トルステン・ブレヒョート

トルステン・ブレヒョート(Torsten Bréchôt (Oehmigen-) 1964年9月11日-) は、旧東ドイツメクレンブルク=フォアポンメルン州シュヴェリーン出身の柔道選手。現役時代は78kg級の選手。身長178cm[1]

獲得メダル
東ドイツの旗 東ドイツ
柔道
オリンピック
1988 ソウル 78kg級
世界柔道選手権
1985 ソウル 78kg級

人物

編集

1985年の世界選手権78kg級では決勝で日蔭暢年と対戦して、有効と効果を先取してリードしていたが、終盤に有効と効果をそれぞれ2つ取られて逆転負けを喫して2位に終わった。1988年ソウルオリンピックでは準決勝で西ドイツのフランク・ウィニケに効果で敗れるが、3位決定戦でフランスパスカル・タイヨに技ありで勝って銅メダルを獲得した[1]。その後、階級を86kg級に上げるが際立った活躍は見られなかった。引退後は理学療法士の資格を得て、ベルリンの柔道クラブでコーチを務めている。

主な戦績

編集

脚注

編集

外部リンク

編集