メインメニューを開く

トレチノイン英語: Tretinoin)は、ビタミンA誘導体の一種で、レチノイン酸の形態の、二重結合がすべてトランス型をとった、オール・トランス異性体である。オールトランスレチノイン酸 (ATRA)[1]急性前骨髄性白血病の治療薬としての内服薬ベサノイド。トレチノインの外用薬は、日本国外で尋常性ざ瘡(ニキビ)や光老化に承認された医薬品である。

トレチノイン
Retinoic acid.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • AU: X(経口)
  • US: D(経口), C(局所)
法的規制
投与方法 局所、経口
薬物動態データ
血漿タンパク結合 > 95%
半減期 0.5〜2時間
識別
CAS番号
302-79-4
ATCコード D10AD01 (WHO) L01XX14 (WHO)
PubChem CID: 444795
DrugBank APRD00362
ChemSpider 392618
KEGG D00094
化学的データ
化学式 C20H28O2
分子量 300.4412 g/mol
物理的データ
融点 180 °C (356 °F)

外用薬では塗布部位の痒み、紅斑、熱感、皮むけが起こりやすく[2]、第三世代の合成レチノイドであるアダパレンでは受容体への選択性によって、使用中止につながりやすいこの副作用を改良している[3]。日本ではトコフェロールと結合した医薬品成分トレチノイントコフェリル(オルセノン軟膏)は、褥瘡、皮膚潰瘍に適応を持つ。

目次

薬理編集

トレチノインはレチノールの約100倍の薬理作用を持つとされる。

内用薬編集

スイスのロシュ社が1960年代にビタミンAからスクリーニング・合成を行い、内用薬を開発している。その過程の臨床試験において、ラット実験で催奇性が確認されている。

かつて治療薬が不在であった急性前骨髄性白血病(APL)の第一治療薬として ATRA が開発された。商品名ベサノイド(Vesanoid)。国内ではベサノイドが希少疾病用医薬品として1995年に承認され、日本ロシュ(現:中外製薬)が輸入販売を行っている。催奇性をはじめとする警告があるため劇薬指定である。

ベサノイドは抗腫瘍薬としてたいへん高濃度のレチノイン酸で組成され、重篤な副作用として呼吸不全などのレチノイン酸症候群があるため、緊急時に十分処置できる医療施設及び化学療法に精通した医師の下で使用する事となっている。エトレチナート(チガソン)と比べて期間は短いものの、服用前後一定期間の妊娠・性交が禁じられている(日本における献血では現在、悪性腫瘍の既往歴がある者はできない事とされている)。

外用薬編集

もともとニキビの治療薬として米国で処方されていたものであったが、皮膚の光老化に対する治療薬としても承認されている[4]。強力な皮膚のターンオーバー促進作用があり、シワシミを改善するクリームに配合されることもある。

米国でのニキビに対する商品名はレチンA (Retin-A) やスティーバA (Stieva-A)。軟膏ジェルクリームの形態で処方される。市販品の濃度は 0.01%~0.1% 程度であり、症状や体質に合わせて適切な濃度のものが処方される。濃度が高いほど、クリームが黄味がかった色になる。光老化によるシワの軽減では商品名レノバ (RENOVA、0.02%濃度) である。

トレチノインでは副作用のレチノイド反応が起こりやすく、塗布部位の痒み、紅斑、熱感、皮むけであり、こうした反応が起きた場合、刺激の少ない別のレチノイドに変更したり、使用頻度を減らす[2]。こうした皮膚刺激性を小さくするため、最初は週2-3回で開始し保湿剤を併用することもできる[3]。レチノイド反応は、使用から最初の2-4週間に起こりやすく通常は使用を続けるとおさまる[3]。しかし、まれにトレチノイン以外の成分に対するアレルギーが起こることがある[2]。紫外線への感受性の高まりは使用初期に起こりやすく、過剰な日光への暴露を避け日焼け止めの使用が推奨されるが、数か月も経過するとこの反応は正常に戻る[2]。いきなり高濃度のものを塗布すると、体質によっては皮膚への刺激が強すぎ、かえってソバカス等のシミを増やすこともある。

日本では一部の大学病院(東京大学医学部附属病院など)や皮膚科や形成外科で、院内調剤された軟膏の処方を受けることは可能である。比較的簡単に製剤することが可能なため、薬価自体はそれほど高くない。個人輸入もできる。日本で承認された他のレチノイドでは、アダパレン(商品名ディフェリン)が2008年に承認されている。

処方薬としてのトレチノインは1969年から用いられてきており、受容体に結合しレチノイン酸の活性を示すことで、細胞増殖や分化を促す[5]。第三世代の合成レチノイドであるアダパレンでは受容体への選択性によって、使用中止につながりやすい皮膚刺激性の副作用を改良している[3]ヒドロキシピナコロンレチノアートは化粧品に用いられるオールトランスレチノイン酸のエステルであり、皮膚刺激性や物質としての安定性を改良している[1]

またトレチノインは太陽光の下では非常に分解しやすく、紫外線の照射により30分以内に最初の5分の1となったという実験結果があるが、波長420nm(青系)が最も分解を早め、紫外線B (UV-B) の日焼け止めでは光分解を遅らせることはできず、紫外線A (UV-A) の日焼け止めでもほとんど効果はなかった[6]。副作用ではないが、伝統的なレチノイドは光学的な安定性が改良されていないため、紫外線によって分解するため一般に夜に使用するよう指示される[7]。理想的には夕方以降に、身体を洗ってから20分以上経過した完全に乾いた顔(水分によっても分解される)に適用するよう指示を受ける[3]

有効性編集

とりわけ、紫外線による肌の老化である光老化に対する研究が実施されている。1984年には動物研究、1986年には予備研究が行われ多くの研究者の興味をひき、1988年以降に実施されたトレチノインクリームを1-4か月間までの3つのランダム化比較試験 (RCT) は、しわや角質層の改善を見出し、1990年代には6か月間の5つのRCTが、計1200人ほどにて研究を実施し、細かい・荒いシワ、斑点状の色素沈着、たるみなどの改善を示していた[2]。より長期の研究は10か月後のシワの改善の継続を見出しており、また週3回、6か月以上の使用は、細かいシワをより改善し、真皮への影響も変化していた[2]。副作用に、刺激、紅斑、皮膚炎があり、生じた場合、通常は濃度の低いものに変更する。光に過敏となるため過度な太陽光への暴露を避け日焼け止めなどの防止措置が推奨される。外用剤としての使用でも胎児奇形性があるため、妊婦への使用を避け、妊娠を避けるよう注意が必要となる。[2]

24人でのランダム化比較試験でトレチノン外用薬は糖尿病の足の潰瘍の治癒状況を改善した[8]

出典編集

  1. ^ a b Nora Ruth, Thomas Mammone (2018). “Antiaging effects of retinoid hydroxypinacolone retinoate on skin models”. Journal of the American Academy of Dermatology 79 (3): AB44. doi:10.1016/j.jaad.2018.05.215. 
  2. ^ a b c d e f g Mukherjee S, Date A, Patravale V, Korting HC, Roeder A, Weindl G (2006). “Retinoids in the treatment of skin aging: an overview of clinical efficacy and safety”. Clin Interv Aging 1 (4): 327–48. PMC: 2699641. PMID 18046911. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2699641/. 
  3. ^ a b c d e Dee Anna Glaser (2004-8). “Anti-aging products and cosmeceuticals”. Facial plastic surgery clinics of North America 12 (3): 363–372. doi:10.1016/j.fsc.2004.03.004. PMID 15261173. "The greatest obstacle in using topical retinoids is the high incidence of irritation. A retinoid dermatitis can develop, manifesting as redness and flakiness or as an increase in skin sensitivity. ... however, patients often stop the therapy if not prepared for this possible reaction. ... Adapalene gel, a naphthoic acid derivative, is a third generation retinoid approved for the treatment of acne. It is reported to have a much lower irritation potential, no phototoxicity, and fewer problems with sensitization." 
  4. ^ Khalil S, Bardawil T, Stephan C, et al. (December 2017). “Retinoids: a journey from the molecular structures and mechanisms of action to clinical uses in dermatology and adverse effects”. J Dermatolog Treat (8): 684–696. doi:10.1080/09546634.2017.1309349. PMID 28318351. 
  5. ^ Katie Rodan, Kathy Fields, George Majewski, Timothy Falla (2016-12). “Skincare Bootcamp: The Evolving Role of Skincare”. Plastic and reconstructive surgery. Global open 4 (12 Suppl Anatomy and Safety in Cosmetic Medicine: Cosmetic Bootcamp): e1152. doi:10.1097/GOX.0000000000001152. PMC: 5172479. PMID 28018771. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/28018771/. 
  6. ^ M. Brisaert, J. Plaizier-Vercammen (2000-4). “Investigation on the photostability of a tretinoin lotion and stabilization with additives”. International journal of pharmaceutics 199 (1): 49–57. PMID 10794926. 
  7. ^ Liz Ritter (2017年12月19日). “5 Things Everyone Believes About Retinol That Are Wrong”. New Beauty. 2019年6月21日閲覧。
  8. ^ Tom WL, Peng DH, Allaei A, Hsu D, Hata TR (November 2005). “The effect of short-contact topical tretinoin therapy for foot ulcers in patients with diabetes”. Arch Dermatol (11): 1373–7. doi:10.1001/archderm.141.11.1373. PMID 16301384. https://doi.org/10.1001/archderm.141.11.1373. 

関連項目編集