メインメニューを開く
ベンフィカの本拠地エスタディオ・ダ・ルス
スポルティングの本拠地、エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデ

トレス・グランデスポルトガル語: Os Três Grandes)は、ポルトガルサッカーにおいて最も成功した3つのマルチスポーツクラブの愛称である。英語でビッグスリーの意。リスボンSLベンフィカポルトFCポルト 、リスボンのスポルティングCPの3クラブはライバル関係にあり、常にタイトルを争っている。ポルトガルリーグ80年の歴史で、これら3クラブがタイトルを逃したのは2度しかなく、大抵リーグの1位から3位はこの3クラブによって占められている。いずれのクラブもプリメイラ・リーガが始まった1934-35シーズンから2部に降格したことはない。これまでのクラブの最低順位はポルトが9位、ベンフィカが6位、スポルティングが7位である。

これら三強以外でリーグタイトルを獲得したことがあるのは、1945-46シーズンのCFベレネンセスと、2000-01シーズンのボアヴィスタFCのみである。近年、SCブラガがこれら三強を脅かす存在となってきており、一部ではブラガを加え四強であるとも見なされている[1][2][3][4][5]

ライバル関係編集

ベンフィカ対ポルト編集

ベンフィカ対スポルティング編集

ポルト対スポルティング編集

統計編集

リーグ順位編集

2010年現在

クラブ 1位 2位 3位
ベンフィカ 34 27 15
ポルト 27 25 12
スポルティング 18 20 26

脚注編集

  1. ^ Rupert Metcalf (2001年5月15日). “Boavista poised to end rule of Portugal's big three”. The Independent. 2011年5月22日閲覧。
  2. ^ Sergio Santos (2011年3月2日). “What next for Portugal's Europa League trio?”. FourFourTwo. 2011年5月22日閲覧。
  3. ^ Jonathan Clegg (2011年4月28日). “How Braga Climbed a Mountain”. Wall Street Journal. 2011年5月23日閲覧。
  4. ^ Jonathan Clegg (2011年5月18日). “True Champions of Europe”. Wall Street Journal. 2011年5月23日閲覧。
  5. ^ John Brewin (2011年5月18日). “Red, Green and Royal Blue”. ESPN. 2011年5月23日閲覧。