった[5]

4歳(2018年)編集

寿ステークス(1600万下)を4馬身差で圧勝した後、小倉大賞典(GIII)に出走。川田将雅を背に1番人気に推され、早め先頭から後続を突き放す強い勝ち方で初の重賞制覇を果たした。前年に急死した父タートルボウルにとっても産駒初のJRA重賞勝ちとなった[6]。続く大阪杯(GI)では田辺裕信と初コンビを組んだが、スタートで後手を踏んだことが響いて8着に終わった[7]

大阪杯の次戦には新潟大賞典(GIII)が選ばれたが、超スローペースからの瞬発力勝負で見劣り、4着に敗退した。鞍上の松田大作は「結果的には、自分から動いた方が良かったのかも」と振り返った[8]。鞍上にクリストフ・ルメールを迎えた鳴尾記念(GIII)でも1番人気に推されたが、内を立ち回ってレコード勝ちしたストロングタイタンに半馬身及ばず2着となった[9]小倉記念(GIII)では武豊と初コンビを組み、2番手追走から最後の直線でも一頭だけ楽な手応えで悠々と抜け出して3馬身差で完勝。勝ち時計1分56秒9は従来の記録を0秒2更新するコースレコードであった[10]

秋は天皇賞(秋)を目標に調整されていたが、9月28日に回避が発表され、放牧に出された[11]。その後屈腱炎を発症、長期休養となった[12]

5歳(2019年)編集

11月30日のチャレンジカップで1年4ヶ月ぶりに復帰を迎え、8番人気ながら2着に逃げ粘った。騎乗した岩田康誠は「休養明けでも雰囲気は良かったし馬は仕上がっていた。ゴールまでしぶとかったし、もうちょっとでしたね」とコメントした[13]

6歳(2020年)編集

1月5日、中山金杯(GIII)に参戦。騎乗予定の三浦皇成が当日の第7競走で大塚海渡とともに落馬、負傷で騎乗不可能となったため[注 1][14]、代打でミルコ・デムーロと初コンビで出走することになった。単勝オッズ4.3倍の2番人気の支持であった。逃げるブラックスピネルを臨む2番手で進み、そのままの位置で、最後の直線に進入[15]。逃げ馬の外から抜け出し先頭に立つと、外から馬体を併せてきたウインイクシードと競り合い、アタマ差下した1着[15]。重賞3勝目を挙げた[16]

続いて、重い負担重量を課されるために2月23日の小倉大賞典の出走を見送り[17]、3月1日に行われる中山記念に参戦することが予定されていた[17]。管理する須貝尚介調教師も「距離が1ハロン短くなっても問題ない」とし[17]、また「脚元は大丈夫」とコメントしていた[17]

しかし、屈腱炎を再発したため、現役続行を断念し1月23日付でJRAの競走馬登録を抹消[18]、引退し[18]北海道虻田郡洞爺湖町レイクヴィラファーム乗馬となる[18]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報[19]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2016.07.17 函館 2歳新馬 芝1800m(稍) 9 1 1 008.90(4人) 01着 R1:52.4(34.8) -0.1 浜中俊 54 (ボナパルト) 520
0000.09.03 札幌 札幌2歳S GIII 芝1800m(良) 13 4 4 011.90(6人) 11着 R1:51.5(36.2) -1.6 浜中俊 54 トラスト 524
2017.02.12 京都 こぶし賞 芝1600m(稍) 8 5 5 051.30(7人) 07着 R1:37.4(36.1) -1.2 川田将雅 56 マイスタイル 534
0000.05.28 京都 白藤賞 芝1600m(良) 15 4 6 058.6(12人) 04着 R1:33.9(34.1) -0.4 和田竜二 56 ラプソディーア 516
0000.06.10 阪神 3歳上500万下 芝1800m(良) 11 3 3 005.60(3人) 02着 R1:45.8(33.5) -0.0 和田竜二 54 ロードプレミアム 514
0000.06.16 阪神 城崎特別 芝1800m(稍) 10 4 4 004.10(3人) 04着 R1:48.0(33.9) -0.2 和田竜二 54 ラヴアンドドラゴン 512
0000.08.13 小倉 筑後川特別 芝1800m(良) 13 4 4 002.10(1人) 02着 R1:48.1(34.2) -0.0 和田竜二 54 セイントバローズ 510
0000.09.03 小倉 若戸大橋特別 芝1800m(良) 11 8 10 003.50(2人) 01着 R1:48.3(35.2) -0.1 和田竜二 54 (エルビッシュ) 510
0000.11.03 京都 近江特別 芝1800m(良) 13 2 2 007.90(4人) 02着 R1:47.7(35.6) -0.2 和田竜二 54 ナリタエイト 534
0000.11.18 京都 3歳上1000万下 芝2000m(重) 10 4 4 004.20(2人) 01着 R2:02.8(34.2) -0.6 C.デムーロ 55 エアウィンザー 534
2018.01.07 京都 寿S 芝2000m(良) 9 7 7 004.10(3人) 01着 R1:59.1(34.8) -0.6 川田将雅 56 (エアウィンザー) 540
0000.02.18 小倉 小倉大賞典 GIII 芝1800m(良) 16 7 13 002.30(1人) 01着 R1:46.1(34.2) -0.4 川田将雅 54 (クインズミラーグロ) 532
0000.04.01 阪神 大阪杯 GI 芝2000m(良) 16 5 9 019.40(7人) 08着 R1:59.2(35.0) -1.0 田辺裕信 57 スワーヴリチャード 532
0000.05.06 新潟 新潟大賞典 GIII 芝2000m(良) 16 5 10 003.00(1人) 04着 R2:00.2(33.0) -0.3 松田大作 57 スズカデヴィアス 526
0000.06.02 阪神 鳴尾記念 GIII 芝2000m(良) 11 2 2 002.80(1人) 02着 R1:57.3(34.8) -0.1 C.ルメール 56 ストロングタイタン 530
0000.08.05 小倉 小倉記念 GIII 芝2000m(良) 12 8 11 003.30(1人) 01着 R1:56.9(33.5) -0.5 武豊 57 (サトノクロニクル) 532
2019.11.30 阪神 チャレンジC GIII 芝2000m(良) 12 6 7 019.90(8人) 02着 R1:59.1(34.4) -0.0 岩田康誠 56 ロードマイウェイ 550
2020.01.05 中山 中山金杯 GIII 芝2000m(良) 17 4 7 004.70(2人) 01着 R1:59.5(35.6) -0.0 M.デムーロ 58 ウインイクシード 554
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す

血統表編集

トリオンフ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

*タートルボウル
Turtle Bowl
2002 鹿毛
アイルランド
父の父
Dyhim Diamond
1994 栗毛
アイルランド
Night Shift Northern Dancer
Ciboulette
Happy Landing Homing
Laughing Goddess
父の母
Clara Bow
1990 鹿毛
Top Ville High Top
Sega Ville
Kamiya Kalamoun
Shahinaaz

メジロトンキニーズ
2002 鹿毛
ダンスインザダーク
1993 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ダンシングキイ Nijinsky
Key Partner
母の母
メジロクロヒメ
1989 青鹿毛
*モガミ Lyphard
*ノーラツク
メジロツシマ *バウンテイアス
メジロアイリス
母系(F-No.) アサマユリ系(FN:7-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4×5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ トリオンフ 5代血統表2018年4月30日閲覧
  2. ^ トリオンフ 5代血統表2018年4月30日閲覧
  3. ^ トリオンフ 5代血統表2018年4月30日閲覧
  4. ^ トリオンフ 5代血統表2018年4月30日閲覧

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 三浦は、左橈(とう)骨・尺骨遠位端骨折、左手月状骨骨折、左側胸部打撲で、全治2か月の見込み。

出典編集

  1. ^ a b トリオンフ|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ JRAホームページ 2018年4月30日閲覧
  3. ^ 日高軽種馬農協 - 取引成績速報 2018年4月30日閲覧
  4. ^ 【2歳新馬】函館5R トリオンフが勝利の雄叫び SANSPO.COM(2016年7月17日付)2018年4月30日閲覧
  5. ^ 【大阪杯】トリオンフの勢い本物だ 4連勝でG1戴冠狙う デイリースポーツ(2018年3月28日付)、2018年4月30日閲覧
  6. ^ トリオンフが完勝! 3連勝で重賞初制覇!/小倉大賞典 netkeiba.com(2018年2月18日付)、2018年4月30日閲覧
  7. ^ 【大阪杯】8番人気のダンビュライトは6着 浜中「バテずに頑張っている」 スポーツ報知(2018年4月1日閲覧)、2018年4月30日閲覧
  8. ^ 【新潟大賞典】トリオンフは4着 松田「自分から動いた方が良かったのかも」. サンケイスポーツ(2018年5月6日付). 2018年8月5日閲覧
  9. ^ 【鳴尾記念】1番人気トリオンフは惜しくも2着 ルメール「ほぼ完璧なレース」. サンケイスポーツ(2018年6月2日付). 2018年8月5日閲覧
  10. ^ 【小倉記念】1頭違う手応えでトリオンフがレコードV 武豊騎手は小倉記念4勝目!. 競馬ラボ(2018年8月5日付). 2018年8月5日閲覧
  11. ^ トリオンフ、天皇賞断念”. サンケイスポーツ (2018年9月28日). 2019年11月30日閲覧。
  12. ^ 【中山金杯】トリオンフ20年開幕重賞V、急きょ代打のミルコはガッツポーズ” (日本語). スポーツ報知 (2020年1月6日). 2020年1月23日閲覧。
  13. ^ 【チャレンジC】唯一の3歳馬ロードマイウェイがV 2着には8番人気のトリオンフ”. スポーツニッポン (2019年11月30日). 2019年11月30日閲覧。
  14. ^ 落馬負傷の三浦皇成「前を向いて頑張ります」 左手首骨折、3月頃の復帰目標”. www.sponichi.co.jp. 2020年1月23日閲覧。
  15. ^ a b 日刊スポ賞中山金杯|2020年01月05日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年1月23日閲覧。
  16. ^ 【中山金杯】代打ミルコのリードでトリオンフが復活V” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年1月5日). 2020年1月23日閲覧。
  17. ^ a b c d 【古馬次走報】トリオンフは中山記念へ” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年1月8日). 2020年1月23日閲覧。
  18. ^ a b c 【JRA】トリオンフが引退、乗馬に 2020年中山金杯など重賞3勝 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年1月23日閲覧。
  19. ^ トリオンフ”. netkeiba.com. Net Dreamers co.LTD. 2018年4月30日閲覧。
  20. ^ メジロトンキニーズ | 競走馬データ - netkeiba.com 2018年4月30日閲覧
  21. ^ トリオンフ 5代血統表2018年4月30日閲覧

外部リンク編集