トレイシー・シュヴァリエ

トレイシー・シュヴァリエ(Tracy Chevalier、1962年 - )は、アメリカ合衆国の小説家である。

エディンバラ・フェスティバルでトレイシー・シュヴァリエの署名図書

経歴編集

ワシントンD.C.生まれ、オベリン大学で学び、1980年代にイギリスへ移住、出版編集者で勤務。数年後にイースト・アングリア大学・大学院で創作を学んだ。

1984年からロンドンに住み、欧米の歴史を題材にした小説作品で知られている。

主な作品編集

原題:The Virgin Blue、オランダの巨匠フェルメールの著名な同名作品が題材、映画化作品がある。
パリ国立中世美術館にある6枚連作のタペストリーが題材
  • 『天使が堕ちるとき』松井光代訳、文芸社、2006年
エドワード朝に移行した、20世紀初頭のロンドンが舞台
ウィリアム・ブレイクを題材にした作品
  • 『林檎の木から、遠くはなれて』野沢佳織訳、柏書房、2017年
1850年代ゴールドラッシュ時代のアメリカが題材

外部リンク編集