トルコ海峡危機(トルコかいきょうきき、英語:Turkish Straits Crisis)は、冷戦中のトルコソビエト連邦の間で起きた領土問題。トルコは第二次世界大戦中のほとんどの間、公式には中立を維持していた。大戦が終わると、トルコは黒海地中海を結ぶボスポラス海峡ダーダネルス海峡をソ連の船舶が自由に通れるようソ連政府から圧力をかけられた。トルコ政府はソ連の要求に応じようとしなかった為、その地域での緊張が高まり、ソ連の海軍力の示威に繋がった。この海峡危機は後のトルーマン・ドクトリン発表の決定要因ともなった[2]。危機が最高潮に達すると、トルコはアメリカ合衆国に保護を、北大西洋条約機構(NATO)には機構への加盟を求めた。

トルコ海峡危機
Turkish Straits Crisis
第二次世界大戦冷戦
Turkish Strait disambig ja.svg
ボスポラス海峡(赤)・ダーダネルス海峡(黄)
1936年7月20日 - 1953年5月30日
低水準:
1936年7月20日 - 1946年8月6日
高水準:
1946年8月6日 - 1953年5月30日[1]
場所黒海マルマラ海
結果戦争前の原状
ソ連はトルコ海峡に関する体制変革の要求撤回
トルコの北大西洋条約機構加盟
衝突した勢力
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
トルコの旗 トルコ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
指揮官
アメリカ合衆国の旗 ハリー・S・トルーマン
トルコの旗 イスメト・イノニュ
ソビエト連邦の旗 ヨシフ・スターリン
ソビエト連邦の旗 ヴャチェスラフ・モロトフ

背景編集

トルコ海峡の重要性編集

黒海と地中海の間にある2つの門であるダーダネルス・ボスポラス両海峡は、黒海から世界中の港へ通じる交易路として、トルコとその近隣の黒海諸国すなわちソ連・ルーマニアブルガリアにとって非常に重要であり、これら3か国は全て軍事的に連携していた[3]。海峡は軍事戦略の重要な要素でもあり、海峡の交通を支配していた者は誰でも、海峡を黒海に行き来する海軍力の出入口として利用することができた。

政治的な背景編集

この対立は、第二次世界大戦直前及び大戦中のソ連とトルコの関係に端を発している。1930年代後半まで両国関係は友好的で幾分兄弟のようであり、トルコとソ連のそれぞれの前身であるトルコ大国民議会政府英語版ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国は、1921年のモスクワ条約にて互いに協力することを約束していた[4]

1936年に結ばれたモントルー条約では、オーストラリアブルガリア王国フランスドイツギリシャ日本・ソ連・トルコ・イギリスユーゴスラビア王国の各国が参加し、トルコ海峡を軍事的・規制的両方の手段にて処理することが決定された[5]。その条約は海峡に関するいくつかの交渉のなかで最新のものであり、それまでの条約や会議は19世紀から20世紀にかけて実現した。この問題は、ファシスト党率いるイタリア王国の台頭とその拡大政策、そしてブルガリアがこの海峡の再軍備に乗り出すのではないかという懸念により再燃していた[6]。同年7月20日に調印されたその条約によってトルコは海峡の再軍備と規制を認められ、その条約は黒海沿岸のどの国にも属さない船舶による海峡の横断も明確に禁止した[7]

1930年代後半から1940年代にかけて、ヨシフ・スターリンはモントルー条約で達した合意に対し再三にわたって異議を唱え、早くも1939年には代替案を求めた。彼はトルコとソ連による海峡の共同管理を提案した[8]。ソ連のヴャチェスラフ・モロトフ外相はナチス・ドイツ独ソ不可侵条約を締結した際、海峡を強制的に管理してその付近に軍事基地を設置したいという意向をドイツのヨアヒム・フォン・リッベントロップ外相に伝えた[9]

トルコとの国境問題編集

ソ連は東アナトリア地方にあるトルコとソ連の国境が両国及びアルメニア・ソビエト社会主義共和国グルジア・ソビエト社会主義共和国にとって有益な形で正常化されることを望んでいた。ソ連のラヴレンチー・ベリヤ副首相は、グルジア南西部にあるトルコ領はオスマン帝国時代のトルコによってグルジアから奪われたものだとスターリンに耳打ちした。もしベリヤの主張する見解がトルコによって合意されれば、黒海と中東に対するソ連の影響力が増し、その過程でその地域におけるイギリス帝国の勢力は減退したであろう[10]。この議論は、1953年5月にソ連が同海峡の管理体制を留保したことを受けて撤回された[11]

海峡危機編集

緊張の激化編集

第二次世界大戦中にナチス・ドイツやファシスト・イタリアなどを含む黒海諸国以外の軍艦や民間人の船員の海峡通過をトルコが認めたことをめぐり、ソ連とトルコの間では緊張が高まった。連合国によるナチス・ドイツ打倒後、ソ連は1945年と1946年に海峡問題に復帰し、1946年を通じてアメリカ合衆国とトルコの外交官は問題について頻繁に協議を重ねた。1946年4月6日のアメリカの戦艦ミズーリ号来航は、ソ連をさらに憤慨させた。その戦艦は故トルコ大使の自宅の骨壺を運んでいるという説明の下ににそこへ来ていたが、その主張は同時にソ連によって退けられた[12]

ソ連からトルコへのメッセージ編集

1946年8月7日にソ連はトルコ外務省に対し、トルコの海峡管理はもはや黒海沿岸諸国の安全保障上の利益を代表していないと述べた書簡を提出した。これにより、イタリアとドイツの軍艦が戦闘無しに海峡を通過した件が注目を集めた(ドイツの軍艦のみは、トルコが1945年2月23日にドイツに宣戦布告した際にトルコ軍により拘束された)。その書簡は、トルコの海峡管理はもはや信頼できないと結論づけ、新たな国際会議でのモントルー条約の再検討と改正を要求した[13]

アメリカの立場編集

この問題がポツダム会談で提起された際にアメリカのハリー・S・トルーマン大統領は、海峡問題はトルコとソ連に帰属する内政問題であり、両当事者によって解決されるべきだと述べた[14]。ポツダム会談が進む中で議論が白熱したため、黒海と地中海の間の主要な戦略的通路となり、場合によっては共産主義トルコの原因となりうるその海峡が、ソ連の手に渡ることを望まないとアメリカは固く決意した。ディーン・アチソン国務次官によりパリ駐在の外交官に送られた秘密電報にて、彼はこの問題に関するアメリカの見解を説明した[15]

In our opinion the primary objective of the Soviet Union is to obtain control over Turkey. We believe that if the Soviet Union succeeds in introducing into Turkey armed forces with the ostensible purpose of enforcing the joint control of the Straits, the Soviet Union will use these forces in order to obtain control over Turkey…. In our opinion, therefore, the time has come when we must decide that we shall resist with all means at our disposal any Soviet aggression and in particular, because the case of Turkey would be so clear, any Soviet aggression against Turkey. In carrying this policy our words and acts will only carry conviction to the Soviet Union if they are formulated against the background of an inner conviction and determination on our part that we cannot permit Turkey to become the object of Soviet aggression.
我々の見解では、ソビエト連邦の主目的はトルコに対する支配の獲得にある。もし海峡の共同管理実施という名目上の目的を以てソ連がトルコへの軍隊派遣に成功すれば、ソ連はトルコの支配権を得るためその軍を使うだろうと我々は考える...。我々の見解では、それ故ソ連のトルコへのいかなる攻撃に対しても、特にトルコの場合は明白であろうから、あらゆる手段での抵抗を決意せねばならない時機が来たと考える。この方針を実行する上での我々の言行が、トルコがソ連の侵略対象になることを容認できないという我々の内なる信念と決意を背景にしてまとめられたものであれば、はじめてソ連に確信をもたらすであろう。 — Dean Acheson、Telegram to the Secretary of State at Paris – August 8, 1946

アチソン次官は事態の緊急性を説明するために15人のジャーナリストと会合し、アメリカ政府の見解を伝えた[16]

NATOのトルコ支援と緊張の緩和編集

1946年の夏から秋にかけてソ連は黒海での海軍力を増強し、トルコ沿岸付近でソ連艦による演習を実施した。かなりの数の地上部隊がバルカン半島に派遣された。ソ連からの高まる圧力に屈し、数日中にトルコはアメリカへ支援を求めた。トルーマン大統領は政権閣僚と協議した後、アメリカ海軍の任務部隊をトルコに派遣した[17]。1946年10月9日、アメリカとイギリスの政府はトルコへの支持を再確認した[18]。10月26日にソ連はトルコ海峡の管理についての新たな首脳会談のために特定の要請を撤回し(ただし見解は変えず)、その後間も無くこの地域から脅迫的な軍事力の大半を撤収させた。トルコはソ連の影響力のトルコ・ギリシャへの拡大を阻止するトルーマン・ドクトリンの計画に基づいて中立政策を放棄し、1947年にはアメリカから1億ドルの経済と国防の支援を受け入れた。トルコとギリシャは1952年にNATOに加盟した[19]

継続する議論(1947年から1953年)編集

1946年11月にトルコ政府は駐モスクワ大使にファイク・アクドゥル(Faik Akdur)を任命した。トルコのイスメト・イノニュ大統領はアクドゥルに対し、ソ連との関係を一層発展させることに専念するよう指示した。アクドゥルはまた、海峡に関する交渉が行われた場合、その交渉に携わることを明確に禁じられた[20]

アメリカはダーダネルス海峡とボスポラス海峡の命運を最終的に決めるための国際会議の開催を提案した。アメリカにより特徴づけられた風潮の中で開かれた会議は、セルゲイ・ヴィノグラドフ(Sergei Vinogradov) の意見では、ソ連が確実に投票で負けるため容認出来ないと彼が主張し、当時の駐トルコ大使だった彼から1946年12月10日にソ連政府に送られた覚書の形での返答を裏付けた。彼はソビエト連邦外務省の揺るぎない永遠の目標である体制変革の代わりに、海峡を規制する現在のインフラが、多少の変化はあっても存続するだろうと予測した[21]

海峡危機の最初の1年半の間に駐トルコのソ連大使であったヴィノグラドフは1948年にソビエト連邦共産党政治局によって交代され、彼の後任を務めたアレクサンドル・ラヴリシェフ(Aleksandr Lavrishev)は海峡に関する最後のソ連の重要文書となった一連の指示をソビエト連邦外務省から受けた。

If the Turks want to know our stand on the straits, an answer would be as follows: the Soviet position has been thoroughly stated in the notes dated August 7 and September 24, 1946.
海峡に対する我々の見解をトルコが知りたいのであれば、回答は次のようになるだろう。すなわちソビエト連邦の意見は1946年8月7日付及び9月24日付の文書にて十分に明言されている。 — Soviet Foreign Ministry、Point #4 of the "Instructions for the Ambassador to Turkey" – March 29, 1948[22]

ヨシフ・スターリンの死と国葬の後、ソ連政府内では体制変革の機運が低下し、1953年5月30日にモロトフはボスポラス海峡とダーダネルス海峡をめぐるソ連の主張、ならびにトルコ・アルメニア・グルジア国境でのその他の領土問題の関与を否認した[23]

余波編集

以上の国際的風潮が海峡やトルコの外交的管理を困難にすると判断したソ連は、中東の一角であるトルコを東側陣営に取り込むため、土壇場の取組にて関係修復に乗り出した。しかし、トルコが1952年に西側陣営が連携したNATOに加盟したことでそうした希望は打ち砕かれた[24]。現在でもトルコとソ連の後継国であるロシア連邦との間では改訂されたモントルー条約が結ばれている[25]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Rozakes, Chrestos (1987). Turkish Straits. Dordrecht: Martinus Nijhoff Publishers. p. 43 
  2. ^ Turkish Straits Crisis”. Teaching American History. 2013年5月26日閲覧。
  3. ^ Rozakes, Chrestos (1987). Turkish Straits. Dordrecht: Martinus Nijhoff. p. 7 
  4. ^ Hasanli, Jamil (2011). Stalin and the Turkish Crisis of the Cold War, 1945–1953. Lexington Books. p. 1 
  5. ^ Christos L. Rozakis, Petros N. Stagos, The Turkish Straits, p. 123. Martinus Nijhoff Publishers, 1987. 90-247-3464-9
  6. ^ Christos L. Rozakis, Petros N. Stagos, The Turkish Straits, p. 101. Martinus Nijhoff, 1987. 90-247-3464-9
  7. ^ Montreaux_ENG”. BAŞKENT-SAM. 2013年5月26日閲覧。
  8. ^ Deborah Welch Larson, Origins of Containment: A Psychological Explanation, p. 203. Princeton University Press, 1989. 0-691-02303-4
  9. ^ Christos L. Rozakis, Petros N. Stagos, The Turkish Straits, p. 44. Martinus Nijhoff Publishers, 1987. 90-247-3464-9
  10. ^ (ロシア語) Рецензия на сборник «Армения и советско-турецкие отношения»Archived 2014-03-18 at the Wayback Machine.
  11. ^ Ro'i, Yaacov (1974). From Encroachment to Involvement: A Documentary Study of Soviet Policy in the Middle East, 1945–1973. Transaction Publisher. pp. 106–107 
  12. ^ Mezhdunarodnaia zhizn”. CA&CC Press AB. 2013年5月29日閲覧。
  13. ^ Soviet Plans Related to the Straits and their Failure”. CA&CC Press AB. 2013年5月26日閲覧。
  14. ^ Hasanli, Jamil (2011). Stalin and the Turkish Straits Crisis, 1945–1953. Lexington Books. p. 123 
  15. ^ The Acting Secretary of State to the Secretary of State at Paris”. CA&CC Press AB (1946年8月8日). 2013年5月26日閲覧。
  16. ^ Hasanli, Jamil (2011). Stalin and the Turkish Crisis of the Cold War, 1945–1953. Lexington Books. p. 233 
  17. ^ Russian Pressure: Basis for US Aid in Turkey”. acusd.edu. 2013年5月26日閲覧。
  18. ^ Nota Velikobritanii—MID SSSR”. CA&CC Press AB. 2013年5月26日閲覧。
  19. ^ "Turkey 1." The Columbia Encyclopedia, 2004.
  20. ^ Hasanli, Jamil (2011). Stalin and the Turkish Straits Crisis, 1945–1953. Lexington Books. p. 248 
  21. ^ Hasan, Jamil (2011). Stalin and the Turkish Straits crisis, 1945–1953. Lexington Books. pp. 248–249 
  22. ^ Hasanli, Jamil (2011). Stalin and Turkish Crisis of the Cold War, 1945–1953. Lexington Books. pp. 249–250 
  23. ^ Hasanli, Jamil (2011). Stalin and the Turkish Crisis of the Cold War. Lexington Books. p. 250 
  24. ^ Turkey's Relations with NATO”. Republic of Turkey Ministry of Foreign Affairs. 2013年8月23日閲覧。
  25. ^ "TURKEY." The Encyclopedia of World History. 2001.