メインメニューを開く
競馬 > トルコの競馬

トルコの競馬(とるこのけいば)では、トルコにおける競馬について記述する。

目次

歴史編集

特徴編集

法律上、競馬に関する権限は国(食料農業畜産省)にあり、競馬施行団体のトルコジョッキークラブトルコ語: Türkiye Jokey Kulübü)が期限を切って施行権を国から与えられている[2]。トルコジョッキークラブは民間の非営利団体であるが[3]、食料農業畜産省の委員会(トルコ語: Yüksek Komiserler Kurulu)に監督されており、競馬と馬産は国の管理下にある。

競走編集

サラブレッドアラブ(純血アラブ)の平地競走が行われる。馬場はダートの両方があるが、国内 G1 や国際競走は芝が主体である。2013年現在は全国の競馬場でほぼ毎日(1日ごとに1~2場)競馬が開催されている[4]

競走の名称は、トルコ語では固有名称に「競走」を意味する名詞"koşu"を付けた形(固有名称+koşu+所有接辞su)で表される。競走名が英語に訳される場合、直訳になる形(固有名称+race)はあまり用いられず、海外の類似したレース(ダービーオークス2000ギニーなど)の名称が用いられたり、ステークス、カップ、トロフィーなどの意訳が行われる[5]

例:トルコ語: Gazi Koşusu(ガーズィ・コシュスゥ) / 英語: Gazi Derby(ガジ・ダービー) / 日本語: ガジ賞、ガジ杯

馬券編集

馬券(勝馬投票券)は、トルコでは宝くじスポーツくじと並ぶ合法的なギャンブルで、パリミュチュエル方式で行われる。

馬券は各競馬場の場間・場外発売が行われているほか、市中に小規模な場外馬券売場(トルコジョッキークラブの代理店)が多数存在し[6]、トルコジョッキークラブのHPを通じたインターネット投票も可能である。

控除率は約50%と他の国・地域より高く設定されているが[7]、馬券の券種が非常に豊富で、高額配当もある。

メディア編集

主要な日刊紙には競馬欄があり、当日の出馬表などが掲載されているが扱いは大きくない。大きな記事が組まれるのはガジ賞(ガジダービー)のような大レースが開かれるときのみ。

中継(トルコ語: Canlı Yayın)は衛星放送の『TJK TV』[8]などで行われている。衛星放送番組はインターネットでも視聴でき、ドバイワールドカップのような海外の大レースも観戦できる。

馬産編集

年間の生産頭数はサラブレッド約1500頭、アラブ約1500頭の合計約3000頭である[9]

サラブレッドについては繁殖用の種牡馬を積極的に海外から導入しており、ヴィクトリーギャロップマニラといった名馬のほか、日本生産馬のディヴァインライトも輸入されている。

主な競走編集

トルコの主要な競走は『国際セリ名簿基準書』のパート2に記載されている。従って格付けは国内グレードであるが、一部の国際競走はパート1に記載されており、国際グレードのG2である。

サラブレッド競走編集

アラブ競走編集

現在のトルコの主なサラブレッド競走のレース日程編集

暦の関係上、開催が前の月に前倒しする時や、翌月にずれ込むことがあり、第○週と書いてあるものがずれることがよくある。よってあくまでも目安として判断していただきたい。

主な競馬場編集

脚注編集

  1. ^ Tarihçe” (トルコ語). TJK. 2013年6月30日閲覧。
  2. ^ About The Board of High Stewards” (英語). The Board of High Stewards. 2013年6月30日閲覧。
  3. ^ History” (英語). TJK. 2013年6月30日閲覧。
  4. ^ Takvim” (トルコ語). TJK. 2013年6月30日閲覧。
  5. ^ Major Races” (英語). TJK. 2013年6月30日閲覧。
  6. ^ OTB Agents” (英語). TJK. 2013年6月30日閲覧。
  7. ^ Turkey Year 2011 Betting Statistics” (英語). International Federation of Horseracing Authorities. 2013年6月30日閲覧。
  8. ^ Canlı Yayın” (トルコ語). TJK. 2013年6月30日閲覧。
  9. ^ Turkey Year 2011 Breeding Statistics” (英語). International Federation of Horseracing Authorities. 2013年6月30日閲覧。

外部リンク編集